« 「アジアン!プラス」6月9日からの放送予定 | トップページ | アジアンパラダイスmovie 最新メニュー »

2008/06/06

周渝民(ヴィック・チョウ)「闘茶〜tea fight〜」のプロモーション!

0605vic17月12日から公開の日本・台湾合作映画「闘茶〜tea fight〜」のプロモーションで、周渝民(ヴィック・チョウ)が試写会で舞台挨拶を行いました。
6月5日(木)、お茶の水全電通ホールは雨にもかかわらず超満員、周渝民(ヴィック・チョウ)が登場するとものすごい大歓声で、収録していたレコーダーのレベルはレッドゾーンでした。
共演の香川照之、戸田恵梨香、細田よしひこ、そして王也民監督と共に登壇しましたが、黒のスーツに、撮影中のドラマの役作りの為でしょうか、うっすらヒゲをたくわえたヴィックは、ワイルドな感じも加わっていました。

0605vic2ヴィックは、『皆さん、こんばんわ。私はヴィック・チョウです。』と日本語でごあいさつ。
香川照之の『ヴィック・チョウのマネージャーの香川です。」という第一声に、場内は大喝采。さすが、香川さん、うまいつかみです。
『毎日毎日セットの隅でヴィックが泣いているので、慰めるのに大変でした。鼎泰豊(ディンタイホン)に15回くらい連れて行きました。金かかりました。』というジョークに、みんな大爆笑。
戸田恵梨香からも『不思議な人です。抱きしめられるシーンで、鼻歌を歌ったり、いきなり踊り出すんですよ。』と。
細田よしひこが『「俺はF4じゃねえ」ていうCDを出したというんで、「じゃあ、俺を(F4に)入れろ」と言ったんですよ。そしたらヴィックさんが「いいよ」と言うんで…。』と言うと、場内から「え〜!!」という大合唱。すかさず『今日は楽しんでください。』と締めていました。

相変わらずいじられまくりのヴィックでしたが、自分でも大笑いしていました。和気あいあいで、笑いの絶えない舞台挨拶の模様は、6月17日(火)の「アジアン!プラス」で放送します。

0605vic3そして、もうひとつ。
舞台挨拶の前日に、「アジアン!プラス」は単独インタビューを行いました。
短い時間でしたが、「闘茶〜tea fight〜」の役についてや、王也民監督の演出についてなど、とっても丁寧に答えてくれました。
インタビュー中、ずうっとクッションを両手で抱えていたのが可愛かったです。(^o^)
このインタビューも、6月17日(火)の「アジアン!プラス」で放送しますので、お楽しみに!
※但し、この単独インタビューは放送のみで、Podcastでは送信できません。残念ですが、ご了承いただけますようお願いします。ぜひ、放送をお聞き逃しないように…。

「闘茶〜tea fight〜」
7月12日よりシネマライズ他全国ロードショー
原案・監督:王也民(ワン・イェミン)  
脚本:山田あかね  
出演 戸田恵梨香、香川照之、細田よしひこ、周渝民(ヴィック・チョウ)、張釣■(チャン・チュンニン)、曾志偉(エリック・ツァン)
公式サイト 
企画・製作:ピクニック+ムービーアイ・エンタテインメント
配給:ムービーアイ
角川出版映像事業振興基金信託/日本映画エンゼル大賞受賞作品

インタビュー, 台湾, 映画, 舞台挨拶 |

« 「アジアン!プラス」6月9日からの放送予定 | トップページ | アジアンパラダイスmovie 最新メニュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「アジアン!プラス」6月9日からの放送予定 | トップページ | アジアンパラダイスmovie 最新メニュー »