« 黄貫中(ポール・ウォン)、緊急追加ライブ!とインタビュー | トップページ | 香港映画祭オープニングセレモニー »

2007/10/21

桂綸[金美](グイ・ルンメイ)莫子儀(モー・ズーイー)インタビュー!

1020guimo東京国際映画祭初日の10月20日、「アジアの風」で台湾映画「遠い道のり(最遙遠的距離)」が上映され、監督の林靖傑(リン・チンチェ)、主演の桂綸[金美](グイ・ルンメイ)莫子儀(モー・ズーイー)が来日して、ティーチインを行いました。
「アジアン!プラス」では、桂綸[金美](グイ・ルンメイ)莫子儀(モー・ズーイー)に単独インタビューしました。
台湾の若手女優を代表する桂綸[金美](グイ・ルンメイ)は、デビュー作「藍色夏恋」、「時の過ぎゆく中で」、そして今回の「遠い道のり(最遙遠的距離)」で3回目の参加、いま台湾の監督たちが最も使いたい女優で、ヒット中の周杰倫(ジェイ・チョウ)の初監督作品「不能説的、秘密」でも高い評価を受けています。
莫子儀(モー・ズーイー)は、昨年の「一年の初め」に続いて2度目の参加。アイドルではないのであまり華流ファンに知れていないようですが、舞台を中心に、映画やテレビでもアート系の作品に主演している若手実力派です。
インタビューでは、さすがに演技派の二人、作品や役作りについて、しっかりした答えが返ってきました。

1020michinoriその後ティーチインが行われて観客との質疑応答が行われ、雄弁な監督から制作にまつわるエピソードなどが披露されました。

このインタビューは11月12日(月)の「アジアン!プラス」で放送予定です。
ぜひお聞きになってください。

「遠い道のり(最遙遠的距離)」、録音技師の青年(莫子儀)が「音」を求めて東へ旅をして、別れた恋人にその「音」を録音したをカセットテープを送り続けます。
しかし、既に恋人は引っ越していて、カセットテープは新しい住人(桂綸[金美])に届きました。不倫で傷ついた彼女は、その「音」に惹かれ、「音」をたどって旅に出ます。
一方、青年は旅の中で傷心の精神科医(賈孝國)と出会い、3人のそれぞれの“心の旅”が始まっていきます。
「色・戒(ラストコーション)が金獅子賞を受賞したベネチア国際映画祭の「国際映画批評家週間」で最優秀作品賞を獲得、台湾映画の秀作が国際舞台で評価されました。

次の上映は10/24 12:00から。早々に前売り券が売り切れた人気作品ですが、当日券が発売されるようです。

「遠い道のり(最遙遠的距離)」
監督:林靖傑(リン・チンチェ)
出演:桂綸[金美](グイ・ルンメイ)莫子儀(モー・ズーイー)賈孝國(ジア・シャオグオ)

|

« 黄貫中(ポール・ウォン)、緊急追加ライブ!とインタビュー | トップページ | 香港映画祭オープニングセレモニー »

コメント

こんにちは。
きゃ~久し振りのグイちゃんだ! 写真を見るに、この日本の秋の空で肩をはだけた姿は、かなり寒かったのではないかと思います。
《藍色大門》からのファンで、主演作のDVDも殆ど集めているのです。(そうそう、BSQR時代の「アジアンパラダイス」でも「綺麗な字を書く人ですね」とコメントメールを送ったのは私です。)《藍色大門》の頃に比べると、かなり大人の雰囲気を醸し出すようになってきましたが、印象的な目元は相変わらずですし、なんだか、こんな印象の女性になって欲しい、と思ってた通りの女性になってきて、ワタクシとしては嬉しい限りです。
やっぱり来日するんじゃないかと思っていたんですが、見に行けば良かった~。しくしく。
《遠い道のり》は《不能説的秘密》よりも期待しているところがあるので、是非何らかの折に拝見したいと思っています。

投稿: Magical Glamour | 2007/10/21 17:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黄貫中(ポール・ウォン)、緊急追加ライブ!とインタビュー | トップページ | 香港映画祭オープニングセレモニー »