« 第43回電視金鐘奨発表! | トップページ | 黄秋生(アンソニー・ウォン)と呉鎮宇(フランシス・ン)が来日! »

2008/11/02

「Orzボーイズ!(■男孩)」インタビュー

1101orzboys111月1日、「第9回NHKアジアフィルムフェスティバル」がオープン、初日に上映される5作品全て、監督やキャストが来日しての舞台挨拶やQ&Aがありました。
「アジアン!プラス」では、台北電影節で監督賞を獲得、現在台湾で大ヒット公開中の「Orzボーイズ!」の楊雅吉吉(ヤン・ヤーチェ)監督、プロデューサーの李烈(リー・リエ)、そして主役の騙子一號・騙子二號(うそつき1号、2号)、李冠毅(リー・グァンイー)と潘親御(パン・チンユー)にインタビューしました。

1101orzboys3この作品は、学校の先生から「うそつき1号」「うそつき2号」という、ありがたくない名前をもらってしまう手のつけられないやんちゃ坊主2人が、つらい家庭環境にもめげず、夢を追い求めていく成長物語です。
誰もが思い出す子供の頃の懐かしさ、大人になるとなくしてしまう大事な事を思い出させてくれる、おかしくてちょっと切ない、そしてとびきりの感動を与えてくれる素敵な映画です。

1101orzboys4まず最初に、李冠毅(リー・グァンイー)と潘親御(パン・チンユー)にIDとひと言インタビューをしたのですが、先日お知らせした台湾金馬奨の新人賞にノミネートされた、10才の潘親御(パン・チンユー)くん、おどけて笑わせてばっかりですが、答えはしっかりしています。13才の李冠毅(リー・グァンイー)くんは、さすがに少し年上だけあって、パンくんを落ち着かせたりお兄さんぶりを発揮。
写真を見ていただくとわかりますが、二人で色々演出してくれて、とっても可愛いショットが撮れました。

1101orzboys2その後、監督とプロデューサーにじっくりとお話をうかがいました。
スタートする前に、質問用に持って行ったサントラにすぐに目を留めていたのは、かなり音楽にも力を入れたからのようです。金馬奨ノミネートの感想から聞いたのですが、プロデューサーが、とてもうれしいけど、監督賞と音楽賞にノミネートされなかったのは残念だ、とおっしゃっていました。
おもしろかったのは、映画の中に監督が出演しているシーンがあるのですが、プロデューサーは『監督は演技が下手だから、二度と出演させない。』と。
プロデューサーの李烈(リー・リエ)は、ベテランの女優さんでもありますから、かなり厳しいですね。
何故出演したのかは、放送を聞いてのお楽しみ。

このインタビューの前、上映後にQ&Aがありましたが、監督の企画でまず観客の皆さんにクイズを出して、賞品(映画の中で出てくる貴重なアイテム)を渡すということからスタートしました。
会場が暖まったところで質問を受けるという、さすがの演出です。
6000人の中から選ばれたという主役の二人に、今後も芸能活動をするのかどうかという質問については、武術を習っているので、将来は武術家を目指すという潘親御(パン・チンユー)、李冠毅(リー・グァンイー)は、まだ13才だし、考える時間はたっぷりあるので…という、二人ともしっかりしたお答えでした。

「第9回NHKアジアフィルムフェスティバル」は、5日まで開催されます。「Orzボーイズ!」は、2日(日)10時、4日(火)20時、5日(水)12時30分、と、鑑賞のチャンスがあります。
入場料は500円、ぜひご覧になって下さい。

インタビューは、11月17日(月)の「アジアン!プラス」で放送します。
お楽しみに!

|

« 第43回電視金鐘奨発表! | トップページ | 黄秋生(アンソニー・ウォン)と呉鎮宇(フランシス・ン)が来日! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第43回電視金鐘奨発表! | トップページ | 黄秋生(アンソニー・ウォン)と呉鎮宇(フランシス・ン)が来日! »