« 呉鎮宇(フランシス・ン)インタビュー | トップページ | 「アジアン!プラス」11月10日からの放送予定 »

2008/11/06

東京国際映画祭「親密」記者会見

1030shinmitsu1第21回東京国際映画祭のコンペティション部門で上映された香港映画「親密」の記者会見を、11月10日(月)の「アジアン!プラス」で放送します。
この会見は東京国際映画祭開催中の10月23日に行われましたが、監督の岸西(アイヴィー・ホー)監督、主演の林嘉欣(カリーナ・ラム)、鄭伊健(イーキン・チェン)という、今年のアジア映画の中では「レッドクリフ」以外で一番豪華な顔ぶれでした。
六本木ヒルズのMovieCafeの一部を会見場にして、一般客がいる中での会見という、珍しい形です。
他の会見の時はCLOSEDにしたのですが、ファンサービスなのでしょうね。

1030shinmitsu2これが初監督作品となる岸西(アイヴィー・ホー)は、「ラブソング」や「男人四十」などで有名な脚本家で、映画「親密」は、カリーナとイーキンのオフィスラブを、時間を遡って描いていくという珍しい手法を用いています。
その意図や、撮影はどういう順で撮ったのか、一番好きなシーンなど、様々な質疑応答が展開しました。
カリーナとイーキンは、これが4作目の共演と言うことで、気心も知れているのでとてもやりやすかったとそうです。
この二人の共演作「恋のバテシェ」も、今新宿K'sシネマで開催中の「中国映画の全貌2008」で上映されていますので、興味のある方はぜひ!

11月10日(月)の「アジアン!プラス」で放送する「親密」の記者会見、どうぞお楽しみに。

|

« 呉鎮宇(フランシス・ン)インタビュー | トップページ | 「アジアン!プラス」11月10日からの放送予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 呉鎮宇(フランシス・ン)インタビュー | トップページ | 「アジアン!プラス」11月10日からの放送予定 »