2017/06/25

第28屆流行音樂金曲獎、草東沒有派對(No Party For Cao Dong)が新人賞、年度歌曲獎 (楽曲賞)、 最佳樂團獎 (バンド賞)の三冠を獲得!

0624gma第28屆流行音樂金曲獎の流行音楽部門の発表受賞式が6月24日に台北アリーナで行われ、最佳國語男歌手獎(北京語男性シンガー賞)は香港の方大同(カリル・フォン)、最佳國語女歌手獎(北京語女性シンガー賞)に艾怡良(イブ・アイ)、そして草東沒有派對(No Party For Cao Dong)が新人賞、年度歌曲獎 (楽曲賞)、 最佳樂團獎 (バンド賞)の三冠を獲得しました。
年度專輯獎(アルバム賞)という全てのノミネートされているアルバムの中から選ばれるという新しい賞が最後に発表され、原住民音楽の「桑布伊創作專輯 - 椏幹」が受賞しました。
期待されていた五月天(Mayday)は最佳國語專輯獎 (北京語アルバム賞)と、阿信(アシン)が「成名在望」で作詞家賞を獲得しました。
(取り急ぎ受賞結果をお伝えします。)

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017/06/21

台湾映画の新しい潮流を感じよう!〜上映会&トークショー〜第6回は8月5日に『天龍一座がゆく(原題:龍飛鳳舞)』!

0621event1台湾文化センターで開催中の「台湾映画の新しい潮流を感じよう!」上映会&トークショーは、今年も年間を通して新しい台湾映画の潮流と現在を作品から感じ取っていただき、その背景や台湾映画界の最新情報を織り交ぜながらのトークで台湾映画の魅力をお伝えします。

第6回は、台湾の伝統芸能「歌仔戲(グアヒ)」の一座を描いたハートフル・コメディ『天龍一座がゆく(原題:龍飛鳳舞)』です。
トークは作品解説と台北電影節レポート。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017/06/19

Podcast 台湾のドキュメンタリー映画『擬音』王婉柔(ワン・ワンロー)監督インタビューパート2

0525wang5台湾映画の音響効果の第一人者である胡定一(フー・ディンイー)を記録した映画『擬音』の王婉柔(ワン・ワンロー)監督のインタビュー音声パート2(全3回)をPodcast配信しました。
今週は、映画の構成と取材についてなど。

記事はこちら

インタビュー音声はこちら。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2017/06/17

『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』ヤン・ヨンヒ監督トークイベント!

0617madam1映画『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』は現在シアター・イメージフォーラムで公開中ですが、17日に『かぞくのくに』のヤン・ヨンヒ監督によるトークイベントが行われました。
ヤン・ヨンヒ監督は『Dear Pyongyang ディア・ピョンヤン』『愛しきソナ』というドキュメンタリー作品も撮っており、家族の物語を描き続けているヤン監督ならではの深い考察にあふれたトークとなりました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017/06/15

台湾の夏休み映画紹介第二弾!青春映画『痴情男子漢』

0615love1すでにお伝えしている九把刀(ギデンズ)原作・監督の『報告老師!怪怪怪怪物!』に続き、8月18日に台湾で公開になるのが青春映画『痴情男子漢』です。
これは、『命運化妝師(映画祭上映タイトル:運命の死化粧師)』『甜蜜殺機(映画祭上映タイトル:甘い殺意)』の連奕琦(リエン・イーチー)監督の第三作で、主演はいま一番注目されている新星蔡凡熙(ケント・ツァイ)。
蔡凡熙は、今年の大ヒットドラマ『通靈少女』でブレイクし、『報告老師!怪怪怪怪物!』でもメインキャストとして出演、本作では堂々の主役です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017/06/14

台湾の期待の夏休み映画『報告老師!怪怪怪怪物!』正式予告編発表記者会見!

0614monster1九把刀(ギデンズ)原作・監督の最新映画『報告老師!怪怪怪怪物!』の正式予告編発表記者会見が今日行われ、監督とキャストの蔡凡熙(ケント・ツァイ)、劉奕兒(ユージェニー・リウ)、鄧育凱(デン・ユーカイ)、陳珮騏(チェン・ペイチー)、そしてゲスト出演している布魯斯(ブルース)が登壇しました。
本作は構想8年、1億台湾元をかけ"青春ホラー大作"と銘打たれた期待の夏休み映画です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017/06/12

Podcast 台湾のドキュメンタリー映画『擬音』王婉柔(ワン・ワンロー)監督インタビューパート1

0525wang2台湾映画の音響効果の第一人者である胡定一(フー・ディンイー)を記録した映画『擬音』の王婉柔(ワン・ワンロー)監督のインタビュー音声パート1(全3回)をPodcast配信しました。
今週は、制作のきっかけや観客の反応についてなど。

記事はこちら

インタビュー音声はこちら。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

台湾ドラマ「CSIC TAIPEI科学捜査班」試写会イベント7月25日に開催!

0612csic科学捜査班の活躍を描いたアクションテレビドラマ「CSIC TAIPEI科学捜査班(原題:CSIC 鑑識英雄)」のDVDリリースを記念して、7月25日に台湾文化センターで第一話の試写会とトークイベントを行います。
以下の要領で、先着100名の方をご招待します!

日時:7月25日(火)18時30分開場 19時開演
   19時00分〜19時50分 「CSIC TAIPEI科学捜査班」第一話上映
   20時00分〜20時50分 トークショー(作品解説と台湾のドラマ事情)
会場:台北駐日経済文化代表処台湾文化センター
   東京都港区虎ノ門1-1-12虎ノ門ビル2階
   東京メトロ 銀座線「虎ノ門駅」9 番出口 徒歩 約 1 分
   東京メトロ 丸ノ内線 日比谷線 千代田線「霞ヶ関駅」C2 出口 徒歩 約 3 分
   都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A4 出口 徒歩 約 7 分
   JR「新橋駅」日比谷口 徒歩 約 12 分
スピーカー:江口洋子(台湾映画コーディネーター)
入場:無料(事前申し込み、先着100名)
        17時30分〜 申し込みを受け付けた方に整理券配布
         ※抽選箱からお一人ずつ引いていただきます。
          ビル管理上、18時30分前に並ぶことはご遠慮下さい。
         18時30分〜 受付・整理券番号順に入場
         19時00分〜19時50分 ドラマ上映
         20時00分〜21時00分 トークショー
申し込み:6月26日(月)午前10時より
     台湾文化センターのホームページよりお申し込み下さい。
     ホームページURL:http://jp.taiwan.culture.tw
     ※お一人様1通でご応募下さい。
主催:台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター/ディメンション/アジアンパラダイス

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017/06/11

台湾映画の新しい潮流を感じよう!今回も満席!『GF*BF』楊雅喆(ヤン・ヤーチェ)監督のムービーメッセージも&齊柏林(チー・ポーリン)監督追悼

0611gfbf16月11日に台湾文化センターで行いました「台湾映画の新しい潮流を感じよう〜上映&トーク」、おかげさまで今回の『GF*BF』も満席で無事終了いたしました。
『GF*BF』は、2012年の台北電影節でオープニングフィルムとして上映され、夏に一般公開、日本では2014年に公開されました。
1980年代から27年にわたる男女3人のラブストーリーで、急激な変化をとげる社会背景の中、友情、愛情、親子の愛を描いた素晴らしい作品です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017/06/09

『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』ユン・ジェホ監督来日トークイベント!

0609madam12016年カンヌ国際映画祭ACID部門正式出品、2016年モスクワ国際映画祭、チューリッヒ国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー映画賞を受賞他、各国の映画祭で絶賛されたドキュメンタリー『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』が、いよいよ6月10日(土)よりシアター・イメージフォーラムにて全国順次公開されます。
この公開を記念して6月6日(火)にユン・ジェホ監督が来日、渋谷・ユーロライブにてトークイベントが行われました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«Podcast 公開中の映画『ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど』の主役、簡嫚書(ジエン・マンシュー)インタビュー