« 第40回台湾金鐘奨 | トップページ | 賀軍翔(マイク・ハー) のご挨拶ムービーを携帯で! »

2005/11/15

台湾金馬奨取材レポート

1114threethymes13日に基隆で行われた台湾金馬奨に行ってきました。
基隆は、台北から車で約一時間の港町。会場の基隆文化中心はクラシックな建物であ まり大きくなく、授賞式会場も狭いので、最後列の私たちの席でも場内の様子はとて もよくわかりました。
モニターに写るレッドカーペット(実際にはブルーでしたが)に次々登場するスター や監督たちと、沿道のファンの盛り上がりを見ながら、場内に着席する出席者を確認。
声援が一番大きかったのは、やはり「頭文字D」で新人賞にノミネートされている周杰倫。新譜もリリースされたばかりで、テレビをつけても、街を歩いていてもジェイ一 色という感じですから。
そして、5年ぶりにプレゼンテーターとして参加する金城武も、大変な人気でした。

授賞式は「カンフーハッスル」の斧ダンスで始まり、阿妹(張恵妹)の素晴らしい主題歌メドレーなどのパフォーマンスをはさみながら進んでいきます。
プレゼンテーターがノミニーを紹介する度に、その作品チームや関係者からの拍手や、2階のファンと一般客からの声援が飛びます。
結果は、すでに皆さんご存じと思いますが、女優賞で舒淇(スー・チー)の長呼ばれた時、隣の張震(チャン・チェン)と抱き合って喜び、ステージに上がってトロフィーを受け取る時は感動の涙で、見ているこちらもグッときました。
主演男優賞の郭富城(アーロン・クォック)もものすごく感動していましたね。
ノミネート者は、固まって座っているので、その表情を逃すまいとカメラが近くに移動して一台ずつ据えられ、上から見ていると、なかなか緊張感ありました。

1114-bolin授賞式の後は、お祝いのパーティがあり、受賞者や参加者が集まって賑わいます。
こちらに取材に行きましたが、やはり舒淇(スー・チー)や周杰倫(ジェイ・チョウ)のところに記者とカメラマンが集中。その隙間から写真を撮るのは至難の業です。
郭富城(アーロン・クォック)が見つけられずに、広い会場を探していたら、陳柏霖(チェン・ボーリン)発見。
なんと、李安(アン・リー)監督の隣で固くなっている模様。両手を膝に揃えて話を聞いているという感じだったので、ちょっと遠慮して少し離れたところから様子を伺っていました。そうしたら陳柏霖が気づいて『おお〜っ!』と立ち上がったので、ちょっとお邪魔しました。
『どうしたの?』って聞かれてもねぇ…取材なんだから。(^o^)
日本語がかなりうまくなっているので、日常会話なら通訳なしで話せます。でも、なんたって隣は李安(アン・リー)監督ですから、長居をしては失礼と思い、写真を撮らせてもらって退散。

その後、それぞれ映画会社が主催する作品ごとのパーティがあり、私たちは「最好的時光(スリー・タイムス)」の会場に向かいました。
舒淇(スー・チー)や張震(チャン・チェン)にコメントをもらい、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督を待っていると、次から次へ、台湾のスターや監督達が集まって来ます。
さすがは侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督ですね。
並み居る大作を押しのけて美術賞を受賞した低予算映画「靴に恋する人魚」の李芸嬋(ロビン・リー)監督は、もともと美しいですが、ドレスアップして本当に女優さんのよう。この作品のプロデューサーであり、「愛していると、もう一度」のメガホンも取った余偉國(ダニエル・ユー)も姿を見かけたので、ご挨拶。
さっきの全体のパーティ会場にいなかった楊祐寧(トニー・ヤン)もひっそりと座っていたので、びっくり。もうすぐ「僕の恋、彼の秘密」が公開されるので、コメントもらっちゃいました。

1114chen2キラ星のごとくスターや監督がいる会場で、私たちがぐわ〜んと衝撃を受けたのが、張震(チャン・チェン)のパパ。
張國柱(チャン・グォチュー)というベテランの俳優さんです。
最近は「流星花園2」や「戦神MARS」など、人気ドラマで渋い演技を見せていますね。テレビでもめちゃめちゃかっこいいですが、実物は想像以上。お一人でも写真撮らせてもらいましたが、少し後にあまりに素敵な親子のツーショットも撮影でき、大満足です。
蔡明亮監督の作品でおなじみの陸奕静(ルー ・イーチン)は、やはり存在感ありましたねぇ。
美味しいコーヒーショップをなさっているので、その話や近況を伺いました。

そんなこんなで、連日深夜までの取材でしたが、実り多い2日間でした。
二つの大きなアワードの他に、一昨日お知らせした賴雅妍(メーガン・ライ)と、実は珍しい顔合わせの単独インタビューもしてきました。
台湾の若手女優&新人男性俳優兼ダンサー。詳しくは後日。
この取材結果は、番組やBBQR、PodcastQRなどで順次お伝えしていきます。
一番早いところで、11月19日放送の「Weekly Asia Box」で「台湾金馬奨」レポートをお届けします。
今後も、詳細が決まりましたらお知らせしますので、どうぞお楽しみに!

|

« 第40回台湾金鐘奨 | トップページ | 賀軍翔(マイク・ハー) のご挨拶ムービーを携帯で! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45427/7117696

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾金馬奨取材レポート:

« 第40回台湾金鐘奨 | トップページ | 賀軍翔(マイク・ハー) のご挨拶ムービーを携帯で! »