« 「白色巨塔」会見 | トップページ | 「台湾スターMovie」を携帯で!! »

2005/06/06

「いますぐ抱きしめたい」で使われている曲のことなど

0605lortalyキネカ大森で行われた、「いますぐ抱きしめたい」最終上映会に行ってきました。
上映の前に水田菜穂さんの短いトークショーがあり、この作品に関わる様々なお話を聞き、気分が更に盛り上がったところで見るこの作品、本当に名作です。
番組をやっている時に、水田さんと一緒にランタオ島のロケ地取材に行った時の感動もよみがえってきました。
写真は、当時(2002年12月)に撮影したものですので、現在もこの通りであるかどうか…。
このレポートは以前の番組サイトに掲載したことがありますが、長文なので機会があったらまたアップしますね。

水田さんもトークの中で少し触れていましたが、この作品、バージョンによって使われている曲が違います。上映する国によって編集が違うのは香港映画の常識ですが、今日で見納めになったバージョンは、王家衛が劉徳華(アンディ・ラウ)の曲バージョンにしたものです。
以前、番組でこのバージョン別の曲の違いを調べて紹介したことがあるのですが、時間の関係でその部分は泣く泣く編集でカットしました。
なので、ここで改めてご紹介します。

◆ポニーキャニオン ビデオ・LD
行きのバス  イ尓是我胸口永遠的痛(王傑)
帰りのバス  忘了我尓(王傑)
ラストシーン 痴心錯付(劉徳華)

◆プレノンアッシュ DVD
行きのバス  イ尓是我胸口永遠的痛(王傑)
帰りのバス  痴心錯付(劉徳華)
ラストシーン  痴心錯付(劉徳華)

◆香港版(MEDIA ASIA ) DVD&VCD
行きのバス  激情 (林憶蓮)
帰りのバス  痴心錯付(劉徳華)
ラストシーン 痴心錯付(劉徳華)

◆台湾版ビデオ
行きのバス  イ尓是我胸口永遠的痛(王傑)
帰りのバス  忘了我忘了イ尓(王傑)
ラストシーン 忘了我忘了イ尓(王傑)

このように、微妙に違っております。しかもここには書きませんが、エンドロールのクレジットも、実際とは違うという複雑さなのです。
ちなみに、林憶蓮(サンディ・ラム)の「激情」というのは、映画「トップ・ガン」の主題歌で、ベルリンの「愛は吐息のように」のカバーです。
この「トップ・ガン」も劉徳華(アンディ・ラウ)の主演で、「傲氣雄鷹( トップ ポリス )」 という映画としてリメイクされています。

そうそう、「いますぐ抱きしめたい」の台湾版は、主人公が死んでいません。(^o^) もう、なかなか見る機会がないと思いますので書いてしまいますが、警察署で撃たれて倒れるシーンの後、数ヶ月後に警察の施設(だと思います)で張曼玉(マギー・チャン)が面会した男は、脳に重い後遺症が残り、愛する人もわからないという状況でした。
悲しみに女が諦めて帰ると、その後ろ姿を見送る彼の目は、確実に意志を持った者のそれであり、実に深い意味のあるラストになっています。
どちらが良いかは好みによると思いますが、このような“死んでいなかった”バージョンなどラストが違う香港映画は、かなりあります。
それは、「インファナルアフェア」の中国大陸版のように勧善懲悪でないとダメであるとか、規制の厳しいシンガポールとか、公開する国の事情によるものが多いそうです。

なんだか話があちこちになってしまいましたが、香港映画の面白さの一面がここらへんにもあるようですね。

0605clinic
0605daio-street2
0605maggie-restaurant

|

« 「白色巨塔」会見 | トップページ | 「台湾スターMovie」を携帯で!! »

コメント

はじめまして。検索していたらこちらを見つけました。
'91年の日本劇場公開時のバージョンではバスの行き帰りどちらも「愛は吐息のように」広東語版が使用されていました。
更に日本公開版ラストは倒れるアンディのバックには歌はなく、心臓の鼓動が徐々に弱まっていくという演出でした。
またポニー版ビデオの日本語吹替版は字幕スーパー版と異なり帰りのバスの場面のみが「愛は吐息のように」広東語版となっています。
…今更ではありますがご参考までに。

投稿: 芳忠LOVE | 2010/04/11 00:07

はじめまして。昨日の上映会に参加したm-thereseと申します。
もにかるさんのところで、こちらにて台湾バージョンの最後について詳しく紹介されていると聞いて、おじゃましました。
といいつつ、実はちょっと前から拝見させて頂いていました!
昨日は貴重なお話とともに鑑賞でき、とても楽しかったです。

TBさせて頂きました。
これからもよろしくお願いします。

投稿: m-therese | 2005/06/06 13:00

はじめまして。miyuttyと申します。もにかるさんのblogからとんできました。とても興味深い記事をありがとうございました。事後で恐縮ですがTBをはらせていただきましたのでよろしくお願いします。

投稿: miyutty | 2005/06/06 12:52

こちらこそ、速攻コメントありがとうございます。
「インファナル・アフェア3」を見た時に、この台湾版ラストシーンを思い出してしまいました。
そう言えば「スター伝説」にも車椅子で生きているバージョンがあったような気が…。(^o^)

投稿: 江口 | 2005/06/06 09:50

さっそくありがとうございます。ご一緒した日々を懐かしく思い出しました。私もまた「ランタオ島に行きたい」虫がうずうず。でもロケ地の様子が違っているのを確認するのも寂しい気がするし・・・。台湾盤のラストシーン、どこかで見たような・・・『インファナル・アフェアⅢ』・・・エンディング2バージョンって、ある意味香港映画の珍しい特徴かもしれませんね。

投稿: 水田菜穂 | 2005/06/06 09:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45427/4431924

この記事へのトラックバック一覧です: 「いますぐ抱きしめたい」で使われている曲のことなど:

» 『いますぐ抱きしめたい』最終上映報告 [Hong Kong Addict Blog]
 昨晩、キネカ大森で、あと一週間で権利が切れる王家衛(ウォン・カーウァイ)の監督デビュー作、『いますぐ抱きしめたい(原題:旺角卡門)』の最終上映会が開催されました。99%女性客で圧巻。最も印象深かったのは、皆さんがコトリとも音を立てず、固唾を呑んで画面.... [続きを読む]

受信: 2005/06/06 09:26

» 【review】〓いますぐ抱きしめたい〓 [miyutty's Movieholic blog]
〓マッスルモンク〓みたいにぷくぷくしたかわいいアンディ・ラウを堪能してしまいました。あ〜。この頃リアルタイムで香港映画をみていたらどっぷりアンディにはまっていたでしょう。顔のパーツが鋭いのがぷくぷくで少しmildになって、いい感じ。 【story】マギー(マギー... [続きを読む]

受信: 2005/06/06 12:48

» 『いますぐ抱きしめたい』最終上映会 [ASIAN BOX]
昨日、キネカ大森で『いますぐ抱きしめたい』の最終上映会があり、行ってきました。 『愛の神、エロス』公開記念の王家衛作品特集上映でも観たんですが(そのときの感想はこちら )最終上映ということでまた行ってしまいました。 あ〜、何度観ても“青春”!! 始めて観たときは、ジャッキーが面倒起こすからアンディがこんな目にあうんじゃないの〜!!とジャッキーの行動にイライラしながら観... [続きを読む]

受信: 2005/06/06 12:56

« 「白色巨塔」会見 | トップページ | 「台湾スターMovie」を携帯で!! »