2018/06/23

台湾青春映画の傑作『藍色夏恋』待望の初Blu-ray化!8月31日にリリース決定!

0623aiirobd台湾の青春映画のレジェンド『藍色夏恋』(原題:藍色大門)』のデジタルリマスター版は、今年4月末から新宿K's cinemaで催された企画上映“台湾巨匠傑作選2018”で目玉作品の1つとして上映され、休日の上映回のみならず平日昼間の回でも満席を記録し、参加作品のうち唯一アンコール上映が決定する根強い人気作品です。
夏休みの終わりにふさわしい本作が、日本初公開から15年、デジタルリマスタリングとレストアを経て、8月31日(金)に待望のBlu-ray発売となります。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018/06/22

古天樂(ルイス・クー)主演の香港映画『殺破狼:貪狼(邦題:SPL 狼たちの処刑台)』9月に日本公開決定!

0622spl作品香港で大ヒットし、今年の金像奨で9部門にノミネートされ、主演男優賞、アクション設計賞、音響効果賞の3部門に輝いた『殺破狼:貪狼』が、『SPL 狼たちの処刑台』の邦題で9月1日よりシネマート新宿・シネマート心斎橋ほか全国ロードショーされることになりました。
監督は『イップ・マン(原題:葉問)』シリーズ前作を手がけた、アクション映画でも定評のある葉偉信(ウィルソン・イップ)です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018/06/19

劉徳華(アンディ・ラウ)主演の香港映画『SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班』8月に日本公開!

0619shockwave12017年4月に中国ほかアジア各国で公開され、中国では4億元(日本円で60億円)をあげる大ヒットを記録した『拆彈專家』が、8月18日(土)よりシネマート新宿ほかにて『SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班』の邦題で公開されることになりました。
中華圏が誇る大スターとして、またプロデューサーとしても活躍している劉徳華(アンディ・ラウ)が、本作でも主演&プロデュースしています。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018/06/14

台湾映画『報告老師!怪怪怪怪物!』が10月のシッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2018(東京、名古屋ほか)で上映!

0614monster1昨年の東京国際映画祭で上映された九把刀(ギデンズ)監督の台湾映画、『怪怪怪怪物!(かいかいかいかいぶつ!)原題:報告老師!怪怪怪怪物!』が、10月に行われるシッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2018で上映されることになりました。
本映画祭は、スペイン・バルセロナ近郊の海辺のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催されているシッチェス映画祭で上映された作品の中から厳選した作品を日本で上映する、シッチェス映画祭公認の映画祭です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018/06/13

島田荘司原作の中国映画『夏、19歳の肖像』日本公開決定!

0613xiatian1新本格推理小説の巨匠島田荘司の『夏、19歳の肖像』が、中国で映画化され昨年公開されましたが、いよいよ日本でも8月25日(土)からシネマート新宿ほか全国順次公開となります。
本作の監督は『光にふれる』『共犯』などの張榮吉(チャン・ロンジー)、主演は韓国で人気の男性ユニットEXOの元メンバーTAOこと黄子韬(ホアン・ズータオ)です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018/06/11

台北電影節20週年特展で『海角七號』の魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督とキャストが勢揃い!

0611tff1今年20周年を迎える台北電影節はこれを記念して特別展示会を実施、8日に剝皮寮の史跡で開幕記者会見が行われました。
この会見に2008年に台北電影奨の百万元大賞を獲得した『海角七號(邦題:海角七号 君想う国境の南 )』の魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督と、キャストの范逸臣(ファン・イーチェン)、田中千繪、馬如龍(マー・ルーロン)、沛小嵐(ペイ・シャオラン)、馬念先(マー・ニエンシェン)が参加して、無料上映会も行われました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018/06/04

第13回大阪アジアン映画祭で上映された香港映画『青春の名のもとに』の譚惠貞(タム・ワイジェン)監督インタビュー!

0410tan4第13回大阪アジアン映画祭で上映された香港映画『青春の名のもとに』の譚惠貞(タム・ワイジェン)監督インタビューをPodcast配信しました。
製作の経緯、プロデュースも買って出てくれた劉嘉玲(カリーナ・ラウ)の出演、そして映画体験の原点についてほか語っています。

記事はこちら

インタビュー音声はこちら。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2018/06/03

盧廣仲(クラウド・ルー)春季ツアー台湾の締めくくり高雄ライブ!

0603cloud1チケットが秒殺だった盧廣仲(クラウド・ルー)春季ツアーは、シガポール、香港、台北、台中と続き、6月2日の高雄ライブが台湾での締めくくりとなりました。
高雄ではジャズをテーマにジャズ風のアレンジによる「早安晨之美」で始まり、ミュージシャンたちの即興演奏にステージ上も客席もノリノリだったそうです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018/06/02

台湾映画『引爆點』予告編第一弾公開!

0602yingbao1今年の台北電影節のクロージング作品となっている『引爆點』の予告編第一弾が公開されました。
この社会派ミステリー映画はとても気になっていて、これまでにも何度かお伝えしてきましたが、予告編第一弾で見せる“青く光る腎臓”がさらに興味を沸き立たせます。
主演の吳慷仁(ウー・カンレン)は「この物語はすべてこの“青く光る腎臓”から始まる。いったいなぜ腎臓が発光するのか…」とFBでつぶやき、多くの期待が寄せられているそうです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018/05/28

『淡水河の奇跡』を含む「台北メトロシリーズ(原題:台北愛情捷運系列)」の全作邦題が決定!

0528metro5月26日に台湾文化センターで上映した『淡水河の奇跡(原題:鮮肉老爸)』は、お陰様でたいへんご好評をいただきました。
この「台北メトロシリーズ(原題:台北愛情捷運系列)」7作の邦題が決まりましたので、簡単な内容と共にお知らせします。

繰り返しにはなりますが、このシリーズは『雞排英雄(ナイト・マーケット・ヒーロー)』『大稻埕(ピース、時空を超える愛)』などのヒットメーカーの葉天倫(イエ・ティエンルン)監督がプロデュースした、台北のMRTの駅を舞台にその土地の歴史や文化を盛り込み、ご自身と5人の新鋭監督による7つの愛の物語を綴った作品群です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«Podcast 第13回大阪アジアン映画祭で上映された香港映画『どこか霧の向こう』の主役 梁雍婷(レイチェル・リョン)インタビュー!