« 最優秀アジア賞に「父子」!東京国際映画祭最終日 | トップページ | 東京国際映画祭取材日記 »

2006/11/02

「ウインター・ソング」特集と「ASIAN NEXT PAX MUSICA 2006」レポート!

1101vannessWeekly Asia Box」11月3日からの放送内容

東京国際映画祭が終わり、東京さくらグランプリにはフランス映画の「OSS 117 カイロ、スパイの巣窟」が選ばれました。
審査員特別賞に、中国映画の「十三の桐」、そして、最優秀アジア映画賞は香港映画の「父子」が獲得、さらに「父子」は、最優秀芸術貢献賞とのダブル受賞でした。
授賞式では、17年ぶりにメガホンをとった、伝説の監督パトリック・タムと、ヒロインのチャーリー・ヤンが本当にうれしそうにトロフィーを受け取っていました。

1101paxさて、「Weekly Asia Box」11月3日からの放送内容です。

「Flash!Asia」は、10月26日と27日の2日間、東京国際フォーラムホールAで行われました、「ASIAN NEXT PAX MUSICA 2006」のレポート。
「Reserve Seat」は11月11日から公開の香港映画「ウインターソング」の特集です。
情報コーナー「Release Information」では公開中の台湾映画「百年恋歌」の侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督が緊急来日、単独インタビュートDVD「Roy Chiu ロイ・チウ」をご紹介します。

そして、素敵なプレゼントともありますので、ぜひお聞き下さい。

聴取方法:以下のどちらでも同じものを送信。
文化放送インターネットラジオBBQR11月3日の昼頃更新。
Podcast QR11月3日の夕方更新。
同時期の「アジアンパラダイス」では、陳可辛(ピーター・チャン)監督と周迅(ジョウ・シュン)、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督の単独インタビュー・ノーカットバージョンを送信します。

そして、以下のAM放送で60分バージョンの番組には、「Pickup Artist」が加わっています。11月3日はビビアン・スースペシャル。

秋田放送(日)21:00〜22:00
山形放送(日)20:00〜21:00
山陰放送(日)20:00〜21:00

|

« 最優秀アジア賞に「父子」!東京国際映画祭最終日 | トップページ | 東京国際映画祭取材日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45427/12522223

この記事へのトラックバック一覧です: 「ウインター・ソング」特集と「ASIAN NEXT PAX MUSICA 2006」レポート!:

» 百年恋歌 [ショウビズ インフォメーション]
台湾の名匠ホウ・シャオシェン監督が、1911年、1966年、2005年という3つの時代に生きる3組の男女の切ない愛の行方を描いたオムニバス・ラブ・ストーリー。 「ミレニアム・マンボ」「トランスポーター」のスー・チー... [続きを読む]

受信: 2006/11/03 15:27

» 「ウィンター・ソング」華流の復活は遠い? [映画コンサルタント日記]
「ウィンター・ソング」オープニング土日興収1760万円。金城武「LOVERS」( [続きを読む]

受信: 2006/11/15 08:42

« 最優秀アジア賞に「父子」!東京国際映画祭最終日 | トップページ | 東京国際映画祭取材日記 »