« 2005年1月23日 - 2005年1月29日 | トップページ | 2005年2月13日 - 2005年2月19日 »

2005/02/05

台湾スペシャル企画のお知らせ

dorian台湾のスター何潤東(ピーター・ホー)、邱澤(ロイ・チウ)、陳怡蓉(タミー・チェン)が出演する番組が
以下のように決まりました。
何潤東(ピーター・ホー)撮影のオリジナル・レア写真をあなたの待ち受け画面にできる企画ももあります。

続きを読む "台湾スペシャル企画のお知らせ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/03

第24回香港電影金像奨のノミネート発表!

1日、第24回香港電影金像奨のノミネートが発表され、周星馳の「功夫(カンフーハッスル)」が16部門、「2046」が12部門、「旺角黒夜」が11部門の候補に挙がりました。
主演男優賞は激烈で、梁朝偉、周星馳、成龍、呉彦祖、方中信の戦いに、また主演女優賞は章子怡、張艾嘉、元秋、張栢芝、林嘉欣がしのぎを削ります。
作品・監督・主演男女優・助演男優など主要部門を独占した「功夫(カンフーハッスル)」の周星馳は、『自分よりも、元華や元秋、陳國[土申]のノミネートがうれしい。支持してくれたみんなに感謝するよ。』
去年影帝となった劉徳華(アンディ・ラウ)は、今年は「十面埋伏」「天下無賊」が大陸製作の為アジア映画部門にはノミネートされているものの、個人賞のノミネートの資格がありません。
しかし彼は『規定だからね、仕方ない。残念だけど、香港映画のサポートを続けていくよ。』
そして主催者からは、今回は香港映画ではないのでノミネートされていないが、ビッグスターだし前回の受賞者としてぜひプレゼンテーターを、という熱心なオファーがあるので、授賞式には参加するそうです。
呉彦祖は、2つの作品で主演と助演男優賞にノミネート、初めて主演男優賞にノミネートされた方中信は、『本当なのかな。信じられない。』と、とても驚いた様子でした。
第24回香港電影金像奨の授賞式は、3月27日に香港コロシアムで開催されます。

(2/2 香港各紙より)

第24回香港電影金像奬ノミネート一覧

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/02/01

何潤東(ピーター・ホー)ら台湾のスターがずらり17人!!

durian-1何潤東(ピーター・ホー)、邱澤(ロイ・チウ)、陳怡蓉(タミー・チェン)が所属する事務所Dorianが、オフィシャルFCを発足。1月31日にメンバー17人が来日し、ファンとの交流会が行われました。
ファンクラブの会員と一般客、そして取材のマスコミで、会場はあふれんばかりの熱気です。
何と言っても、所属タレントが17人で来日というのは前代未聞。ピーターをはじめ台湾のイケメン&美女がずらりと並んだステージ上は壮観でした。
挨拶もそうですが、ファンからの質問に全員が順番で答えていくので、時間もかかる。(^o^)
日本の食べ物で好きなものは、カニ、刺身、寿司というのが多かったですね。
ピーターは『牛丼、卵ふたつ!』と、すっかり日本通。2月5日から公開される「着信アリ2」で流ちょうな日本語でビックリすると思いますが、この上達ぶりはすごいですね。

何潤東(ピーター・ホー)、邱澤(ロイ・チウ)、陳怡蓉(タミー・チェン)があらかじめ予約した方達と記念写真を撮っている間、他のメンバーは客席に降りて直接の交流タイム。
あちこちで写真やサインというこれまた珍しい光景ですが、混乱する事もなく和気あいあいという感じでした。
最後は、何潤東(ピーター・ホー)、邱澤(ロイ・チウ)、陳怡蓉(タミー・チェン)が全員と握手してお別れ。
この後ドラマ「ラベンダー」のDVD発売記念トークショーや、取材、そしてピーターは「着信アリ2」の初日舞台挨拶と、忙しい毎日ですが、日本で休日を楽しむこともできるようです。

文化放送では、2月19日(日)の深夜2:30〜3:00「四ツ谷二丁目宣伝部 」という番組で、韓流の次は台湾!ということで、台湾エンターテインメントを盛り上げるべく、現状と展望、スターの紹介を盛り込んだ特別企画「加油!台湾(仮題)」を放送します。
ここに何潤東(ピーター・ホー)、邱澤(ロイ・チウ)、陳怡蓉(タミー・チェン)が出演します。
また、BSQR3月放送「楽音潮流シネマンボ」でも、同じく3人が登場しますので、ぜひお聞き下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月23日 - 2005年1月29日 | トップページ | 2005年2月13日 - 2005年2月19日 »