« 第45回台湾金馬奨レポート レッドカーペット編 | トップページ | 第45回台湾金馬奨レポート 祝賀会場編 »

2008/12/08

第45回台湾金馬奨レポート プレスルーム編

1207cape2プレスルームというのは、ズラリと並んだテーブルに電源とLANケーブル、数台のモニターで授賞式会場を見ながら、記者たちが記事を書いたりネット送稿しています。
受賞式会場で取材できるのは人数制限があるため、モニターのスピーカーにマイクを貼り付けたり、モニターの映像を撮っているムービーカメラもあったりします。
授賞式が始まり、「海角七號(Cape No.7)」の名前が呼ばれる度に記者たちから歓声があがります。場内が大いに沸き、この作品がいかに台湾の人々に愛されているかが、よくわかりました。

1207petarフォトセッション用のパネル前にはひな壇が設置され、これまた先ほどと同じ抽選によって場所が決められます。こちらは11番。けっこういい位置です。
ここに、受賞者が来て、喜びのスピーチをし、フォトセッションや囲み取材が行われます。
主題歌賞を獲った范逸臣(フアン・イーチェン)は、スピーチに続いて「国境の南」の一節を歌ってくれたりの大サービス。
「投名状」で最優秀作品と最優秀監督、最優秀視覺效果を獲った陳可辛(ピーター・チャン)は、パートナーの呉君如(サンドラ・ン)とキスシーンを提供してくれました。

こぼれ話
台湾や香港ではマスコミをものすごく大事にしているので、飲み物や台中名物の太陽餅、お弁当に、夜食も出ます。長丁場なので本当に助かります。
さて、そんなプレスルームで事件が起こりました。
カメラマン用のひな壇で次々登場する受賞者の写真を撮っていると、すぐ後ろで何やら言い争う声が。
振り返ってみると、警察官が一人の男性カメラマンを連れ出そうとして揉めています。
どうやらプレスパスを持っていないということで退場させようとしたらしいのですが、「名刺を出した」と言い張る男が抵抗し、いつの間にかカメラは全てその男に向けられています。マイクを差し出している人もいて、さすがに貪欲な現地メディア。
結局退場されられましたが、よく見るとかなりの数の警察官がいました。授賞式会場や、祝賀会会場などの警備にあたっているのですが、あとで道を聞いたら「台北から来ているのでわからない。」と言われました。
ご苦労様です。

1207van
1207dashen
1207joen
1207shenmin
1207shuen
1207tom


|

« 第45回台湾金馬奨レポート レッドカーペット編 | トップページ | 第45回台湾金馬奨レポート 祝賀会場編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第45回台湾金馬奨レポート レッドカーペット編 | トップページ | 第45回台湾金馬奨レポート 祝賀会場編 »