2019/12/08

林柏宏(リン・ボーホン)インタビュー2019『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁(原題:冰峰暴)』

1208bohong1 先月の東京国際映画祭でワールド・プレミア上映され、11月15日より公開になった日中合作映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁(原題:冰峰暴)』のメインキャストをつとめた林柏宏(リン・ボーホン)のインタビューをお届けします。
本作は『フェイス/オフ』『M:I‐2』『レッドクリフ』シリーズなど世界的大ヒット作を多く手掛ける名プロデューサー張家振(テレンス・チャン)指揮のもと余非(ユー・フェイ)監督がメガホンをとり、役所広司、張静初(チャン・ジンチュー)、林柏宏(リン・ボーホン)によるアドベンチャー・アクション映画です。
エベレストの山頂に墜落した飛行機の機密文書をめぐり、救助隊とテロリストが死闘を繰り広げる中、ヘリコプターのパイロット役を演じた林柏宏、どんな気持ちで臨んだのか、役所広司との共演についてなど、色々語ってくれました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/12/06

台湾映画『人面魚 紅衣小女孩外傳』が『人面魚 THE DEVIL FISH』の邦題で1月に「未体験ゾーンの映画たち2020」で公開!

1206devil1 台湾でメガヒットとなったホラー映画『紅衣小女孩』の第三弾『人面魚 紅衣小女孩外傳』が、1月3日から開催される「未体験ゾーンの映画たち2020」で『人面魚 THE DEVIL FISH』の邦題により公開されることになりました。
2015年に台湾で公開された『紅衣小女孩』は台湾に伝承する“赤い服を着た少女”の怖い話をモチーフに作られ、興行収入8,500万台湾元(約3億縁)のヒットを記録し、この年の5位という成績を収め増した。
さらに2017年の続編『紅衣小女孩2』は、1億台湾元超えのトップヒットとなりました。
そして2018年に『人面魚 紅衣小女孩外傳』が製作され、この年の第4位という好成績。
監督は前2作の程偉豪(チェン・ウェイハオ)から莊絢維(デビッド・ジュアン)にバトンタッチし、パート2からさらに時間を遡り虎爺(フーイエ)という山神の使いが魚の悪霊に取り憑かれた主人公を救う話になっています。

» 続きを読む

| | コメント (1)

2019/12/03

台湾ドラマ『あすなろ白書~Brave to Love~』2020年1月よりCSホームドラマチャンネルで日本初放送!

1203asunaro1 「あすなろ白書」は、柴門ふみ原作の大ヒットマンガをドラマ化したもので、日本でも1993年に木村拓哉などが出演し空前の大ヒット、その後台湾でも2002年にドラマ化し、多くのスターを輩出する話題作となりました。
今回、17年ぶりに現代の台湾で再ドラマ化となった本作は、李芸嬋(ロビン・リー)と今年話題の名作ドラマ『悪との距離(原題:我們與惡的距離)』の林君陽(リン・ジュンヤン)が共同監督し、張庭瑚(チャン・ティエンフー)、王淨(ワン・ジン)、宋柏緯(エディソン・ソン)ら、いま台湾で注目の若手がメインキャストをつとめ、大人になりきれない男女の珠玉のラブストーリーに仕上がっています。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/11/30

台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 〜オリジナリティと未来へ向けて『血観音(原題:血觀音』超満員!

1021dm 11月30日に行いました台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 〜オリジナリティと未来へ向けて第8回は、楊雅喆(ヤン・ヤージャ)監督の三代の女系家族を中心に、政治とビジネスを取り巻く複雑な人間関係と愛憎を描いた『血観音(原題:血觀音』。
昨年大阪アジアン映画祭で上映されましたが、いまだ配給がつかず劇場未公開のため待ち望んでいた方も多かったようで、超満員のお客様で今年の最後を締めくくりました。
アンケートでは、複雑な人間関係でわかりにくかったけれど、作品のおもしろさにグイグイ引きこまれたという感想が多く見られました。少しでもわかりやすいように作った人物相関図がたいへん好評で、作品の理解する上でお役に立てたようでした。
また、監督のミニインタビュー映像、金馬奨レポートもお楽しみいただけたようで、何よりです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/11/26

第五十六回金馬獎レポート〜受賞式&プレスセンター編

1125gfa1 11月23日に台北の國父記念館で行われた、第五十六回金馬獎の受賞式とプレスセンターでの様子をお伝えします。
まず、中国の不参加で色々取りざたされましたが、心配されたようなことは全くなく、優れた作品が並び決して“飛車角抜き”の戦いではないし、受賞式の盛り上がりもいつもと変わりなかったというのが私の印象です。
記事の最後にプレスセンターでの李安(アン・リー)の神対応について書いてありますので、それをお読みいただければと思います。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/11/24

第五十六回金馬獎レポート〜レッドカーペット編

1124lian 23日に行われた第五十六回金馬獎のレッドカーペットを飾った映画人たちを、写真メインでお伝えします。

まずはこの方!
世界の李安(アン・リー)、昨日の金馬奨についての素晴らしい受け答えはプレスセンターで拍手喝采!全文がFBで拡散されています。詳しくは金馬獎レポート〜受賞式編でお伝えしますが、台湾の至宝です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/11/23

第五十六回金馬獎、作品賞は『陽光普照(ひとつの太陽)』!

1123gfa 11月23日に行われた第五十六回金馬獎で、作品賞は鍾孟宏(チョン・モンホン)監督の『陽光普照(ひとつの太陽)』に輝き、監督賞、陳以文(チェン・イーウェン)の主演男優賞、劉冠廷(リウ・グァンティン)の助演男優賞、編集賞も受賞しました。
主演女優賞は『熱帶雨』の楊雁雁(ヤン・イェンイェン)、助演女優賞は『我的靈魂是愛做的』の張詩盈 (チャン・シーイン)が獲得。
今年一番の興行成績で12部門にノミネートされていた『返校』は、新人監督賞、脚色賞、視覚効果賞、美術賞、オリジナル楽曲賞と、トロフィーの数は『陽光普照(ひとつの太陽)』に次ぐ5つでした。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/11/22

第五十六回金馬獎ノミネート記者会見で観客賞と国際評論家賞発表!

1122gfa1 11月23日の金馬奨発表受賞式を前にノミネート記者会見が行われ、アウト・オブ・コンペの観客賞は鍾孟宏(チョン・モンホン)監督の『陽光普照(ひとつの太陽)』、国際評論家賞に謝沛如(シエ・ペイルー)監督の『大餓』が選ばれました。

そして、各賞のノミネート者(全員ではありません)がプレスセンターに登壇し、フォトセッションと囲み取材が行われました。
囲み取材はそれほど重要な内容ではなく、記者達と和気藹々のコミュニケーションの場、という感じですので写真だけ掲載します。
ノミネート一覧は、以下の記事をご覧下さい。

http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2019/10/post-28c711.html

» 続きを読む

| | コメント (0)

金馬影展 クロージングのマレーシア映画『夕霧花園』記者会見&Q&A

1122ximu1 金馬影展のクロージングフィルムとして、21日にマレーシア映画『夕霧花園』の記者会見と上映後のQ&Aが行われ、林書宇(トム・リン)監督と主役の李心潔(リー・シンジエ)が登壇しました。
本作はマレーシアの作家 陳團英(チェン・ドゥアンイン)の小説を台湾の林書宇監督が招かれて映画化。マレーシアを舞台に、1950年と1980年の2つの時間軸で第二次世界大戦の終盤から戦後にかけてのマレーシア女性と日本の庭師の禁断の愛を描いた物語で、李心潔と阿部寛がこれを演じています。
明日発表の金馬奨では、作品、監督、主演女優、脚色、撮影、美術、編集、オリジナル音楽の9部門にノミネートされています。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/11/21

金馬影展 日本映画『ある船頭の話』オダギリジョー監督のQ&Aに永瀬正敏がサプライズゲスト!

1121odanagase 開催中の金馬影展でいま日本で公開中の『ある船頭の話』が上映され、オダギリジョー監督のQ&Aが行われましたが、20日の2回目の上映後には出演者の永瀬正敏がサプライズゲストとして登壇しました。
今回金馬奨の審査員として連日忙しい永瀬正敏ですが、自身の主演作の短編『RPG』に続いての登場です。
日本でも監督とキャストの舞台挨拶は何度も行われていますが、
この2ショットは初ということで、台湾の映画ファンは大喜びでした。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«金馬影展 台湾映画『返校』Q&A