« Dean藤岡竜雄、最新台北インタビュー! | トップページ | 「アジアン!プラス」7月28日からの放送予定 »

2008/07/23

「881歌え!パパイヤ」のロイストン・タン監督インタビュー!

0722oiston18月9日より公開のシンガポール映画、「881歌え!パパイヤ」のロイストン・タン監督にインタビューして来ました。
以前パパイヤガールズのお二人のインタビューをした同じ場所で、ピンクのTシャツ姿の監督は、人なつこい笑顔で迎えてくれました。

ロイストン・タン監督は、1976年、シンガポール生まれの32才。
3本目の長編となる「881 歌え!パパイヤ」は、第12回釜山国際映画祭でワールド・プレミア上映された後、シンガポールで公開されて2007年最大のヒット作となり、シンガポール国産映画としても歴代4位を記録、2007年度アカデミー賞外国語映画賞シンガポール代表にも選ばれました。

主演のミンディーとヤンヤンとの雑談の中、冗談から生まれたアイデアがこの作品を制作するきっかけだったと資料に書いてありましたが、キャスティングは目の前にいる二人でいいじゃないか…ということだったそうです。
そして、シンガポールの国内500ヶ所以上でご先祖の霊を楽しませる為に開催される歌謡ショー、ゲータイ(歌台)を、2年かけてカメラを回しながら取材して準備したそうです。
華やかな表舞台と、それを作るための苦労や様々な人間関係をつぶさに見てきただけに、破天荒なファンタジーとリアル感が見事に融合しているのだということが、よくわかりました。
そんな映画の制作エピソードや、ひとつの映画でサントラが2種類もリリースされたいきさつ、そして次回作のことなど、楽しいお話をうかがうことが出来ました。

0722roiston2監督と一緒に写真を撮らせてもらったのは、お馴染みのサミュエル周さんです。
今回は、インタビューの通訳はもちろんですが、言語監修をされています。映画の中で沢山使われている福建語の表現に関して、この映画では面白い試みをしています。マスコミ用のプレスシートに、周さんのとても興味深い解説があり、おそらく劇場用のパンフレットにも掲載されるのではないかと思います。
そういう訳で、今回はツーショットを撮らせていただきました。

このインタビューは、7月29日(火)の「アジアン!プラス」で放送します。
お楽しみに!!

「881 歌え!パパイヤ」は8月9日より、渋谷ユーロスペースにてロードショーです。

|

« Dean藤岡竜雄、最新台北インタビュー! | トップページ | 「アジアン!プラス」7月28日からの放送予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Dean藤岡竜雄、最新台北インタビュー! | トップページ | 「アジアン!プラス」7月28日からの放送予定 »