« 中国ドラマの魅力と「戦神〜MARS〜」 | トップページ | F4 Music World開催! »

2006/07/03

邱澤(ロイ・チウ)感涙のファンミーティング!

0702roy1兵役前最後の公式来日の最終日、台湾のスター邱澤(ロイ・チウ)は、六本木オリベホールで記者会見ととファンミーティングを行いました。
秋にリリースされる主演ドラマ「君を守りたい」「風の舞う場所」のDVD、プライベートDVD「ROY CHIU ロイ・チウ」、「ロイ・チウ フォトマガジン」のことを順番に聞き、DVDの監督には、自分をわかってもらう為に一曲作り、それを渡したそうです。ロイらしいコミュニケーションですね。
そして、その曲はDVDの中でも使われているそうです。

0702roy2会見の最後には、初の試みでしょう、マスコミに向けてのプレゼント抽選会がありました。受付で出した名刺を抽選箱に入れて、それをロイがひくというもの。5人に切手シートが、一人にサイン入りのTシャツが当たったのですが、なんとうちのレポーターが切手シートをゲットしました!
もちろん、これは皆さんへのプレゼントにしますので、番組をお聞き下さいね。

0702roy3そして、午後3時からはファンミーティングです。
客席から登場してステージに上がりファンの皆さんを見た瞬間、ロイの目が潤みました。
まずはご挨拶、ということだったのですが、胸が詰まって声になりません。ロイの心中を思うと、こちらまで胸が熱くなります。
質問タイム、ドラマに関するクイズ、ロイマニアッククイズに加えて、ファンの皆さんの為のフォトセッションもありました。ロイは客席に降りていき、後ろの方で携帯やデジカメを構える皆さんにもちゃんとサービス。あと少しというカウントダウンが始まると、再び客席に降りて行く心遣いに、皆さんも感激したのではないかと思います。
そして、公式サイトでも告知されていたファンからの歌のプレゼント「夏の終わりのハーモニー」になると、感極まって後ろを向いて涙をぬぐうロイ。でも、すぐに皆さんの気持ちに答えるべく、一緒に大きな声で歌い、取材している私たちもうるうるしてしまいました。
その後、ロイから心のこもった挨拶が終わると、休憩をはさんで全員との握手タイム、皆さんからの熱いメッセージがぎっしり書かれたフラッグを持ち、客席で全員での記念写真撮影が行われました。
3時間近くに及ぶファンとの交流で、沢山の愛をもらったロイ、万感の思いでステージを去って行ったようです。
1年4ヶ月後、『お帰りなさい!』と笑顔で迎える日を楽しみにしています。

ロイの動向は、公式サイトでチェックしてくださいね!

この会見の模様は、単独インタビューと合わせて7月21日からのインターネットラジオ「BBQR」「PodcastQR」の「Weekly Asia Box」で一部を。
同時期にインターネットラジオ「BBQR」の「アジアンパラダイス」 では、ノーカットで送信します。
皆さんへのご挨拶を収録した携帯ムービーも実施。
そして、近々詳細をお知らせしますが、AM文化放送でも放送予定です。
どうぞお楽しみに!

|

« 中国ドラマの魅力と「戦神〜MARS〜」 | トップページ | F4 Music World開催! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45427/10767001

この記事へのトラックバック一覧です: 邱澤(ロイ・チウ)感涙のファンミーティング!:

» ロイ・チウファンミーティング [君の居ない日の三日月。]
「僕は9月に軍隊に行きます」 彼がそう日本語で発した時。 「兵役」というものの重さを感じた。 でもそれは、あくまでも感じただけのことであって。 分かったわけじゃない。 軍隊という場所はなにをしに行く場... [続きを読む]

受信: 2006/07/03 01:44

» ロイ・チウファンミーティング [君の居ない日の三日月。]
「僕は9月に軍隊に行きます」 彼がそう日本語で発した時。 「兵役」というものの重さを感じた。 でもそれは、あくまでも感じただけのことであって。 分かったわけじゃない。 軍隊という場所はなにをしに行く場... [続きを読む]

受信: 2006/07/03 01:49

» ロイ・チウファンミーティング [君の居ない日の三日月。]
「僕は9月に軍隊に行きます」 彼がそう日本語で発した時。 「兵役」というものの重さを感じた。 でもそれは、あくまでも感じただけのことであって。 分かったわけじゃない。 軍隊という場所はなにをしに行く場... [続きを読む]

受信: 2006/07/03 01:52

« 中国ドラマの魅力と「戦神〜MARS〜」 | トップページ | F4 Music World開催! »