« 12月3日の「Weekly Asia Box」で「白色巨塔」最新情報! | トップページ | 徐熙媛(バービィー・スー)来日! »

2005/12/02

Duncan来日!

1201duncan-112月3日から公開される「僕の恋、彼の秘密」に主演している、周群達(ダンカン・チョウ)が来日、サイエンスホールで行われた試写会で舞台挨拶を行いました。
黒のスーツに身を固めたDuncanは、短髪で、映画の中のイメージとはちょっと違います。
それでも、あの涼しげな目、魅力的な唇にはドキドキしてしまいますね。

以前来日した楊祐寧(トニー・ヤン)は、Duncanのキスは激しくて髭が痛かったと言っていましたが、Duncanもやはり髭が痛かったと。(^o^)
この話は、単独インタビューでも詳しく聞きましたので、後日お知らせしますね。

1201duncan-2こういう場では、女性タレントが花束を持って駆けつける…というのが定番なのですが、今日登場したのはダンカン。
思いっきりテイストの違う二人、このミスマッチもアートポート(配給会社)らしい企画です。
『今日は、ちょっと胸をあけて来ました。』というダンカンに、負けじとシャツのボタンをひとつはずしてみせるDuncan、なかなかのサービス精神です。
フォトセッションでは、ダンカンが色々演出してくれて、お互いの胸に手を差し入れたり、抱きついたりというあぶないポーズも。

12月3日の初日には、新宿武蔵野館で舞台挨拶も予定されていますが、整理券はすでに配布されています。予定枚数に達し次第、受付終了となるそうなので、詳しくは劇場へお問い合わせ下さい。

そして、12月10日(土)の「Weekly Asia Box」で、Duncanの単独インタビューを放送します。
但し、10分しか時間をもらえなかったので、編集したらどれくらいになるのか…かなり短いと思います。(^o^)
ちなみに、12月3日(土)の「Weekly Asia Box」では、金馬奨の祝賀パーティでもらった楊祐寧(トニー・ヤン)のコメントが聞けますよ。
二人の短いインタビューをあわせて、後日文化放送インターネットラジオBBQR で送信予定です。
詳細が決まりましたら、ここでお知らせしますので、お楽しみに!

|

« 12月3日の「Weekly Asia Box」で「白色巨塔」最新情報! | トップページ | 徐熙媛(バービィー・スー)来日! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45427/7422195

この記事へのトラックバック一覧です: Duncan来日!:

» Wダンカン [名物ひまつぶし]
俳優の周群達(ダンカン・チョウ)が来日してます。でもって、映画監督でもあるダンカンが駆けつけていたのには笑った。ナイスだ。 [続きを読む]

受信: 2005/12/02 19:13

» スマイリー王子来日です [香港台灣之旅]
12月1日行われた試写会の舞台挨拶にDUNCAN(周群達)登場! もう言葉を失いました。笑顔が素敵でした。オーラ満載で輝いてました。 もう髪が長いほうが好きなんて言いません。少年の様に笑ってました。 Duncan来日! アジアンパラダイスより 文庫本「僕の恋、彼の秘密」竹書房HPより 本日発売予定 僕の恋、彼の秘密チラシWalkerPlusより  e-SATORIN伊藤さとりさんHPより 『ニュース』へお進み下さい。12/1のダンカン記事へ。わ~短時間で着替えてるよ!良い人だ。... [続きを読む]

受信: 2005/12/02 23:32

» ダンカン・チョウ(周群達)をよろしく [Dear Travelers]
久々、ときめきました。それは、台湾映画『僕の恋、彼の秘密』で来日したダンカン・チョウ。(本国サイト) 映画はあっけらかんとしたゲイ映画。女子が一切出演せず、いい体をした男子がわんさか出てくる。『ブエノスアイレス』とか『バッド・エデュケーション』とか、そういった芸術的な映画ではなく、ただの恋愛ものを男子同士で演じている。特にゲイだからといって、特別扱いはせず、普通にこの映画の中では男子しか存在していないかのような描き方だ。監督は女性。自分の趣味で撮影したに違いない。 ストーリーは、トニー・ヤン演じ... [続きを読む]

受信: 2005/12/05 03:03

» ダンカン・チョウ(周群達)をよろしく [Dear Travelers]
久々、ときめきました。それは、台湾映画『僕の恋、彼の秘密』で来日したダンカン・チョウ。(本国サイト) 映画はあっけらかんとしたゲイ映画。女子が一切出演せず、いい体をした男子がわんさか出てくる。『ブエノスアイレス』とか『バッド・エデュケーション』とか、そういった芸術的な映画ではなく、ただの恋愛ものを男子同士で演じている。特にゲイだからといって、特別扱いはせず、普通にこの映画の中では男子しか存在していないかのような描き方だ。監督は女性。自分の趣味で撮影したに違いない。 ストーリーは、トニー・ヤン演じ... [続きを読む]

受信: 2005/12/05 03:03

« 12月3日の「Weekly Asia Box」で「白色巨塔」最新情報! | トップページ | 徐熙媛(バービィー・スー)来日! »