« 「百年恋歌」特集と「王の男」の会見レポート | トップページ | 「ドラゴン・スクワッド」特集と李仁港(ダニエル・リー)監督のインタビュー! »

2006/10/10

第51回アジア太平洋映画祭の香港・台湾参加作品

1009yeyan毎年アジア各地で順番に開催する「アジア太平洋映画祭」、一昨年は日本の福岡、昨年はマレーシアのクアラルンプール、そして今年は11月24日に台湾の台北で行われます。
先日香港からの参加作品が発表されましたので、台湾の作品とあわせてご紹介します。

香港からは、成龍(ジャッキー・チェン)、古天楽(ルイス・クー)のアクションコメディ「寶貝計畫(Rob B Hood)」。
金城武、張學友(ジャッキー・チュン)主演の「如果、愛(日本公開タイトル:ウインターソング)」、章子怡(チャン・ツイィー)と周迅(ジヨウ・シュン)の「夜宴(The Banquet)」、劉徳華(アンディ・ラウ)の辛口ファンタジー「童夢奇縁(Waitユtil Youユre Older)」、杜[王其]峰(ジョニー・トー)監督の「黒社会(Election)」の5作品です。
10年ぶりの長編のメガホンをとった陳可辛(ピーター・チャン)監督は、「ウインターソング」が香港から参加できることを、うれしく、そして光栄に思うと語っています。
「双雄(日本公開タイトル:ヒロイック・デュオ)」「香港国際警察」「三岔口(日本公開タイトル:ディバージェンス)」に続いて「寶貝計畫 (Rob B Hood)」が4度目の参加となる陳木勝(ベニー・チャン)監督は、これまでの3回は開催地の関係で行かれなくて、今回も次のアクション映画の撮影中になるので、まだ出席できるかどうかわからない、ということでした。
馮小剛(フォン・シャオガン)監督の「夜宴(The Banquet)」については、映画会社の代表が、この作品はアカデミー外国語賞に香港代表としてエントリーしているので、「インファナルアフェア」のようにハリウッドでリメイクされることを望んでいる、とコメントしていました。

一方台湾の方は、アイドルを使ったテレビドラマ「薔薇のために」「いたずらなkiss」で売れっ子の瞿友寧(チー・ヨウニン)監督の心温まる冒険ファンタジー「英勇戰士姑娘(Like a hero)」。光良(マイケル・ウォン)が主演、ヒロインは曾志偉(エリック・ツァン)のお嬢さんの曾寶儀(ツァン・ボウイー)です。
一昨年の「狂放」、今年は「盛夏光年(日本上映タイトル:永遠の夏)」で東京国際映画祭の常連になりました、陳正道(レスト・チェン)監督のホラー映画「宅變(THE HEIRLOOM)」。
そして昨年の東京国際映画祭で上映された「巧克力重撃日本上映タイトル:チョコレートラップ)」、日本で一般公開もされました「人魚朶朶(日本公開タイトル:靴に恋する人魚)」と「深海」。
お馴染みの作品が並びました。
短編では、先日幕張で行われた「アジア海洋映画祭」で上映された「海巡尖兵(日本上映タイトル:海岸巡視兵)」、頼雅妍(メーガン・ライ)主演の「生命狂想曲」ほか。
どの作品がグランプリをとるのか、楽しみですね。

|

« 「百年恋歌」特集と「王の男」の会見レポート | トップページ | 「ドラゴン・スクワッド」特集と李仁港(ダニエル・リー)監督のインタビュー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45427/12221893

この記事へのトラックバック一覧です: 第51回アジア太平洋映画祭の香港・台湾参加作品:

« 「百年恋歌」特集と「王の男」の会見レポート | トップページ | 「ドラゴン・スクワッド」特集と李仁港(ダニエル・リー)監督のインタビュー! »