« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/31

「アジアン!プラス」でメール受付開始!

Asianplus2001501002月5日(月)からスタートする文化放送の地上デジタル放送「アジアン!プラス」では、本日より皆様からのリクエストメールを受け付けます。

asia@joqr.net

リクエスト曲や、もう一度聞きたいスターの声など、皆様の身の回りのアジア体験などを添えて、ぜひ送って下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/25

31日の朝日新聞に藤岡竜雄と「アジアン!プラス」が!

2月5日(月)より、文化放送の地上デジタル放送でスタートするア「アジアン!プラス」が、31日(水)の朝日新聞で紹介されます。
先日発表したアジアのエンターテインメントを紹介する大型番組「アジアン!プラス」は、お陰様で各方面からお問い合わせをいただいています。
そして、昨日朝日新聞の取材を受け、1月31日(水)朝刊の「ラジオアングル」という欄で紹介していただけることになりました。
取材は、文化放送のスタジオから台北に電話をつなぎ、記者の方が藤岡竜雄さんに質問をするという形でした。
スタジオのマイクに向かって話す為、『緊張します。』と記者さん。一方の藤岡さんは、ずうっと受話器を持って話していたので、終わったら『耳が痛くなりました。』と言っていました。(^o^)
この為に新たに写真を撮って送ってもらいましたので、記事とあわせて楽しみにしていて下さいね!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/01/24

イ・ビョンホンの記者会見と関谷元子さん&村田じゅん子さんのトーク番外編!

0124byonhon「Weekly Asia Box」1月26日からの放送内容

台湾のHITO-FMが主催する「HITO流行音楽奨」は、2月3日に発表と授賞式が行われますが、事前に行われたインターネット投票によると、周杰倫(ジェイ・チョウ)と蔡依林(ジョリーン・ツァィ)が男女それぞれのトップだったそうです。
昨年の授賞式では、別れたばかりのこの二人が並ぶのは気まずいだろうということで、あいだに王力宏(ワン・リーホン)が入るという演出でした。
今年はどのようになるのでしょうか。

さて、「Weekly Asia Box」1月19日からの放送内容です。

「Flash!Asia」は、映画「夏物語」のプロモーションで来日したイ・ビョンホンの記者会見の模様をお届けします。
「Pickup Artist」は、8年ぶりにニューアルバムを出す台湾の何潤東(ピーター・ホー)。
「Reserve Seat」は関谷元子さんと村田じゅん子さんのトーク番外編。言承旭(ジェリー・イエン)のインタビューと香港コロシアムで行われた F4のファーストコンサートの取材エピソードもあります。
情報コーナー「Release Information」では、韓国アートフィルム・ショーケース」、「愛と死の間で スペシャル・コレクターズ・エディション」と日韓合作映画「あなたを忘れない」を紹介。

聴取方法:以下のどちらでも同じものを送信。
文化放送インターネットラジオBBQR1月26日の昼頃更新。
Podcast QR1月26日の夕方更新。
同時期の「アジアンパラダイス」では、イ・ビョンホンの記者会見をノーカットで送信します。

秋田放送(日)21:00〜22:00
山形放送(日)20:00〜21:00
山陰放送(日)20:00〜21:00

※12月8日に発売されたデジタルラジオ対応携帯電話auの「W44S」では、文化放送の地上波デジタル放送「DigiQ+N93」をお楽しみいただけます。
「Weekly Asia Box」は、毎日リピート放送中!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/19

イ・ビョンホン「夏物語」のプロモーションで来日!

0119byonhon1月27日から公開の韓国映画、「夏物語」のプロモーションで、チョ・グンシク監督と主演コンビのイ・ビョンホンとスエが来日しました。
18日に都内で記者会見が行われ、午前中だったので、石川真紀が久々に取材して来ました。(売れっ子アナウンサーなので、夜は生放送、昼間もなかなか時間がないのです。

続きを読む "イ・ビョンホン「夏物語」のプロモーションで来日!"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

地上デジタル放送新番組「アジアン!プラス」!

0118dean文化放送は、2月5日(月)より、地上デジタル放送の第一次改編として、アジアのエンターテインメントを紹介する大型番組「アジアン!プラス」を放送します。

◆タイトル:「アジアン!プラス」(月〜木)
◆放送日時:2月5日(月)スタート 12:00〜14:00  16:00〜18:00(リピート)
◆出  演:石川真紀(文化放送アナウンサー)
ゲスト随時(来日スター、監督、アジアンエンタメ・ジャーナリスト)

◆タイトル:「アジアン!プラスα dean Tatsunami RADIO」(金)
◆放送日時:2月9日(金)スタート 12:00〜14:00  16:00〜18:00(リピート)
◆出  演:藤岡竜雄(俳優)
ゲスト随時(アジアのスター、監督、エンタメ&ファッション関係)

内容は、月〜木がエンターテインメント情報番組。
常に動き続けるアジアのエンタメをチェックして、音楽・映画・ドラマ・などの最新情報と最新の曲、話題に即した特集、そして来日スターの取材はもちろん、現地取材も積極的に行って盛り込んでいきます。
音楽は、アジアンポップスがメイン。
ナビゲーターは、「Weekly Asia Box」でおなじみの石川真紀がつとめます。

そして、金曜日は「アジアン!プラスα dean Tatsunami RADIO」と題して、アジアで活躍する俳優藤岡竜雄がナビゲートします。
藤岡竜雄については、このブログでも再三ご紹介してきましたが、日本語、英語、広東語、北京語の4つの言語を話すという強みに加え、演技をはじめ、音楽、ファッションなど様々なジャンルに才能を発揮する、ボーダーレスのアーチストです。
アジア各地から送る、藤岡竜雄の多彩な才能と好奇心を生かしたアジアンエンターテインメント番組。
音楽は、洋楽、J−POP、アジアンポップスなどオールジャンルです。

※文化放送の地上波デジタル放送「DigiQ+N93」は、デジタルラジオ対応携帯電話auの「W44S」でお楽しみいただけます。

| | コメント (2) | トラックバック (6)

2007/01/18

「墨攻」ジャパンプレミア!

0118bokkou2月3日に公開される中国・日本・香港・韓国の合作映画「墨攻」の監督とメインキャストが来日、16日に丸の内ピカデリー1でジャパンプレミアが行われました。
来日したのは、張之亮(ジェイコブ・チャン)監督、劉徳華(アンディ・ラウ)、アン・ソンギ、范冰冰(ファン・ビンビン)、撮影の坂本善尚監督も登壇しての、豪華なお披露目。

続きを読む "「墨攻」ジャパンプレミア!"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

「墨攻」の舞台挨拶と華流スターの撮影エピソード!

0117bokkou「Weekly Asia Box」1月19日からの放送内容

香港の年始めの恒例イベントは、トロフィーの数を争う音楽賞の授賞式です。
テレビ局とラジオ局あわせて4つのメディアが独自に行い、そこで獲得したトロフィーの数が一番多かった歌手が「勝者」となります。
これまで3つ行われ、最も権威あると言われる「十大中文金曲奨(Golden Melody Awards)」を残すのみとなりましたが、若手歌手の中で奮闘しているのが劉徳華(アンディ・ラウ)です。
映画界で俳優として、プロデューサーとしてフル回転しているにもかかわらず、「四大天王」の中では、唯一音楽賞戦線に残っています。
しかも、トロフィーの獲得数もトップを争う活躍ぶり。先日ゲストにお招きした関谷元子さんもおっしゃっていましたが、本当に頭が下がります。

さて、「Weekly Asia Box」1月19日からの放送内容です。

「Flash!Asia」は、2月3日に公開される中国・日本・香港・韓国の合作映画「墨攻」の監督とメインキャストによるジャパンプレミアの様子、そして朱孝天(ケン・チュウ)のファーストソロコンサート情報。
「Pickup Artist」は、台湾の"ヒップホップ王子"潘[王韋]柏(ウィルバー・パン)。
「Reserve Seat」は華流スターの写真を撮影しているフォトグラファーの福岡諒祠さんをお迎えして、撮影エピソードを伺います。
情報コーナー「Release Information」では、香港映画「エレクション」と韓国映画「マジシャンズ」を紹介。

聴取方法:以下のどちらでも同じものを送信。
文化放送インターネットラジオBBQR1月19日の昼頃更新。
Podcast QR1月19日の夕方更新。
同時期の「アジアンパラダイス」では、「墨攻」のジャパンプレミア舞台挨拶をノーカットで送信します。

秋田放送(日)21:00〜22:00
山形放送(日)20:00〜21:00
山陰放送(日)20:00〜21:00

※12月8日に発売されたデジタルラジオ対応携帯電話auの「W44S」では、文化放送の地上波デジタル放送「DigiQ+N93」をお楽しみいただけます。
「Weekly Asia Box」は、毎日リピート放送中!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/01/14

「DEAN from Asia 〜藤岡竜雄の素顔〜」今夜放送!

Dean_1
文化放送が日曜日夜8時から放送している「ザ・ステージ」では、1月14日に「DEAN from Asia 〜藤岡竜雄の素顔〜」を放送します。

ボーダーレスアジアの昨今、日本の芸能界から海外進出するのではなく、いきなり世界をフィールドにして活動する俳優やミュージシャンが出てきていますが、藤岡竜雄もその一人。
高校卒業後、シアトルに留学、その後2年間の香港を拠点とした活動を経て、現在は台北に在住し、藤岡竜雄、藤岡[青定]、Dean Fujiokaという三つの名前を持ち、アジア各地で俳優として活躍しています。

昨年10月に開催された東京国際映画祭で上映された香港映画「八月的故事」に出演、初めて日本の観客の前に姿を現しました。
この作品は、麥婉欣(ヤンヤン・マク)監督が「胡蝶」に続いて田原(ティェン・ユアン)を主役にした青春映画の秀作です。
この中で、ヒロインが想いを寄せる青年を演じたのが、端正な顔立ちの日本人俳優藤岡竜雄。台詞は北京語と広東語で、もちろん本人がしゃべっています。
繊細で透明感のある演技が印象的でした。

「流星花園〜花より男子」でF4をアジアのスターに育てた台湾の敏腕プロデューサー、柴智屏(アンジー・チャイ)は、次のスター候補として台湾で秋に放送されたドラマ「極道学園」に、藤岡竜雄を抜擢しました。
この人気で、公式サイト(英語・中国語・日本語)のメルマガ会員が急増、日本でもめざといファンが注目を始めています。
さらに、先日台湾で初回視聴率の記録を塗り替えた徐熙媛(バービー・スー)羅志祥(ショウ・ルオ)主演の新ドラマ「轉角遇到愛/corner with love」では、天才ピアニスト役で、ますます注目度が上がっています。

この番組では、台北で藤岡竜雄のロングインタビューを敢行。オフィスで、カフェで、そして街を歩きながら彼の素顔をお届けします。

「DEAN from Asia 〜藤岡竜雄の素顔〜」
出演 藤岡竜雄
2007年1月14日(日)20:00〜20:30「ザ・ステージ」枠

お聞きになった感想を、ぜひメールでお寄せ下さい。 asia@joqr.net

◆藤岡竜雄オフィシャルサイトhttp://www.deanfujioka.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/11

香港映画「龍虎門」邦題決定、GWに公開!

2006年に香港他アジア各地で公開された、甄子丹(ドニー・イェン)謝霆鋒(ニコラス・ツェ)主演の「龍虎門」の邦題が『かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート』に決まり、GWに公開されることになりました。

以下、リリースより。
最強の名を誇る道場「龍虎門(ドラゴン・タイガー・ゲート)」が破られ、看板が奪われた。
失われた誇りと仲間を取り戻す為、男はいま、己の拳だけで1対100の闘いに立ち向かう!
コミックらしいスピーディーな展開と分かりやすい勧善懲悪を柱に、正義と友情、そして勝利の三つ巴で贈る硬派な男たちの熱いストーリーがここに完成!
繰り広げられるド派手なアクション!観る者を魅了する必殺技の数々!
全て本物のセットの中、飛び散るコンクリ片や木片はもちろんリアル!!
香港で35年以上愛され続けている国民漫画「龍虎門」から抽出された最高のキャラクターと エピソード、『2046』の美術監督ウィリアム・チャンによる多彩な映像美、そして、『GHOST IN THE SHELL』 『DEATH NOTE デスノート』など日本の音楽シーンを常にリードし続けてきた川井憲次が手がける旋律。
すべてが画面からはみ出すほどの迫力で、観るものの心をヒートアップさせる!

『かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート』
GW、シネマGAGA!ほか全国ロードショー
監督:葉偉信(ウィルソン・イップ)
出演:甄子丹(ドニー・イェン)謝霆鋒(ニコラス・ツェ)余文楽(ショーン・ユー)
配給:ギャガ・コミュニケーションズ Powerd byヒューマックスシネマ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港映画とドラマの字幕翻訳の世界!

「Weekly Asia Box」1月12日からの放送内容

昨年の香港芸能界で一番のトピックは謝霆鋒(ニコラス・ツェ)と張柏芝(セシリア・チャン)の電撃結婚でしたが、先日セシリアが「夏に出産か!?」というニュースが新聞の紙面を飾りました。
結婚報道の時から憶測されていた話題ですが、どうやらニコラスのお父さん謝賢(パトリック・ツェ)がうれしさを隠しきれなかったことから出てきたようです。「香港で育てるのか?」という質問には、『それはニコラスが決めること』と答えたそうです。

さて、「Weekly Asia Box」1月12日からの放送内容です。

「Flash!Asia」は、台湾と韓国の新聞から「轉角遇到愛/Corner with Love」視聴率新記録、Rainのイメージが描かれた航空機が登場、周杰倫の初監督作品が間もなくクランクイン、というニュース。
「Pickup Artist」は、李[王文](ココ・リー)。
「Reserve Seat」は水田菜穂さんをお迎えして、香港映画とドラマの字幕翻訳の世界について伺います。
情報コーナー「Release Information」では、「愛と復讐の挽歌」「愛と復讐の挽歌 野望編」のDVDの字幕を担当した水田さんご本人から紹介していただきます。

聴取方法:以下のどちらでも同じものを送信。
文化放送インターネットラジオBBQR1月12日の昼頃更新。
Podcast QR1月12日の夕方更新。
同時期の「アジアンパラダイス」では、アンコールリクエスト第二位、言承旭(ジェリー・イエン)の記者会見をノーカットで送信します。

秋田放送(日)21:00〜22:00
山形放送(日)20:00〜21:00
山陰放送(日)20:00〜21:00

※12月8日に発売されたデジタルラジオ対応携帯電話auの「W44S」では、文化放送の地上波デジタル放送「DigiQ+N93」をお楽しみいただけます。
「Weekly Asia Box」は、毎日リピート放送中!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/03

2007年期待のアジアスター!

「Weekly Asia Box」1月5日からの放送内容

新年快樂!
ボーダーレスアジアが進むエンターテインメントの世界では、いきなりアジアデビューする日本人も出てきています。これからは、逆輸入という形で、彼らが日本へ活躍の場を広げてくるのかも知れません。
そんな中、今年期待のスターはどんな人達でしょうか。
先週に引き続き、POP ASIA編集長の関谷元子さんと、漫画家の村田順子さんをお迎えして、2007年のアジアンエンターテインメント界を占います。

今年公開が決まっている映画、製作中で日本公開を期待したい映画、ドラマについて、そしてお二人が一番期待するスターは?

聴取方法:以下のどちらでも同じものを送信。
文化放送インターネットラジオBBQR1月5日の昼頃更新。
Podcast QR1月5日の夕方更新。
同時期の「アジアンパラダイス」では、アンコールリクエスト第一位、鄭元暢(ジョセフ・チェン)合同インタビューをノーカットで送信します。

秋田放送(日)21:00〜22:00
山形放送(日)20:00〜21:00
山陰放送(日)20:00〜21:00

※12月8日に発売されたデジタルラジオ対応携帯電話auの「W44S」では、文化放送の地上波デジタル放送「DigiQ+N93」をお楽しみいただけます。
「Weekly Asia Box」は、毎日リピート放送中!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »