« 「アジアン!プラス」8月18日からの放送予定 | トップページ | 「言えない秘密」グイ・ルンメイ来日舞台挨拶! »

2008/08/19

「Tattoo-刺青」の周美玲(ゼロ・チョウ)監督インタビュー!

0818zero8月23日より「台湾シネマコレクション」で上映される台湾映画、「Tattoo-刺青」の周美玲(ゼロ・チョウ)監督にインタビューしました。
丁度、監督の新作「彷徨う花たち / Drifting Flowers」 (原題:漂浪青春)が、 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭でジャパン・プレミアとして上映される事になり、「刺青」のプロモーションも兼ねて来日しました。
昨年も、この京国際レズビアン&ゲイ映画祭で「刺青」が上映されていますね。

0818zero2「刺青」は、 2007年ベルリン国際映画祭でテディベア賞を受賞し、この年の台湾で興行収入 第2位 というヒット作です。トップアイドルの楊丞林(レイニー・ヤン)と香港の若手人気女優の梁洛施(イザベラ・リョン)が、レズビアンというこれまでのイメージを払拭するような役に挑んだことでも話題になりました。
ストーリーは、強い憧れを抱いていた年上の女性、刺青師の竹子との再会を果たしたネットアイドルの女子高生ジェイド。この二人がお互いの痛みを埋めるように惹きつけられていく…という愛の物語です。

周美玲(ゼロ・チョウ)監督は1969年、台灣基隆生まれ。1992年に國立政治大學を卒業、専攻は哲学だそうです。
卒業後はweb媒体の記者をやっていましたが、早々に独立映画の創作活動に転じます。短編映画やドキュメンタリーを創り数々の賞を獲得、2004年、初の劇場用長編映画「■光四射歌舞團(Splendid Float)」がオタワ国際映画祭でノミネート、釜山、ロンドンなどの国際映画祭でも注目を集め、第41回台湾金馬奨の最優秀台湾映画に輝きました。

監督は、私が持参した「刺青」の写真集を見るなり、「なんでそれを持っているの?!」と驚いていました。
去年台北で買ったこと、誠品書店に多くの人が見たのであろう汚れや折れのあるこの一冊しか残っていなかったことなどを話すと、「本当ならば、私が差し上げなければ行けないのに、ごめんなさい。」なんておっしゃって、恐縮してしまいました。
早速この写真集の扉の写真、黄色い彼岸花を指して、「これは私の故郷基隆に咲いている曼珠沙華よ。台湾では赤や白の花はなくて黄色だけ。」と解説してくれました。
日本では黄色い彼岸花=曼珠沙華は見たことないので、聞こうと思っていたところでした。
そして、これだけの才媛なのにとても気さくな方で、遠慮して違うアプローチから質問したレイニーとイザベラについて、どうやって彼女たちのラブシーンを撮ったか、詳細に話してくれました。
やった!(^o^)

このインタビューは、8月25日(月)の「アジアン!プラス」で放送します。
お楽しみに!!

「Tattoo-刺青」は、8月23日より、シネマート六本木で開催される「台湾シネマコレクション」で上映されます。

|

« 「アジアン!プラス」8月18日からの放送予定 | トップページ | 「言えない秘密」グイ・ルンメイ来日舞台挨拶! »

コメント

はじめまして。
「刺青」の大ファンです!

>そして、これだけの才媛なのにとても気さくな方で、遠慮して違うアプローチから質問したレイニーとイザベラについて、どうやって彼女たちのラブシーンを撮ったか、詳細に話してくれました。
やった!(^o^)

>このインタビューは、8月25日(月)の「アジアン!プラス」で放送します。
お楽しみに!!


これすごく気になります!!!
でもmiraiは耳が聞こえないのでインタビューが聞けません・・・><

投稿: mirai | 2008/08/25 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「アジアン!プラス」8月18日からの放送予定 | トップページ | 「言えない秘密」グイ・ルンメイ来日舞台挨拶! »