« コリアン・シネマ・ウィーク2005 | トップページ | 朱孝天の「向日葵的夏天」日本盤DVDリリース! »

2005/09/28

第6回東京フィルメックス

0928filmex本日28日に、「第6回東京フィルメックス」の記者会見が行われ、ラインナップの発表がありました。
11月19日から27日まで有楽町朝日ホール他で開催されますが、今年も興味深い作品がずらり。
東京国際映画祭で特集を組むので、台湾映画は1本だけですが、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)の「スリー・タイムズ(仮題)」(最好的時光)がオープニング作品です。
香港からはコンペに葉偉信(ウィルソン・イップ)の「SPL<殺破狼> 」、中国映画が3本、粒よりの作品群ということです。
林加奈子、市山尚三両ディレクターの説明を聞いていると、どれもこれも本当に全部見たくなってしまいます。
そして、今年は俳優の西島秀俊が審査員ということで、ゲストの廣木隆一監督と共に会見に登壇しました。『人生の中で、衝撃を受ける作品、そんな作品を選びたいと思います。』と語る彼は、これまでも一観客としてフィルメックスの会場でよく見かけたという情報もあります。審査員という重責はありますが、沢山の映画を見られるのも楽しみだそうです。
上映スケジュールや作品情報、チケット購入方法など、全て公式サイトに掲載されています。

|

« コリアン・シネマ・ウィーク2005 | トップページ | 朱孝天の「向日葵的夏天」日本盤DVDリリース! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45427/6162610

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回東京フィルメックス:

« コリアン・シネマ・ウィーク2005 | トップページ | 朱孝天の「向日葵的夏天」日本盤DVDリリース! »