« 2004年7月18日 - 2004年7月24日 | トップページ | 2004年8月1日 - 2004年8月7日 »

2004/07/30

「LOVERS」ジャパンプレミア

0729lovers.jpg

アジアの3大スターが壮大な愛のドラマを繰り広げる中国映画「LOVERS」のジャパンプレミアが、7月28日にNHKホールで行われました。
この豪華なプレミアには、3500席に対して、なんと応募総数30万通 という凄さ。ネット・オークションでは信じられないような高値で落札され、早くからチケット争奪が話題になっていました。
会場で舞台挨拶と映画を鑑賞できる人とは別に、レッドカーペットだけを見られる人というのが300人。こちらもかなり早くから並んでいたようです。
会見には出席しなかった江志強(ビル・コン)と衣装のワダエミさんも加わって、7人が勢揃い。スチール
カメラマンの前に並びポーズをとり、テレビカメラの方へ進む前にファンへの大サービス。さすがアジアのスター達です。日本の芸能人にはないこのサービス精神、その代表とも言うべき劉徳華(アンディ・ラウ)は、率先してそろいのうちわで応援する金城武ファンに握手やサイン。自分のファンたちが待っている所では、もちろん大盛り上がり。続く章子怡も細やかに笑顔を振りまいて丁寧に対応し、金城武が一番クールでした。

さて、舞台挨拶では、やはり大勢のお客様を前にして、皆さん会見とはだいぶ違うやわらかい雰囲気でご挨拶。金城武はわざわざ北京語を使い、客席のファンから『日本語で話してえ〜!』という声も。もちろんその後はちゃんと日本語でした。
章子怡の素晴らしい踊りのシーンを『CGじやないですよね?』と聞いた襟川クロさんに、しきりに突っ込むような仕草でなんか言ってる劉徳華。
『それを言っちゃダメ!』みたいなアクションに見えたのは私だけ?(^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「LOVERS」記者会見

0728lovers.jpg

昨年話題を呼んだ「HERO」の主要スタッフが再結集し、アジアの3大スターが共演して贈る超大作「LOVERS」。この作品は、今年のカンヌ国際映画祭で特別招待作品として上映され、20分に及ぶスタンディングオベーションを受けました。
盲目の踊り子をめぐる二人の男の愛が錯綜、そこにひそむ策略、偽りと真実の駆け引きを広大な大地を舞台に描く愛のドラマです。
中国・香港・台湾で7月15日に同時公開されましたが、それぞれ豪華なプレミアを催してたいへんな話題になりましたね。
そして、8月28の日本公開に先駆けて、張藝謀監督をはじめ主演の金城武、章子怡、劉徳華、アクション監督の程小東( チン ・シウトン )、プロデューサーの江志強(ビル・コン)が来日しました。

7月27日に行われた記者会見は、ものすごい人でした。通路に立ち見まで出て会場は立錐の余地もなく、この作品に対するマスコミの注目度の高さがわかります。
それぞれに色々質問が飛びましたが、答えを監督に振る事が何回かあり、つくづくこの作品が張藝謀のものだということを実感しました。金城武は『僕は今回監督の駒になろうと思っていたので…。』というように、全て監督に預けるという姿勢。王家衛とは色々アイデアを出したりしていた彼も、今回はだいぶ違うようですね。一緒に創り上げるのではなく、張藝謀の世界に身をゆだねるということなのでしょう。
100本を超える主演作を持つビッグスター劉徳華にしても、ずうっと以前から張藝謀作品に出たかったというので、その偉大なカリスマ性がよく解ります。
この会見の模様は、後日BBQRでお楽しみいただけるようにしますので、お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/26

ごあいさつ

アジアンパラダイスへようこそ!
ここは、文化放送のBSデジタル放送BSQRがお届けするアジアンエンターテインメント情報ブログです。
BSQRの「アジアンパラダイス」は、2000年12月の開局から2003年3月まで放送していたアジアのエンターテインメントを紹介する番組です。
現在は残念ながら放送していませんが、リスナーの方々のご要望によりサイトだけ続けていますが、この度、話題のブログでリニューアル。
これまでの会見やインタビューレポ、話題や情報の他に小ネタもちょこちょことアップしていこうかな、と思っています。

いつも来て下さる方、ちょっとびっくりしたかな?
これまでの記事は、「こちらもぜひ!」のリンクからジャンプできます。
引き続き、どうぞご贔屓に!!

| | コメント (0)

キム・ソナ

kimsona-1.jpg
今週は、観光大使でチェ・ジウが来日。小泉首相を表敬訪問してたいへんな話題でしたね。
実はその前日、秋に公開される「イエスタデイ 沈黙の刻印 」に出演しているキム・ソナ が、チョン・ユンス 監督と共にプロモーション来日しました。
いわゆる記者会見は行わずに、個別取材や共同取材のみで、私は“囲み”と呼ばれる共同取材に参加してきました。
キム・ソナ は黒いレザーのワンピースで、胸元が大きくあいてとてもセクシー。韓国の女優さんの例にもれず、背が高くてスタイルいいですねぇ。でも、単なるセクシーでなく、硬質な魅力を感じます。
そして日本で中学・高校時代を過ごしたので日本語は問題なく、きびきびした受け答えに賢さがうかがえました。
近未来サスペンスアクションの「イエスタデイ 沈黙の刻印 」には女性捜査官の役で映画初出演、かなりハードなアクションがあります。それまでモデルやCM、そしてのラブ・コメ系のテレビドラマが多かったので、実はアクションがやりたくてたまらなかったとのこと。だから高度なアクションシーンも人一倍練習して、監督はその努力をとても褒めていました。
劇中でかなり大型の銃を使っているのですが、これは「ニキータ」で使っていたモデルだそうです。そこで、『アクションで参考にした作品や女優さんはいますか?』と聞いてみたのですが、彼女の答えは『誰かの真似とかでなくオリジナルのアクションをやりたいので、そういうことはありません。監督と話し合いながらやりました。』
うーん、しっかりした考え。なかなか素敵です。
日本で高校を卒業してからアメリカのインディアナ ボールステイト州立大に留学したりと、色々な経験を積んで人間形成もできているのでしょう。
機会があれば、日本でも活動したいという意欲も満々、これからが楽しみです。

キム・スンウ、キム・ユンジン、チェ・ミンスという豪華キャストの「イエスタデイ 沈黙の刻印 」は、9月4日より、銀座シネパトス・大阪シネフェスタ4他にて全国順次ロードショー です。
※この取材の模様は、公開時期に合わせてBBQRでアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2004年7月18日 - 2004年7月24日 | トップページ | 2004年8月1日 - 2004年8月7日 »