« 2006年7月30日 - 2006年8月5日 | トップページ | 2006年8月13日 - 2006年8月19日 »

2006/08/12

『春がくれば』トークショー&プレゼント付特別試写会にご招待!

Springtime_1韓国の国民的俳優と言えばこの人! 『オールド・ボーイ』や『親切なクムジャさん』で、日本でも高い評価を受けているチェ・ミンシク主演『春がくれば』『クライング・フィスト泣拳』の2作品のDVDリリースが決定しました。
「WeeklyAsiaBox」ではこれを記念して、トークショー&プレゼント付『春がくれば』の試写会を行い、抽選で50組100様をご招待します!!

日時:2006年9月7日(木) 18時30分開場 19時開演
会場:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント試写室
東京都中央区明石町 8-1 聖路加タワー1F
応募:http://www.joqr.co.jp/bunca_net/present/index01_060801.htmlからどうぞ。
応募締切:2006年8月24日(木)24時タイムスタンプ有効
当選発表:厳正な抽選のうえ、発表は、当選者への招待状の発送を持って代えさせて頂きます。

『春がくれば』
交響楽団のメンバーになるという夢を叶えられないまま、長年の恋人とも別れ、 歳を重ねてしまったトランペット奏者ヒョヌ(チェ・ミンシク)が、落ち込んだ気持ちを変えようと、 小さな炭鉱町の中学校で臨時音楽教師となります。
そこでいろいろな人々と出会い… 人生って思うように進まない!でもそんな人生も悪くない。
全ての人に捧げる珠玉の感動作です。

監督:リュ・ジャンハ
主演:チェ・ミンシク キム・ホジュン
『春がくれば デラックス・コレクターズ・エディション』
9月6日リリース 4,179円 (DVD2枚組)
発売・販売:㈱ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト::http://www.joqr.co.jp/bunca_net/present/index01_060801.html

Cryingfist『クライング・フィスト泣拳』
監督リュ・スンワンの実の弟、韓国映画界の新鋭『アラハン』のリュ・スンボムが、 チェ・ミンシクと実際にボクシングでガチンコ勝負をした話題作!
チェ・ミンシク演じるテシクのモデルは、日本で実際“殴られ屋”という職業をしていた晴留屋明。
リュ・スンボム演じるサンファンのモデルは、韓国の少年院でボクシングと出会い、現在“韓国のタイソン”と呼ばれるソ・チョル。
この2人が実際に勝負をしたらどうなるか?という発想から生まれた物語です。
人生のどん底にいる2人の勝負の結末は?世界中が涙した最上級の人間ドラマです。

監督:リュ・スンワン
主演:チェ・ミンシクリュ・スンボム
『クライング・フィスト泣拳 デラックス・コレクターズ・エディション』
9月27日リリース 4,179円(DVD2枚組 )
発売・販売:㈱ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
第58回カンヌ国際映画祭 国際批評家連盟賞受賞
大鐘賞(韓国アカデミー賞)審査員特別賞受賞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/11

183Clubファーストアルバムリリース記念サイン会!

0808183club先日「第1回WCBFチャリティ芸能人対抗国際親善野球大会」の台湾チームに、メンバーのサム、ジョニー、ユーロンが参加した183Club、待望のファーストアルバムが8月4日に発売されました。
当日は、台北の市政府市民広場でリリース記念のイベントとサイン会が行われ、取材に行って来ました。市政府市民広場というと、「流星花園」のロケ地としてご存じの方も多いと思います。
夜6時の開始予定なので、別のインタビューが終わってあわてて会場へ向かいましたが、全然始まる様子はなし。さすが、南国時間ですね。(^o^)
ステージには大きなバックパネルが飾られ、新曲が繰り返し流れています。ファンもわかっているのか、みんなあわてる様子もなく集まり、徐々に埋まっていきました。近くにはCDショップのワゴンが出ていて、そこで購入してサインをしてもらうようです。

続きを読む "183Clubファーストアルバムリリース記念サイン会!"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/08/10

「愛と死の間で」劉徳華(アンディ・ラウ)特集

0809andyWeekly Asia Box」8月11日からの放送内容

6日に香港の新城電台(Metro Radio)が主催する北京語の音楽賞の授賞式が行われ、香港、台湾、大陸の歌手が集まりました。
結果は、香港の劉徳華(アンディ・ラウ)と台湾の蔡依林(ジョリーン・ツァイ)、S.H.Eが5つずつトロフィーを獲得し、羅志祥(ショー・ルオ)がそれに続きました。
ゲストにはハーレム・ユー、カンタ&ヴァネス、FIRも参加して、華やかなステージだったそうです。
音楽ではどうしても台湾が一歩リードする形になりますが、その中でも奮闘している香港の劉徳華(アンディ・ラウ)。長い間第一線で活躍して、香港映画界を支える重要なポジションである上に、音楽でも台湾の若手を相手に堂々の勝利、さすがですね。

さて、「Weekly Asia Box」8月11日からの放送内容です。

「Flash!Asia」では、台湾取材から183Club待望のファーストアルバムリリース記念のイベントとサイン会の模様、映画、テレビ、舞台で活躍する台湾を代表する俳優戴立忍(レオン・ダイ)のインタビューの周辺話題をご紹介します。

「Reserve Seat」は、8月12日から公開される劉徳華(アンディ・ラウ)主演の香港映画「愛と死の間で」の特集です。
記者会見の模様、単独インタビューを織り交ぜてお届けします。

情報コーナー「Release Information」では、韓国映画「力道山」のDVDご紹介と、チェ・ミンシク主演の韓国映画「春が来れば」のDVDリリース記念特別試写会のお知らせです。

聴取方法:以下のどちらでも同じものを送信。8月11日のお昼過ぎに更新します。

文化放送インターネットラジオBBQR

Podcast QR

※劉徳華(アンディ・ラウ)の単独インタビューと会見のノーカットバージョンは、文化放送インターネットラジオBBQRPodcast QRの同時期の「アジアンパラダイス」で送信します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年7月30日 - 2006年8月5日 | トップページ | 2006年8月13日 - 2006年8月19日 »