2019/08/25

台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 〜オリジナリティと未来へ向けて 姜秀瓊(チアン・ショウチョン)監督を迎えて短編映画と金馬電影学院(ワークショップ)の現状に高い関心!

0729info 8月24日に行いました台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 〜オリジナリティと未来へ向けて第6回は、昨年の金馬影展のワークショップで製作された『冰箱(冷蔵庫)』『對講機(インターフォン)』と、2008年の舒米恩(スミン)主演『跳格子』の短編3作を上映しました。
そして、ワークショップの指導監督を務めた姜秀瓊(チアン・ショウチョン)監督を迎え、中国語圏の若手クリエイター育成を目的としたワークショップ金馬電影学院について、お話しを伺いました。
今回も満員のお客様で、日本ではなかなか馴染みのない短編映画と若手クリエイター育成のワークショップ「金馬電影學院」について、アンケートでも「貴重な話を聞くことができた」「若手育成に力を注ぐ台湾映画界はすごい」などたいへん興味深く聞いていただけたようです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/08/20

言承旭(ジェリー・イエン)ファンミーティング『 Birthday Party』12月に 開催決定 !

0820jerry 台湾人気俳優言承旭(ジェリー・イエン)のファンミーティング“Jerry Yan Fanmeeting 2019『Birthday Party』”が、12 月 28 日に Zepp Tokyo(東京)、12 月 29 日に Zepp OSAKA Bayside(大阪)の 2 都市で開催されます。
今回は、1 月 1 日に誕生日を迎えるジェリーを「みんなでお祝いしよう!」と いうコンセプトのファンミーティングです。
MC の古家正亨さん、通訳の Samuel 周さんといったお馴染みのメンバーと一緒 にジェリーをお祝いしましょう!

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/08/19

「宇宙人」が上野に到来!9/28〜9「Taiwan Plus 2019 台湾新感覚」で!

0819twplus 台湾最大のコンサートホールである台北アリーナでのワンマンライブを来年2月に控え、今台湾音楽シーンでもっとも勢いのあるバンド「宇宙人(Cosmos People)」が、9月28日(土)、29日(日)、上野恩賜公園にて開催される台湾カルチャーフェスティバル「Taiwan Plus 2019 台湾新感覚」に、出演します。

本フェスティバルは昨年2日間で55,000人を動員、台湾グルメだけではなく、デザイン、音楽、ライフスタイル他、台湾カルチャーの最前線を、直に体感できるのが大きな魅力。
マーケットには50組ものローカルブランドが出店し、音楽ライブは「Taiwan Beats 台式CDショップ」をテーマに、総勢8組のアーティストが出演します。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/08/16

台湾ドラマ『我與惡的距離』が『悪との距離』との邦題で今日8月16日よりU-NEXTで配信開始!

0816aku1 2019年3月より台湾で放送された『我與惡的距離』は、台湾の公共テレビと映画配給及びオンライン映画・ドラマ配信サービスのCATCHPLAY、米ケーブルテレビ放送局HBOの傘下であるHBOアジアによる共同制作ドラマです。
ある無差別殺人事件を軸に、加害者や被害者、メディアなど事件を取り巻く様々な立場の視点から"悪との距離"を描き、台湾で大きな話題となり大ヒットしました。
台湾の放送&配信時にHBOアジアでは日本だけが配信されていませんでしたが、ようやく今日から見られるようになりました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/08/14

2019下半期の台湾映画紹介〜後編

0708tff6 6月〜7月に台北電影節でいち早く上映された作品が、秋から冬にかけて一般公開される予定です。
中でもお薦めが、11月1日からの『傻傻愛你,傻傻愛我』です。
ダウン症の青年の初恋を通して、ハンディのある子供の家族や社会との関わり、愛と勇気を描いたハートウォーミングな映画で、俳優の藍正龍(ラン・ジェンロン)が初監督。脚本はドラマ『ぼくらのメヌエット(原題:妹妹)』などで縁の深い徐譽庭(シュー・ユーティン)です。
主人公の初恋の女性を演じた郭書瑤(グォ・シューヤオ)も難しい役どころを演じきり、主演女優賞にノミネートされました。
こちらの記事で詳細をご覧下さい。
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2019/07/post-3422ef.html

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/08/12

2019下半期の台湾映画紹介〜前編

08129thprecinct1 今年も台湾では下半期の公開映画が多いので、一部をご紹介します。
おそらく金馬奨へのエントリーという側面もあって後半に公開作品が集中するのでしょう。
邱澤(ロイ・チウ)主演作2本、最近ブームのサスペンス系、張作驥(チャン・ツォーチ)監督や鍾孟宏(チョン・モンホン)監督の新作、台北電影節で話題になった作品など内容もバラエティに富んでいて、とても楽しみです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/08/05

Podcast 楊雅喆(ヤン・ヤージャ)監督インタビュー2019 in 台北!

0731yang2 2017年に日本でも翻訳出版された台湾の小説「歩道橋の魔術師(原題:天橋上的魔術師)」( 呉明益 著/天野健太郎 訳/白水社刊 )を台湾でドラマ製作中の、楊雅喆(ヤン・ヤージャ)監督のインタビューをPodcast配信しました。
製作の経緯、あの「中華商場」をどうやって再現するのか、気になるキャストほかをお聞きしています。

記事はこちら

インタビュー音声はこちら

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2019/07/31

楊雅喆(ヤン・ヤージャ)監督インタビュー2019 in 台北!

0731yang1 すでにお伝えしている『天橋上的魔術師(歩道橋の魔術師)』のドラマ製作は着々と進んでおり、7月12日に台北で楊雅喆(ヤン・ヤージャ)監督にそのお話しを伺ってきました。
本作は2017年に日本でも翻訳出版された台湾の小説「歩道橋の魔術師(原題:天橋上的魔術師)」( 呉明益 著/天野健太郎 訳/白水社刊 )を台湾の公共電視が権利を獲得し、製作費1.5億台湾ドルをかけて10話のテレビシリーズとして製作されます。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/07/29

2019台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜オリジナリティと未来へ向けて」第6回は日本初上映の短編映画『冷蔵庫(原題:冰箱)』『インターフォン(原題:對講機)』+特別上映『跳格子』! 来日ゲスト姜秀瓊(チアン・ショウチョン)監督のスペシャルトーク! 申し込みは8月5日(月)昼12:00より

0729info 2000年以降の台湾映画の新しい流れがどのように台湾映画の"いま"に繋がってきたのか、そして"いま"何が起きているのかをお届けする台湾文化センターとアジアンパラダイス共催のイベントシリーズ、2019年の第6回は、8月24日14時から、若手クリエイターの短編『冷蔵庫(原題:冰箱)』と『インターフォン(原題:對講機)』です。
これは、昨年の金馬影展のワークショップで製作された2作で、上映後には指導した姜秀瓊(チアン・ショウチョン)監督を招いて作品解説と製作過程、若手クリエイターたちの育成と成果について、また『牯嶺街少年殺人事件』で主役張震(チャン・チェン)の姉役で出演したことからスタートした映画制作者としてのキャリアなどをお話しいただきます。
また、姜秀瓊監督が数々の受賞を果たしたスミン主演の短編『跳格子』も特別上映します。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/07/27

台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま"〜オリジナリティと未来へ向けて日本で初上映の『2003年ぼくの旅(原題:花甲大人轉男孩)』笑って泣いた超満員の観客! 盧廣仲(クラウド・ルー)のショートインタビュー映像も!

0727event1 「台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま"〜オリジナリティと未来へ向けて」第五回は、、2018年の旧正月映画で、瞿友寧(チュウ・ヨウニン)監督、盧廣仲(クラウド・ルー)主演の『2003年ぼくの旅(原題:花甲大人轉男孩)』をご覧いただきました。
2017年に大ヒットしたドラマ『お花畑から来た少年(原題:花甲男孩轉大人)』を、同じスタッフ・キャストで映画化して2018年の旧正月に公開した人情コメディで、興行収入も1億元を超えました。
本作は、ドラマのヒットを受けて製作された続編の為、ドラマを見た人に向けての作りになっています。ですので、日本での映画祭上映や一般公開には適していません。
他で見られない映画だからこそ台湾の伝統や文化、習慣、国民性を知ってもらおうと思いこのイベントで上映しましたが、貴重な機会ということもあり観客の皆さんにはたいへん満足していただけました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«楊力州(ヤン・リージョウ)監督のドキュメンタリー映画『紅盒子』が『台湾、街かどの人形劇』の邦題で11月日本公開決定!