食パンブーム真っ盛り

0512bread1 今日の新聞に「高級食パン専門店、ナゴヤの陣」という見出しの記事があった。「銀座に志かわ」が昨年の関西出店に加え、初めて愛知県に進出するのだという。
敷島製パン、フジパンという2大メーカーのある名古屋で勝負するのだと、社長は意気軒昂らしい。食パンブームはますます熱気が高まって来ているようだ。
かく言う私もパン好きなので、評判の店に並んで買ったり併設のカフェで食べたりすることがけっこうある。

» Continue reading

|

臭豆腐が好きだぁぁぁぁぁ!〜後編

0224tofu1もっとおいしい臭豆腐はないのか?
いや、絶対にあるに違いない。
求道者となった私は、ネットの記事や人の噂はもちろん、通りすがりに臭豆腐の店があれば必ず入り、どこからか臭ってきたらその源を辿って探し続けていた。
しかしその多くは揚げたものであり、一番好きな煮た臭豆腐はどこに…。
そうしてついに見つけたのが、行天宮に近い松江市場の屋台。
いくつかあるメニューの中で選んだ「臭豆腐+青菜+麺」が大当たり!

» Continue reading

|

臭豆腐が好きだぁぁぁぁぁ!〜前編

0121tofu1台湾にはおいしいグルメが山ほどあるけれど、私が一番好きなのは臭豆腐だ。
えええ〜っ!と眉をひそめ「あんな臭いものをなんで?」と思われる方が多いと思うが、大好きなのだからしかたない。
臭豆腐は豆腐を植物性の発酵液に漬けたものなので、独特の臭いがする。
したがって、この臭いに日本人だけではなく外国人の多くが口にもしたくない、もしくはトライしてもやっぱりダメという人がほとんどだろう。
臭豆腐は揚げたのと煮たのが主で、揚げた方は食べられるけど煮たのは無理、という人も多いが、私が特に好きなのはこの煮た方だ。

» Continue reading

|

路線バスが好き!〜その1

1221bus1台北での移動手段は捷運(MRT)が便利だが、バスもかなり“使える移動手段”だ。ビギナー旅行者にとってはハードルが高い乗り物だろうけど、慣れてしまえばとても便利。
私も台北に住む前はあまりバスを利用していなかったので、部屋探しも捷運の駅近くということで決めたものの、駅より更にバス停が近かった為バス利用の方が多かった。

» Continue reading

|

台北さくっとご飯

1208food1台湾と言えばグルメ、ということで私の友人達もFBに上げる“おいしそうなもの”を見て色々言うけれど、いつもこんなものばかり食べているわけではない。
特に7月の台北電影節や11月の金馬影展という映画祭の時は、滞在は長いけど映画と映画の合間になんとか空腹を満たさなければならないことがよくある。
なので、毎日寝る前に明日の予定を確認して、どのタイミングでご飯を食べるか、何を食べるかを決めておくのだ。
特に1日に3〜4本見る時は、ちゃんとこれをしておかないと、貴重な時間を無駄にして結局ろくなものが食べられないので。

さくっと食べられるご飯なんか、普通に旅行に行く方々にはあまり興味ないとは思うのだけど、イザという時(どんな時だ?)ちょこっと覚えておくと便利なことがあるかも知れないですよ。
ちなみに、今回の18泊19日の中でのさくっとご飯の一部はこんな感じ。

» Continue reading

|

台北ですてきなカフェとサロンに連れて行ってもらった

1125mimi1毎年恒例の「台北金馬影展」という映画祭と、中華圏で最も歴史と権威のあるアワード「金馬奨」取材のため、11月は台北に長期滞在している。
と言っても、明日帰国なのだ。
いる間に色々アップできたらと思っていたのだけど、何せ仕事メインなのでなかなか時間がとれず今回最後の晩にせめてひとつは記事を…。

台北に来る度に必ず会う友達がいて、そのひとりとはだいたい彼女の仕事場の近くである民生社區のカフェが多いのだけど、今回はなんと東門で会うことになった。
なんでも、友達が店を始めたのでそこでランチを。
目立つ看板は出ていないので住所を頼りに。台湾は住所表記がきちんとしているので、住所さえ解ればちゃんと行き着くのだ。むしろ駅とか有名ホテル以外だと、住所がわからなければお手上げ。
目指す店は、「今天懶洋洋」というアンティークとすてきな雑貨に囲まれた隠れ家カフェ。
カフェと言ってもテーブルは2つだけで、ランチメニューも二種類。この日はグリーンカレーと豚汁だという。

» Continue reading

|

高雄で緑豆椪を作ってみたのだが…

0928liudou1台湾のお菓子といえば、パイナップルケーキが一番有名なのかな。
微熱山丘(サニーヒルズ)とか佳德とか観光客で激混みだし、中秋節の前なんか長蛇の列というのは風物詩でもある。
でも、ほかにも色々あって、私は緑豆糕というしっとりめの落雁がけっこう好きだ。空港ほか土産物店に必ずあるけど、味と食感はピンキリで選択が難しい。なので、間違いなく上質のお菓子が出てくる茶藝館でこれだ!と思ったら、「これはどこで買える?」と聞いたりする。
で、今回は緑豆糕ではなく緑豆椪の手作り体験のお話し。

» Continue reading

|

台湾で暮らしたい!〜うん、部屋はここにしよう

0830daan前回からかなり間が空いてしまったけれど、部屋決定編を。
デキる日系不動産女子のポイントチェックに重視し、最終的に決めたのはMRT大安駅から徒歩5分という好立地のマンションの6階だ。
わがまま条件のバスタブ、シャワートイレ、ベランダ、キッチン付きをクリア。ちなみに、この4つを満たしているのはここしかなかったけどね。
24時間管理人がいてセキュリティはバッチリ、ゴミはいつでも捨てられる。家具・家電もOK。プールとジムもある。
大きな決め手は語学学校に徒歩4分というところだ。これならば、雨だから、とか疲れたから、という自分に対しての言い訳がきかないので。
(写真は私が借りた部屋からの眺め)

» Continue reading

|

本を売る〜その2

0816book1子供が社会人になりそれぞれ独立して家を出て行った時、ようやく自分の書斎ができて、それまで2部屋に分散させていた映画関連本とキネマ旬報のバックナンバーを自分の部屋に移動した。
床から天井までの壁二面、スライド式書架の間に寝ていたのだが、地震が来たら本の下敷きになることは必須という危機感満載の日々だったけど、本に囲まれて過ごす幸福感と言ったら、それはもう…。

» Continue reading

|

本を売る〜その1

0810book本を売ったことが3回ある。
正確には売らなければならなくなった、ということ。

最初は上の子が小学校に入るとき、机を置くスペースを作る為にコミックスを売った。
色々な蔵書のうちなぜコミックスからかというと、ちょうどスペースがピッタリで、他の本を動かさなくて良いからだった。
なんとも横着なセレクトではある。
どれを売るか、何を残すか考えるとらちが明かないので、ええいっ!と全部手放すことにした。
ほとんどが少女漫画だ。
萩尾望都、大島弓子、竹宮恵子、山岸凉子、倉多江美、樹村みのり、吉田秋生…大好きな作品たち、みんなサヨナラ。

» Continue reading

|

«高雄の図書館がヤバい!