« 上海国際映画祭で「村の写真集」がグランプリ!! | トップページ | 「頭文字D」おもしろい!! »

2005/06/23

「美少年の恋」に、しみじみ…

0622-bishounen先にお知らせした「QRチョイス トークライブ」の準備で、ゆうべ「美少年の恋」を見直しました。
一年以上前に買った、ピンクの花柄耽美系ボックスの香港版DVDを、ようやく開封。久しぶりに見たので、なんだドキドキしてしまいました。(^o^)
いやぁ、みんな若いですねぇ…当たり前ですが。美しい。初々しい。
そして、ノンクレジットの林青霞(ブリジット・リン)のナレーションが素敵です。
何度見ても切なく、美しいラブストーリーですね。
主演の呉彦祖(ダニエル・ウー)は、今や香港映画界を背負う俳優に、馮徳倫(スティーブン・フォン)はマジシャン、ではなく(^o^)、若手監督としてすっかり成長しました。

ご存じの方も多いと思いますが、公開当時、香港で短期間しか上映されなかったこの作品を見出し、私たちが日本で見られるようになったのは、水田菜穂さんの愛と情熱と根性の賜物です。
このあたりの話は、かつてパーソナリティをお願いしていた「アジアンパラダイス」でも何回か話していただきましたし、今は、アジアンクロッシングのインタューページに掲載されています。
香港に取材に行った時にロケ地を教えてもらったので、DVD見ながら香港の街も楽しめて、10倍得した感じです。
上の写真は、“あの場所”です。(^o^)
しかし、残念ながら日本での上映は権利切れ。DVDも廃盤です。
主演の二人がこれだけ大きくなっているし、機会があったら、ぜひ買って欲しいものです。

7月2日の「QRチョイス トークライブ」で、馮徳倫(スティーブン・フォン)の話題を予定しています。
以前のものですが、馮徳倫(スティーブン・フォン)と呉彦祖(ダニエル・ウー)のインタビューカットも、お聞かせしようと思っています。
このイベント、締め切りは過ぎましたが、少し席を増やすことが出来そうです。
ご希望の方はasipara@ bsqr.netまで、メールでお申し込み下さい。
6月27日(月)のタイムスタンプ有効です。
希望者が多数の場合は抽選になりますので、あらかじめご了承下さい。

|

« 上海国際映画祭で「村の写真集」がグランプリ!! | トップページ | 「頭文字D」おもしろい!! »

コメント

私の人生を狂わせた(笑)「美少年の恋」との出会い。また取り上げていただいて感謝です。“あの場所”も、今はもうありません。一緒にコワゴワお店を覗いて大コーフンした日が懐かしいですね。「ロケ地をまわってみたい!」と思うようなロマンティックな作品が最近減っているように思えてなりません。

投稿: 水田菜穂 | 2005/06/29 11:33

このサイトを覗きに来てびっくり!3日前に急に見たくなって、久しぶりに「美少年の恋」をビデオで見て、一昨日文庫本を読んだばかりだったので、あまりのタイムリーさににんまりしちゃいました。ダニエル・ウーの初々しい爽やかな笑顔、どこか華仔を彷彿させる面立ち(当時もそんなコメントがあったような・・・)あの映画でダニエル君にやられてしまいました(爆)あのダニエル君もすっかり香港映画の担い手に成長しましたね~。本当に綺麗な映画です。いつまでも大切にしたい、そんな映画ですね。

投稿: すーれん | 2005/06/24 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45427/4667895

この記事へのトラックバック一覧です: 「美少年の恋」に、しみじみ…:

« 上海国際映画祭で「村の写真集」がグランプリ!! | トップページ | 「頭文字D」おもしろい!! »