« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/28

郭品超(ディラン ・クォ)に電話インタビュー!

Blacknight先日、「アウトサイダー〜闘魚〜」のプロモーションで初来日した、台湾の人気スター郭品超(ディラン ・クォ)ですが、現在はドラマの撮影の為上海にいます。
そのディランに、28日の夕方、国際電話でインタビューしました。

メインは6月に公開される「BLACK NIGHT」の話ですが、まずは上海の様子から。
「諜影蔵龍之精武飛鴻」という、霍元甲(フォ・ユ ァンジア)と黄飛鴻(ウォン・フェイフォン)の門下に入った二人の若者の話のようで、これをディランと何潤東(ピーター・ホー)が演じます。
長身の二人ですから、その武闘姿は、さぞかっこいいでしょうね。
ディランのシーンは来週から撮影なので、今は準備中ということです。

続きを読む "郭品超(ディラン ・クォ)に電話インタビュー!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

王力宏(ワン・リーホン)コンサート 写真アップしました!

4月22日の「王力宏(ワン・リーホン)コンサート!」の記事に、主催者から届いた写真を追加しました。
ご覧になって下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/27

ゲストは元気G-Boys、「セモアカバーコレクション」の紹介も!

0323g-boys「Weekly Asia Box」4月28日からの放送内容

王力宏(ワン・リーホン)のジャパンツアーが終わりましたが、今度は呉建豪(ヴァネス・ウー)初のソロライブが、東京で行われることになりましたね。
7月8日(土)9日(日)の2日間、東京国際フォーラムAで開催されます。
近々記者発表がありますので、その様子は即日アップでお知らせします。

さて、4月28日からの「Weekly Asia Box」は、台湾の美少年グルーブ「元気G-Boys」がスタジオに来てくれましたので、楽しい彼らのゲストトークと、デビューアルバムから曲もお届けします。

続きを読む "ゲストは元気G-Boys、「セモアカバーコレクション」の紹介も!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/26

「胡同のひまわり」張楊(チャン・ヤン)監督と主演の子役張凡(チャン・ファン)来日

0425futon1失われていく北京の街並み「胡同(フートン)」。そこに生きる 画家親子の愛と感動の物語「胡同のひまわり」の公開を前に、張楊(チャン・ヤン)監督と主演の子役張凡チャン・ファン)が来日しました。
25日、都内で行われた記者会見は、イケメンスターに女性誌やムック本の記者が大勢詰めかける華やかなものとは違い、とても落ち着いた雰囲気でした。
決して広い会場ではありませんが、取材陣はぎっしり。テレビでお馴染みのニュースキャスターの顔も見え、この作品の注目度の高さがわかります。

続きを読む "「胡同のひまわり」張楊(チャン・ヤン)監督と主演の子役張凡(チャン・ファン)来日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/22

王力宏(ワン・リーホン)コンサート!

060421leehon3「王力宏蓋世英雄日本演唱會2006」が4月18日の愛知厚生年金会館を皮切りに、19日大阪厚生年金会館、そして21日は東京、NHKホールで行われました。
最終日の東京公演を取材してきましたが、客席は韓国、台湾、香港から駆けつけたファンも交え、大変な熱気です。
幕が開く前、客電か落ちたらすぐに一階席は全員総立ち。

続きを読む "王力宏(ワン・リーホン)コンサート!"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/04/21

元気G-Boysのムービーを携帯で!

0421genki台湾で人気上昇中の美少年グループ元気G-Boysが、4月28日からと5月5日からの2週にわたって「Weekly Asia Box」に出演しますが、3人のそれぞれのご挨拶ムービーが4月26日(木)正午からお持ちの携帯で見ることができます。
そして、4月28日(土)の午後5時からは、3人一緒のポスタープレゼント用ムービーが追加。
モバイル文化放送トップページに、ポスタープレゼント用の応募フォームのリンクが表示されますので、そこから応募してくださいね!

とにかく、可愛いです!
文字通り、元気です!
みんな、いい子です!

お持ちの携帯電話のメニューから、「ラジオ」→「AM」→「文化放送」とアクセスして下さい。
そして、「Weekly Asia Box」では彼らのデビューアルバムから曲もお届けしますので、ぜひお聞き下さい。

文化放送インターネットラジオBBQR

Podcast QR

元気G-Boysの日本事務所セルワールドエンタテイメントhttp://www.cel-w-e.com/index.htm

3月23日の記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/20

カン・ドンウォンとペ・ドゥナのエピソード

「Weekly Asia Box」4月21日からの放送内容

「Reserve Seat」は、初夏に公開になる「春の日のクマは好きですか?」に主演したペ・ドゥナが登場します。
インタビューカットに加えて、アジア映画コーディネーターの高橋紀子さんが語る来日エピソードもあります。
また、「Release Information」では、21日に公開の「デュエリスト」の来日会見から、カン・ドンウォンとハ・ジウォンの声をお届けします。そして、これまた高橋紀子さんの語るエピソードは、ファンなら必聴!

聴取方法:以下のどちらでも同じものを送信。4月14日のお昼過ぎに更新します。
文化放送インターネットラジオBBQR
Podcast QR

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/04/18

「デュエリスト」カン・ドンウォン来日会見!

0417duelist4月22日から公開の韓国映画「デュエリスト」の主演カン・ドンウォンとハ・ジウォン、イ・ミョンセ監督が来日、17日に都内のホテルで記者会見を行いました。
次回作の為に丸刈りにしたというカン・ドンウォンは、髪がやや伸びてにこやかに登場。ハ・ジウォンも清楚ないでたちで終始笑顔を絶やしません。

続きを読む "「デュエリスト」カン・ドンウォン来日会見!"

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006/04/13

「Weekly Asia Box」4月14日からの放送内容

「Flash!Asia」では、「第25回香港電影金像賞」とワースト映画を選ぶ「ラジー賞」の香港版「第一回金話梅電影選舉(Golden Prune Award)」の結果を。
この二つを比べてみると、とても面白いですよ!
「Reserve Seat」は、2004年に台湾で大ヒットしたドラマ「アウトサイダー〜闘魚〜」に主演して大ブレイクした、郭品超(ディラン・クォ)の魅力を、来日会見とトークショーのレポートで伝えます。
また、番組でのインタビューもお楽しみに!
「Release Information」は、チェ・ジウが主演して話題の韓国映画「連理の枝」をご紹介します。
来日会見よりチェ・ジウとチョ・ハンソンの声を、キム・ソンジュン監督インタビューより、リスナーの皆さんへのメッセージをお伝えします。

聴取方法:以下のどちらでも同じものを送信。4月14日のお昼過ぎに更新します。
文化放送インターネットラジオBBQR
Podcast QR

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/12

陳慧琳(ケリー・チャン)お姫様ルックでカナダに登場!

0412kelly1陳慧琳(ケリー・チャン)は、先日カナダでワールドツアーを再開、三回目のトロントで開かれたコンサートは、いち早く売り切れました。
当夜のファンの反応は熱烈で、ラストナンバーの時はファンと一緒に歌い踊り、盛り上がりは最高潮だったそうです。

続きを読む "陳慧琳(ケリー・チャン)お姫様ルックでカナダに登場!"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/04/11

郭品超(ディラン・クォ)インタビュー!

0411dylan台湾ドラマ「アウトサイダー〜闘魚〜」 の日本放映に伴って来日した郭品超(ディラン・クォ)に、11日、女性誌と華流.netとの3社合同インタビューを行いました。
会見とトークショーでは白が基調でしたが、この日は黒のシャツ。モノトーンがディランの端正な顔立ちを際立たせ、とにかく格好いいです。

続きを読む "郭品超(ディラン・クォ)インタビュー!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

郭品超(ディラン・クォ)来日会見!

0410dylan2話題の台湾ドラマ「アウトサイダー〜闘魚〜」 の日本放映に伴い、郭品超(ディラン・クォ)が来日、10日に都内のホテルで記者会見と、トークショーが行われました。
昨年から続々台湾スターが来日していますが、今か今かと待たれていたのが、この郭品超(ディラン・クォ)です。
白いシャツにジーンズで登場したディラン、187センチの長身に端正な顔は、会場を圧倒。
昨年台湾金鐘奨のレッドカーペットで見た時よりも、更に格好良くなっていました。

続きを読む "郭品超(ディラン・クォ)来日会見!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/08

第25回香港電影金像奬決定!

香港電台のインターネットラジオを聞きながら、お伝えしました。
「如果・愛」が6部門、「黒社会」が4部門、しかし、「黒社会」は主演男優賞、監督賞、作品賞と主要部門を独占という結果でした。
助演男優賞の黄秋生(アンソニー・ウォン)と新人賞の周杰倫(ジェイ・チョウ)は、向かうところ敵なし。金馬賞と金像賞の両方獲得という快挙ですね。
受賞作やノミネート作の中で、「殺破狼」「七剣」「頭文字D」「無極」「神話」はすでに日本で公開済み、「如果・愛」「黒社会」「三岔口」「早熟」「可可西里(ココシリマウンテンパトロール)」は、これから公開が予定されていますので、楽しみですね。

以下、受賞結果。発表順です。

◆最佳新演員
周杰倫「頭文字D」

◆新晋導演奨
畢國智「海南雞飯」

◆最佳服装造型設計
奚仲文、呉里[王路]「如果・愛」

◆最佳美術指導
奚仲文、黄炳耀「如果・愛」

◆最佳動作設計
甄子丹「殺破狼」

◆最佳音響効果
曾景祥「頭文字D」

◆最佳亜州電影
可可西里(ココシリマウンテンパトロール)「中国」

◆最佳剪接
邱志偉「三岔口」

◆最佳視覺効果
黄宏顯、黄宏達、張仲華「頭文字D」

◆最佳攝影
鮑徳熹「如果・愛」

◆専業精神奨
汪長智

◆最佳原創電影音楽
金培達、高世章「如果・愛」

◆最佳原創電影歌曲
如果・愛「如果・愛」張學友

◆最佳編劇
游乃海、葉天成「黒社会」

◆最佳男配角
黄秋生「頭文字D」

◆最佳女主角
毛舜[竹/均]「早熟」

◆最佳女主角
周迅「如果・愛」

◆最佳導演
杜[王其]峰「黒社会」

◆最佳男主角
梁家輝「黒社会」

◆最佳電影
「黒社会」監製:羅守耀、杜[王其]峰

※ノミネート一覧は、2月9日の記事をご参照下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

「風のファイター」ヤン・ドングン来日!

0407fighter3月にオープンしたシネマート六本木で行われている「韓流シネマ・フェスティバル2006 」の最終日に、「風のファイター」の主演ヤン・ドングンが来日しました。
まずは会場を埋め尽くしたお客様へ、共演平山あやと共に舞台挨拶。客席からかかる声に気軽に応じて、とてもなごやかな交流でした。
スケジュールの関係で参加することのできなかった加藤雅也から、楽しいビデオメッセージも届き、ヤン・ドングンは会場の皆さんに、『祝福します。』という日本語のメッセージで締めました。

続きを読む "「風のファイター」ヤン・ドングン来日!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/07

「連理の枝」キム・ソンジュン監督インタビュー

0406kim4月15日から公開になる韓国映画「連理の枝」のジャパンプレミアが、6日に東京国際フォーラムで行われました。
主役のチェ・ジウ、チョ・ハンソン、キム・ソンジュン監督、そして主題歌を歌うシン・スンフンが舞台挨拶に登場して、会場はたいへんな賑わいだったそうです。
実は、この舞台挨拶の前に、楽屋でキム・ソンジュン監督にインタビューしました。
この企画をプロデューサーに提案して監督デビューということになったのですが、その熱意とパワーは内に収めているのでしょうか、とっても物静かな素敵な方でした。

続きを読む "「連理の枝」キム・ソンジュン監督インタビュー"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006/04/02

余文楽(ショーン・ユー)と彭于晏(エディ・ポン)が来日!

柴門ふみの名作を台湾でドラマ化した「あすなろ白書」のDVDリリースに伴い、余文楽(ショーン・ユー)と彭于晏(エディ・ポン)が来日、5月25日にお台場でファンミーティングを開くそうです。

日時:5月25日(木) 18:00〜
場所:お台場メディアージュ6F  スタジオドリームメーカー

手作りの応援グッズで、ぜひ盛り上げてくださいね!
詳しくは公式ブログと、4月25日発売のシネマート2号誌上をご覧下さい。

続きを読む "余文楽(ショーン・ユー)と彭于晏(エディ・ポン)が来日!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/01

「Weekly Asia Box」リニューアル!!

BSQRでご好評いただいていた「Weekly Asia Box」が、4月7日からインターネットラジオ「BBQR」と、i-podなどの携帯音楽プレーヤーで聞くことのできる「PodcastQR」で、ワールドワイドにリスナーサービスを広げます。
権利の関係で、楽曲をお届けすることは少なくなりますが、熱のこもったトークをお楽しみ下さい。
そして、番組に関することも、このブログでお伝えしていきますので、どうぞごひいきに!!

続きを読む "「Weekly Asia Box」リニューアル!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »