« 2004年8月29日 - 2004年9月4日 | トップページ | 2004年9月12日 - 2004年9月18日 »

2004/09/09

「インファナルアフェア 無間序曲」の主演3人が来日!

ifa2.jpg

9月18日から公開になる香港映画「インファナルアフェア 無間序曲」のプロモーションで、主演の3人、陳冠希、余文楽、黄秋生が来日、8日の特別試写会で舞台挨拶を行いました。
この模様を取材した水田菜穂さんから、写真とレポートを送っていただきました。

最大のトピックは、黄秋生の登場の時に、爆発的に拍手と歓声が多かったこと。お若いの2人は、さぞ驚いたことと思います。
劉徳華や梁朝偉じゃなくっても、こんなファンがいるんだって。
これに呉鎮宇が登場していたら、もっと驚いたでしょうね。
黄秋生と陳冠希は、前の日に「A-1頭條」のプレミアに出ていたので、その新作について聞かれ
「どうにも答えようのない、ヘンな映画」と。
さすがに誰も「頭文字D」の話は聞きませんでした。
ヤクルトホールは満杯で、男子トイレはひとつを残して全部女性用になっていました。
救いは3人が、まともな格好をしていたこと。
「頭文字D」の会見時みたいなランニング・短パンみたいな格好だけは、カンベンしてくれとお願いしたそうです。(水田菜穂)

「インファナルアフェア 無間序曲」は第一作からさかのぼること10年、登場人物たちがいかに無間地獄にはまっていったか、マフィアと警察にそれぞれ潜入した2人の男がどのように第一作の地位に昇って行ったか、マフィアのボス曾志偉と警視の黄秋生の関係と変遷そして、その運命の序章を、97年の返還をからめて実に見事に描いた作品です。
しっかりした構成と脚本で、前作を見ていなくてもこれだけで十分単独作品として楽しめます。
随所に散りばめられた“カギ”が、前作のディティールの全てをひとつひとつ解明していく度にゾクゾクします。それが何ともさり気なく、ソフィストケートされたところですね。
前作のような拡大ロードショーではありませんが、必見の傑作です!!
9月18日より、シネマスクエアとうきゅうにてロードショー公開

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/06

第4回全球華語歌曲頒奨典禮

9月4日に台北で行われた「第4回全球華語歌曲頒奨典禮」には、香港・台湾・大陸・シンガポール・マレーシアから人気歌手が一堂に会し、最受歓迎男歌手には周杰倫(ジェイ・チョウ)、最受歓迎女歌手は孫燕姿(ステファニー・スン )が選ばれました。
以下、受賞一覧です。(年度最受歓迎20大歌曲は省略)

最受歓迎男歌手:周杰倫
最受歓迎女歌手:孫燕姿
最受歓迎創作歌手:張敬軒 王力宏 周杰倫 謝霆鋒 陶[吉吉]
最受歓迎對唱歌曲:李泉・范暁萱「流浪狗」 孫悦・沙寶亮「傾城之戀」 李克勤・譚詠麟「拿拿聲」
最受歓迎歌唱組合:Twins Energy S.H.E. 羽泉
最受歓迎樂団:五月天 F.I.R 花兒樂団
最受歓迎新人:張韶涵 F.I.R 黄義達 周[山令]
最佳作詞:戴佩[女尼]「防空洞」
最佳作曲:林一峰「遇見」
最佳編曲:洪敬尭「海盗」
最佳専輯:王力宏「不可思議」 周杰倫「葉恵美」 朴樹「生如夏花」
最佳製作人:陶[吉吉]
年度全能藝人:蔡依林
最佳舞台演繹:張恵妹 孫悦
地區傑出藝人:周杰倫(台湾) 孫楠(北京) 胡彦斌(上海) 張敬軒(廣東) 李克勤(香港)
                     孫燕姿(シンガポール) 戴佩[女尼](マレーシア)
傳媒水仙大奨:蔡依林
卓越成就奨:張學友

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月29日 - 2004年9月4日 | トップページ | 2004年9月12日 - 2004年9月18日 »