2017/01/20

『百日告別』林書宇(トム・リン)監督&張書豪(チャン・シューハオ)のムービーメッセージ解禁!

0120bairi2月25日から公開の台湾映画『百日告別』の林書宇(トム・リン)監督と張書豪(チャン・シューハオ)のムービーメッセージが解禁になりました。
自身の経験をもとにした喪失と再生の物語だけに、監督の言葉にはとても重みがあります。
そして張書豪にとってもこの映画は特別な作品になったということで、役への取り組み方なども語っています。
ぜひご覧になって下さい。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017/01/13

台湾映画『52Hz, I love you』記者会見 in 台北

011352hz1台湾の旧正月映画の大本命ともいえる魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督の『52Hz, I love you』の記者会見が、12日に台北で行われました。
この日はメインキャストの小玉(シャオユー)、荘鵑瑛(ジョン・ジェンイン)、スミン、陳美恵(チェン・メイホイ)、林慶台(リン・チンタイ)に加え、張榕容(チャン・ロンロン)が初めてお目見えしました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017/01/11

2月25日公開の台湾映画『百日告別』ニュービジュアル発表!永瀬正敏氏からのコメントも!

0111bairi1林書宇(トム・リン)監督の感動作『百日告別』の日本公開が迫って来ましたが、本日ニュービジュアルが発表されました。
これは、本作の主役であり武道館ライブまであと半月となったアジアのスーパーバンドMay DayのギタリストSTONE=石錦航(シー・チンハン)をフィーチャーしたバージョンで、美しく味わい深いビジュアルになっています。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017/01/08

『人魚姫』羅志祥(ショウ・ルオ)のタコ男暗殺失敗シーン映像解禁!

0108mermaid1月7日よりシネマート新宿ほかで公開になった周星馳(チャウ・シンチー)監督の『人魚姫(原題:美人魚)』は、立ち見も出るほどの人気となっています。
特に好評なのが、羅志祥(ショウ・ルオ)のタコ男。
最近中国映画での活躍が多い羅志祥ですが、このタコ男は絶品!もともとの笑いのセンスに加えて切なさも見事に表現しています。
今回、このタコ男の暗殺失敗シーンの映像が解禁になりました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017/01/05

台湾の旧正月映画『大釣哥』で藍正龍(ラン・ジェンロン)がおかっぱ頭に!

0105hankypanky1今年の台湾の旧正月は、すでにお伝えした魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督の音楽映画『52Hz, I love you』、陳玉勳(チェン・ユーシュン)監督のコメディ『健忘村』ともう1本、豬哥亮(ジュー・ガーリャン)主演のコメディ『大釣哥』が公開されます。
豬哥亮の映画は、日本で例えると寅さんと釣りバカとトラック野郎をあわせたような定番のコメディで、毎年必ず1億超えの大ヒットを記録しています。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017/01/02

Podcast 張書豪(チャン・シューハオ)インタビュー in 台北2016冬 パート1

1225shuhao22月25日から渋谷ユーロスペースほか順次公開の台湾映画『百日告別』に出演している張書豪(チャン・シューハオ)のインタビュー音声 パート1をPodcast配信しました。
『百日告別』での役作りについて、そして放送が始まったばかりのドラマ『植劇場ー天黑請閉眼』についてなど聞いています。

記事はこちら


インタビュー音声はこちら。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2017/01/01

2017年公開予定の香港・台湾・中国映画

0101bairi新年明けましておめでとうございます!
年明け1月7日から、周星馳(チャウ・シンチー)監督の『人魚姫』はじめ杜琪峰(ジョニー・トー)監督の『ホワイト・バレット』など5本が日本公開されます。
2月は25日から林書宇(トム・リン)監督の『百日告別』、3月は25年ぶりにデジタルリマスターで蘇る『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』、4月は張藝謀(チャン・イーモウ)監督の『グレートウォール(長城)』が控えています。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016/12/31

2016年の台湾映画を振り返る

1231tw12016年の台湾映画は大きなトピックがなく、残念ながら沈滞した年でした。
旧正月にお馴染みのコメディ映画が3本公開されましたが、邱瓈寬(チウ・リークァン)監督で豬哥亮(ジュー・ガーリャン)主演のコメディ『大尾鱸鰻2』が1.7億台湾元(約6億1400万円)で年度一位の興行収入をあげ、台湾で唯一客を呼べる俳優の面目躍如といったところです。
ほかの2本はベテランの胡瓜(フーグア)と白冰冰(パイ・ビンビン)主演で吳震亞(ウー・チェンヤ)監督の『人生按個讚』と馮凱(フォン・カイ)監督が任容萱(キミ・レン)と王柏傑(ワン・ボージエ)の若手2人を投入した『神廚」でしたが、結果は出せませんでした。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016/12/30

2016年の香港映画を振り返る

1230hk12016年の香港映画界は、大きなニュースが2つありました。
ひとつは、陸劍青(サニー・ルク)と梁樂民(リョン・ロクマン)監督のヒット作の続編『寒戰II』が6700万香港ドル(約10億円)近い興行成績を上げ、5年ぶりに歴代香港映画の首位を奪回したことです。2011年に台湾映画『那些年,我們一起追的女孩(邦題:あの頃、君を追いかけた)』がトップになり、なかなかこの記録を打ち破る作品が出て来ませんでしたが、香港映画らしい警察アクションでの首位奪回はファンも大喜びでした。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016/12/29

2016年の中国映画を振り返る

1025mermaid2016年の中国映画は、市場規模はアメリカに次ぐ世界2位は変わらず、政府の後押しもあって国産映画が7割増という状況。中でも周星馳(チャウ・シンチー)監督の『美人魚』の驚異的ヒットが一番のニュースでした。33億9000万元(約573億円)という興行収入は史上最高の記録です。
人気の鄧超(ダン・チャオ)と新人女優林允(リン・ユン)を中心に繰り広げるハチャメチャコメディ&ラブストーリーに社会問題へのメッセージもこめられた大エンターテインメント。タコを演じる羅志祥(ショウ・ルオ)も大活躍で、日本では『人魚姫』という邦題で、1月7日から公開になります。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«『葉問3』が『イップ・マン 継承』の邦題で4月22日から新宿武蔵野館他全国順次公開!