2018/09/23

台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第七回『古代ロボットの秘密』プロデューサーのトークとキャラクター・パフォーマンスに大盛り上がり!

0923event19月22日に台湾文化センターで実施した台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第七回『古代ロボットの秘密』は、超満席の中、プロデューサーによるゲストトークとサプライズの猫叔(ミャオシュー)による人形操演&キャラクター・パフォーマンスに会場は沸きに沸きました。
本作は台湾の伝統的な人形劇「布袋戲」をベースに、新キャラクターとオリジナルストーリーで創り上げた冒険ファンタジー映画で、CGではなく実際に人形を動かしてそれを撮影するという手法は、日本と合作して成功した「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」の原点とも言える作品です。

2015年に3D映画として製作されましたが、今回は機材の関係で2Dでご覧いただきました。
「人形の動きが素晴らしい!」「ストーリーもおもしろくて感動した」など、アンケートでも賞賛の声をいただき、スタッフ一同とてもうれしく思っています。

» 続きを読む

| | コメント (1)

2018/09/20

台湾ドキュメンタリー映画の第一人者楊力州(ヤン・リージョウ)監督の新作『紅盒子』10月に台湾で公開!

0920father1『あの頃、この時(原題:那時此刻)』『被遺忘的時光』『青春啦啦隊』『拔一條河』などの優れたドキュメンタリー映画を撮り続ける楊力州(ヤン・リージョウ)監督の新作『紅盒子』が、10月19日から台湾で公開されることが決まりました。
本作の主人公は88歳の布袋戲の人形操演師陳錫煌(チェン・シーホアン)で、台湾で唯一伝統芸能である布袋戲の操演師と制作技術保存者という二項目で政府から認められた方です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018/09/17

Podcast 『夏、19歳の肖像』張榮吉監督チャン・ロンジー)監督インタビュー in 台北!

0818ronzhe2公開中の中国映画『夏、19歳の肖像(原題:夏天19歳的肖像)』の張榮吉(チャン・ロンジー)監督のインタビューを、Podcast配信しました。
シネマート新宿とシネマート心斎橋は9月21日(金)までですので、聞いてから見るか、見てから聞くか…ぜひ劇場へ!
製作の経緯、キャスティング、原作者の島田荘司さんについて、そして新作についても語っています。

記事はこちら

インタビュー音声はこちら。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2018/09/14

台湾映画『搖滾樂殺人事件』プレミア!

0914rock1今日9月14日から台湾で公開になった映画『搖滾樂殺人事件』のプレミアが13日に行われ、游智煒(ユー・チーウエイ)監督はじめ、キャストの楊大正(ヤン・ダージェン)、林辰唏(リン・チェンシー)、宋柏緯(ツォン・ボーウェイ)、李亦捷(リー・イージエ)、林頤原(リン・イーユエン)、舞陽(ウー・ヤン)、姚愛寗(ヤオ・アイニン)、歐陽倫(オウ・ヤンルン)、澎恰恰(ポン・チャアチャァ)らが参加しました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018/09/10

Podcast 台湾の有名DJ 吳建恆(ケン・ウー)インタビュー!

0908ken5『DJとしてテレビとラジオで番組を持ち、金曲奨の審査員を10回もつとめ、台湾のポップスの現状を最もよく知る一人吳建恆(ケン・ウー)のインタビューを、Podcast配信しました。
台湾音楽の多様性の魅力、新しい音楽やアーチストのリサーチ法、DJとしてテレビとラジオで音楽を紹介する時の差別化、今後の活動の方向性、とっておきのエピソードを語っています。

記事はこちら

インタビュー音声はこちら。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2018/09/08

台湾の有名DJ 吳建恆(ケン・ウー)トークイベント&インタビュー!

0908ken19月8日に台湾の有名DJ 吳建恆(ケン・ウー)が来日し、台湾文化センターでトークイベント「台湾ポップス&台湾における日本ポップスの今~台湾における台湾と日本の音楽交流の現状~」が行われました。
DJとしてテレビとラジオで番組を持ち、金曲奨の審査員を10回もつとめた吳建恆は台湾のポップスの現状を最もよく知る一人だけに、経験に基づく説得力ある内容はとても充実していました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018/09/07

台湾映画『台北暮色(原題:強尼.凱克)』11月に日本公開決定!

0907johnny12017年の台北電影節と金馬奨で計5つの受賞を果たし、東京フィルメックスのコンペにも参加した台湾映画『強尼.凱克』が、『台北暮色』の邦題で11月24日(土)より渋谷ユーロスペースほか全国順次公開が決まりました。
本作は、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)プロデュースにより、教え子である新人黃熙(ホアン・シー)の監督デビュー作です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018/09/06

東京国際映画祭 でW受賞の中国映画『迫り来る嵐』日本公開決定!

0906semarikuru1昨年の東京国際映画祭で主演男優賞、芸術貢献賞をW受賞し、 大きな話題となった中国サスペンス「暴雪将至(原題)」が『迫り来る嵐』の邦題で、2019年 1月5日(土)より、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開が決定しました。
本作で長編デビューを果たした董越(ドン・ユエ)監督は、自身で脚本も担当し、初監督とは思え ないダイナミックな演出で目を惹き、ワールドプレミアで上映された東京国際映画祭で、見事 に段奕宏(ドアン・イーホン)の最優秀男優賞と芸術貢献賞を獲得しました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018/09/03

Podcast 『台北発メトロシリーズ』プロデューサー&監督の葉天倫(イエ・ティエンルン)インタビュー in 台北!

0901ye3『淡水河の奇跡(原題:鮮肉老爸)』を皮切りにシリーズ全7作が日本でDVDリリースされる「台北発メトロシリーズ(原題:台北愛情捷運系列)」のプロデューサーで監督の葉天倫(イエ・ティエンルン)のインタビューを、Podcast配信しました。
製作の経緯、5人の新鋭監督のセレクトのポイント、原案と脚本、次回作についてをを語っています。

記事はこちら

インタビュー音声はこちら。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2018/09/01

『台北発メトロシリーズ』プロデューサー&監督の葉天倫(イエ・ティエンルン)インタビュー in 台北!

0901ye18月2日の『淡水河の奇跡(原題:鮮肉老爸)』を皮切りにシリーズ全7作が日本でDVDリリースされる「台北発メトロシリーズ(原題:台北愛情捷運系列)」のプロデューサーで監督の葉天倫(イエ・ティエンルン)に、台北でインタビューしました。
本シリーズは、台北のMRTの駅を舞台にその土地の歴史や文化を盛り込み、自身と5人の新鋭監督による7つの愛の物語を綴った作品群です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«2018年台湾電視金鐘獎ノミネート発表!