« [I ・KEN]KEN CHU 2008 Concert 〜Getting Real〜」セットリスト | トップページ | “F4 Japan Tour 2008 ”決定! »

2008/03/09

朱孝天(ケン・チュウ)コンサート!

朱孝天(ケン・チュウ)の2度目の日本コンサート、[I ・KEN]KEN CHU 2008 Concert 〜Getting Real〜」が3月8日(土)9日(日)に東京国際フォーラムホールAで行われました。
ゲストや和太鼓のパフォーマンスなど、昨年より立体的な構成で展開されました。

昨年同様シンプルなステージでしたが、アイマスクはありません。(^o^)
オープニング、スクリーンに広がる青空を背に、なんと!日本語で「晴天/On Fine Day」が始まりました。サビの部分と、1コーラス、初めて聞く日本語訳のこの歌、冒頭から驚かせてくれました。
F3からのビデオメッセージでは、周渝民(ヴィック・チョウ)が「僕のコンサートに来てくれてありがとう」と、相変わらず笑わせてくれましたが、それぞれ思いのこもったメッセージにテンションはますます上昇。

今回のMCは、英語、中国語、日本語で各地のファンに語りかけましたが、「日本語は難しい」といいながらも、がんばって話してくれるケン。
昨年はビートルズを聴かせてくれましたが、今年はカーペンターズです。
お母さんがくれたカセットに入っていたというヒット曲、誰もが知っている懐かしいナンバーが、スクリーンに写し出される東京に来て撮ったという街の写真をバックに、綴られました。

そして「流星花園〜花より男子〜」の主題歌「情非得以/心ならずも」の途中からゲストの楊丞林(レイニー・ヤン)が登場、楽しいデュエットを聞かせてくれました。
朱孝天(ケン・チュウ)のことを「アニキ!」と呼ぶレイニー、相変わらず達者な日本語です。
「曖昧」に続いて、大好きだという安室奈美恵の「Can You Celebrate?」を熱唱、上手でした。

レイニーが退場した後は、和太鼓が響きます。紗幕があがると大太鼓を打つケンの後ろ姿、振り返ってずらりと並んだ鼓手とともに、炎のスクリーンをバックに和太鼓のパフォーマンス。10分くらいあったでしょうか、それは見事なバチさばきでした。

バンドによる「Fly Me Yo The Moon」演奏で、Jazzコーナーの始まりです。
スタンダードにボサノヴァをまじえ、シックにまとめていました。
「走出昨天」「Rain」という新曲2曲から終盤に入り、「愛不會一直等イ尓/Love Is Impatient」がラストソング。
もちろん、これで終わりではありません。
アンコールは「Here We Are」「永不停止/永遠に終わらない」。
二度目のアンコールは、お馴染みの星が降るスクリーンの前に「流星雨」のメロディにのって登場。歌ではなく、ファンか待ちこがれたお知らせを発表しました。
もうほとんどの方がご存じのことですが、内容については、一応3月10日が情報解禁になっていますので、明日あらためてお伝えします。

そして、終演後にマスコミ向けのプレスカンファレンスが行われました。
「今日は、皆さんエンジョイしてもらえたでしょうか」という言葉から始まり、記者からの質問に答えていきました。
初挑戦の太鼓のこと、クマちゃんコンサートグッズについて、来日してから、練習の他にはどんなことをしていたのかなど、楽しいQ&Aが繰り広げられました。
この模様は、3月17日(月)の「アジアン!プラス」でお伝えしますので、どうぞお楽しみに!!

|

« [I ・KEN]KEN CHU 2008 Concert 〜Getting Real〜」セットリスト | トップページ | “F4 Japan Tour 2008 ”決定! »

コメント

晴天の日本語のとこは、訳でなくて、晴天の原曲、ブルームオブユースの「if」の歌詞を歌ったんですよ〜。

投稿: 小猫 | 2008/03/18 01:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [I ・KEN]KEN CHU 2008 Concert 〜Getting Real〜」セットリスト | トップページ | “F4 Japan Tour 2008 ”決定! »