« 張震(チャン・チェン)インタビュー! | トップページ | 「アジアン!プラス」8月11日からの放送予定 »

2008/08/06

「レッドクリフ」来日会見!

0806redcliff111月1日から公開される呉宇森(ジョン・ウー)監督の「レッドクリフ」の来日会見が、6日に都内のホテルで行われました。
呉宇森(ジョン・ウー)監督はじめ、梁朝偉(トニー・レオン)、金城武、張震(チャン・チェン)、林志玲(リン・チーリン)、中村獅童が登壇するとあって、集まったマスコミの数は半端ではありません。呉宇森(ジョン・ウー)監督が、自作の日本の会見でこんなに沢山のマスコミは初めてだと言っていたほどです。

0806redcliffjohn呉宇森(ジョン・ウー)監督は、昨日、張震(チャン・チェン)がインタビューでも語っていましたが、天才監督というだけではなく、質疑応答の中でもその暖かい人柄がにじみ出ていました。
気配り、信頼、人心をつかむのは「三国志」の猛将に似ているかも知れませんね。途中で制作費が足りなくなって、私財をつぎ込んだことについての質問に、「20年来の夢が叶い、お金ではなく、私は友情や信頼を得たのが何より。」という意味のことをおっしゃっていたのが印象的でした。

0806redclifftony結婚後、公式の場にはこの会見が初お目見えになる梁朝偉(トニー・レオン)に、司会者がお祝いを述べると、会場から大拍手。ややふっくらしたトニーは、とってもうれしそう。監督のピンチを救ったというだけではなく、全幅の信頼を得ているようです。

0806redclifftakeshi金城武は、相変わらず一見クールでカッコいいのですが、けっこうよく喋り、笑わせてくれたりします。
呉宇森(ジョン・ウー)監督から声がかかった時には、とってもうれしかったと語っていました。

0806redcliffchan本格的な時代劇は初めてという張震(チャン・チェン)、監督から「若い時の自分を見ているようだ。」と言われ、かなり照れていました。
最初は、ワイヤーシーンはないと言われたのに、ロケ現場に着いたらすぐやらされた…という中村獅童も、監督から日本の俳優のプロ精神を見せてくれたと誉められて、うれしそうでした。

0806redclifflinそして紅一点、映画初出演の林志玲(リン・チーリン)、赤のチャイナドレスで見事なプロポーションを披露しただけでなく、最初のご挨拶は全て日本語、質問の答えにも日本語を織り交ぜて、その流暢なことで、マスコミを驚かせていました。才色兼備で可愛らしく、男性記者だけでなく、その場にいる人全てを魅了していました。

0806redcliff2レッドクリフ」は、10月18日から開催される「東京国際映画祭」のオープニング作品となることも、この場で発表されました。今日のメンバーが、また六本木のグリーンカーペットを飾ってくれることを期待しましょう。

※本日の通訳さん
呉宇森(ジョン・ウー)監督:Amy 汪さん
梁朝偉(トニー・レオン):Samuel 周さん
張震(チャン・チェン):水野衛子さん
林志玲(リン・チーリン):渋谷裕子さん

この会見の模様は、少し先ですが、9月1日の「アジアン!プラス」で放送します。
どうぞお楽しみに!

レッドクリフ
11月1日より日劇1他全国ロードショー
監督:呉宇森(ジョン・ウー)
出演:梁朝偉(トニー・レオン) 金城武 張豊毅 (チャン・フォンイー)張震(チャン・チェン)趙薇(ヴィッキー・チャオ)胡軍(フー・ジュン)中村獅童 林志玲(リン・チーリン)
配給:東宝東和/エイベックス・エンタテインメント
公式サイト:http://redcliff.jp/index.html

|

« 張震(チャン・チェン)インタビュー! | トップページ | 「アジアン!プラス」8月11日からの放送予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 張震(チャン・チェン)インタビュー! | トップページ | 「アジアン!プラス」8月11日からの放送予定 »