« 第4回全球華語歌曲頒奨典禮 | トップページ | 任賢齊(リッチー・レン)来日! »

2004/09/09

「インファナルアフェア 無間序曲」の主演3人が来日!

ifa2.jpg

9月18日から公開になる香港映画「インファナルアフェア 無間序曲」のプロモーションで、主演の3人、陳冠希、余文楽、黄秋生が来日、8日の特別試写会で舞台挨拶を行いました。
この模様を取材した水田菜穂さんから、写真とレポートを送っていただきました。

最大のトピックは、黄秋生の登場の時に、爆発的に拍手と歓声が多かったこと。お若いの2人は、さぞ驚いたことと思います。
劉徳華や梁朝偉じゃなくっても、こんなファンがいるんだって。
これに呉鎮宇が登場していたら、もっと驚いたでしょうね。
黄秋生と陳冠希は、前の日に「A-1頭條」のプレミアに出ていたので、その新作について聞かれ
「どうにも答えようのない、ヘンな映画」と。
さすがに誰も「頭文字D」の話は聞きませんでした。
ヤクルトホールは満杯で、男子トイレはひとつを残して全部女性用になっていました。
救いは3人が、まともな格好をしていたこと。
「頭文字D」の会見時みたいなランニング・短パンみたいな格好だけは、カンベンしてくれとお願いしたそうです。(水田菜穂)

「インファナルアフェア 無間序曲」は第一作からさかのぼること10年、登場人物たちがいかに無間地獄にはまっていったか、マフィアと警察にそれぞれ潜入した2人の男がどのように第一作の地位に昇って行ったか、マフィアのボス曾志偉と警視の黄秋生の関係と変遷そして、その運命の序章を、97年の返還をからめて実に見事に描いた作品です。
しっかりした構成と脚本で、前作を見ていなくてもこれだけで十分単独作品として楽しめます。
随所に散りばめられた“カギ”が、前作のディティールの全てをひとつひとつ解明していく度にゾクゾクします。それが何ともさり気なく、ソフィストケートされたところですね。
前作のような拡大ロードショーではありませんが、必見の傑作です!!
9月18日より、シネマスクエアとうきゅうにてロードショー公開

|

« 第4回全球華語歌曲頒奨典禮 | トップページ | 任賢齊(リッチー・レン)来日! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45427/1395934

この記事へのトラックバック一覧です: 「インファナルアフェア 無間序曲」の主演3人が来日!:

« 第4回全球華語歌曲頒奨典禮 | トップページ | 任賢齊(リッチー・レン)来日! »