« 「アジアン!プラス」11月19日からの放送予定 | トップページ | 徐克(ツイ・ハーク)、林嶺東(リンゴ・ラム)監督のインタビュー »

2007/11/18

台湾映画「壁を抜ける少年」の鴻鴻(ホンホン)監督と主演の張永政(チャン・ヨンツン)、李佳穎

1117wall「アジアン!プラス」では、東京国際映画祭レポート第五弾として、11月19日(月)に台湾映画「壁を抜ける少年」の鴻鴻(ホンホン)監督と主演の張永政(チャン・ヨンツン)、李佳穎(リー・ジャーイン)のインタビューを放送します。
この作品は、現在台湾で公開中ですが、いち早く東京国際映画祭の「アジアの風」で上映された近未来SF映画です。

1117wall2監督の鴻鴻(ホンホン)は1964年生まれ、映画監督で詩人、現代演劇の演出家として劇団も主宰しているアーチストです。
主演の張永政(チャン・ヨンツン)と李佳穎(リー・ジャーイン)は、ドラマなどですでに活躍していて新人ではありませんが、これからが期待されるフレッシュな俳優です。
張永政(チャン・ヨンツン)は、ティーチインで『大きな役じゃないけど、台湾版の「花盛りの君たちへ」に出ています。』と、しっかりPRしていました。
李佳穎(リー・ジャーイン)は、アイドルドラマでは昨年明道(ミンダオ)主演の「天使情人」に出演しています。

インタビューは、上映後のティーチインが終わってすぐだったので、監督や主役のお二人がロビーで観客と交流しているのを横目で見ながらダッシュで取材場所へ。
ここが、とっても狭いところで、膝つき合わせて…という至近距離でした。
物静かでインテリジェンス溢れる鴻鴻(ホンホン)監督、その監督の作品に出ることが出来て本当に光栄だと語る二人、なごやかでとても楽しいインタビューでした。
ぜひ11月19日(月)の「アジアン!プラス」をお聞き下さいね!

「壁を抜ける少年」(原題「穿牆人」)
2007年台湾映画
監督:鴻鴻
出演:張永政(チャン・ヨンツン)李佳穎(リー・ジャーイン)路嘉欣 (ルー・チャシン)戴立忍 (レオン・ダイ)

|

« 「アジアン!プラス」11月19日からの放送予定 | トップページ | 徐克(ツイ・ハーク)、林嶺東(リンゴ・ラム)監督のインタビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「アジアン!プラス」11月19日からの放送予定 | トップページ | 徐克(ツイ・ハーク)、林嶺東(リンゴ・ラム)監督のインタビュー »