« 「華流IDOL NIGHT2006」開催! | トップページ | 朱孝天(ケン・チュウ)と李威(リー・ウェイ) »

2006/05/16

「グエムル-漢江(ハンガン)の怪物-」公開決定!

0516韓国の奇才、ポン・ジュノ監督が監督& 共同脚本を手がける超大作「グエムル-漢江の怪物-」の日本公開が、9月2日(土)より、有楽町スバル座ほか東宝洋画系にて全国超拡大ロードショーに決定しました。
本年度カンヌ国際映画祭、監督週間部門にて世界初上映。7月に韓国公開されるこの作品は、主演が韓国No1俳優ソン・ガンホ、「ロード・オブ・ザ・リング」のクリーチャー クリエイティブチームが怪物<グエムル>のキャラクター製作を担当。製作費12億円の超大作です。

『私は高校のとき、漢江で怪物を見た。
高校時代、ジャムシル大橋の柱を這い上がっている不思議な怪物を目撃して衝撃を 受けたことがあります。その後、映画監督になったら必ずこれを映画にしようと、固く決心 しました。』
ポン・ジュノ監督

ソウルの中心を流れる漢江の河川敷で売店を営むパク一家。家長のヒボン(ピョン・ヒボン)は、 無職でさえない長男のカンドゥ(ソン・ガンホ)、次男ナミル(パク・ヘイル)、長女ナムジュ (ペ・ドゥナ)、そしてカンドゥの一人娘の中学生ヒョンソ(コ・アソン)と共に暮らしていた。
ある日、民衆が憩う漢江の河川敷に突如出現した正体不明の巨大生物。多数の見物人を襲って姿を くらましたこの怪物<グエムル>に、カンドゥも騒動の中、一緒にいたヒョンソをさらわれて しまう。数日後、韓国政府は<グエムル>が到死性のある危険な伝染病ウィルスの宿主だという 声明を発表。ヒョンソを失ったパク一家ら生存者たちは、強制的に病院へ隔離されてしまう。
その夜突然、カンドゥのもとにヒョンソの携帯電話から着信がある。一人娘の生存を信じる カンドゥは家族全員で病院から逃亡し、完全封鎖された漢江へと向う。
目の前に突如現れた<グエムル>。果たして家族は、ヒョンソを助けることができるのか。 そして<グエムル>を倒すことができるのか!?

「グエムル-漢江(ハンガン)の怪物-」
怪物(原題) THE HOST(英題)
9月2日(土)より、有楽町スバル座ほか東宝洋画系にて全国超拡大ロードショー
監督:ポン・ジュノ
出演:ソン・ガンホ ペ・ドゥナ ピョン・ヒボン パク・ヘイル
配給:角川ヘラルド映画

|

« 「華流IDOL NIGHT2006」開催! | トップページ | 朱孝天(ケン・チュウ)と李威(リー・ウェイ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45427/10095748

この記事へのトラックバック一覧です: 「グエムル-漢江(ハンガン)の怪物-」公開決定!:

» walk the dog [weblog : nozacs]
今月は仕事の都合で朝早く犬の散歩。 近所をめぐるごく短いコースなのだけど、犬を飼っているほかの家の前ではよく吠えられる。うちの犬、パグは散歩中はまったく吠えないのに。犬... [続きを読む]

受信: 2006/06/05 07:20

« 「華流IDOL NIGHT2006」開催! | トップページ | 朱孝天(ケン・チュウ)と李威(リー・ウェイ) »