« やっぱり出る!「インファナル・アフェア」トリロジーBOX | トップページ | チョン・ウソン、5度目の来日! »

2005/08/08

「マリといた夏」のイ・ソンガン監督インタビュー

0808i-songan公開中の韓国アニメ「マリといた夏」は、イ・ビョンホンが声の出演をしていることで話題になっていますが、アニメ界のカンヌとして名高い、アヌシー国際アニメーションフェスティバルでの受賞によって世界に知られ ることになりました。

輪郭線のない、淡い色彩の絵が不思議な世界観を作り、夢か現実かわからない少年の夏の日をファンタスティックに描いたこの作品、細やかな生活のディティール、控えめで愛にあふれる人々、少年の暮らす日々が日本の昭和30年代という感じです。
淡い恋、穏やかな村を突然襲う嵐や仲良しとの別れ、さほど珍しくない出来事を通過点として成長していく少年の、とってもさわやかな作品です。

公開直前にイ・ソンガン監督が来日し、インタビューできました。

大学では心理学を専攻していたという監督、小さい頃から絵を描くことが好きで映像作家になったということです。
アニメの他に実写映画も撮っており、今年のモスクワ国際映画祭に出品したとか。
「マリといた夏」の登場人物のように物静かな方で、穏やかな口調ではありましたが、ご自身の持っていらっしゃる世界観は、はっきりと伝わってきました。

インタビューは、8月8日(月)から14日(日)まで、文化放送インターネットラジオBBQRで送信します。
ぜひ、お聞き下さいね!!

「マリといた夏」
監督:イ・ソンガン
脚本 :カン・スジョン 、イ・ソンガン
音楽:イ・ビョンウ
声の出演:イ・ビョンホン 、アン・ソンギ 、コン・ヒョンジン 、ユ・ドックァン 、ソン・インギュ

8月6日よりシアターイメージフォーラム他にてロードショー 中 配給:アルゴ・ピクチャーズ

|

« やっぱり出る!「インファナル・アフェア」トリロジーBOX | トップページ | チョン・ウソン、5度目の来日! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45427/5362894

この記事へのトラックバック一覧です: 「マリといた夏」のイ・ソンガン監督インタビュー:

» マリといた夏 韓国アニメ映画の集大成 [BLOG×PROCESS5]
〜マリといた夏〜 少年の日の思い出を瑞々しく描いた長編アニメーション作品。国際的に評価の高い、イ・ソンガン監督が、幼馴染との少年時代の思い出話を舞台に、幼い頃の淡く切ない日々を、水彩画のような微妙で自然な色合いの美しい映像で表現し、純粋な愛の物語に仕上げている。幻想世界へ誘うような風合いを持ち、韓国アニメーションの中でも屈指のクオリティを誇る作品である。また、声の出演はイ・ビョンホン、アン・ソンギほか、韓国スターが名を連ねている。 雪の日、主人公のナムに幼馴染のジュノから連絡がくる。... [続きを読む]

受信: 2005/11/27 01:27

« やっぱり出る!「インファナル・アフェア」トリロジーBOX | トップページ | チョン・ウソン、5度目の来日! »