« 「アジアン!プラス」1月19日からの放送予定 | トップページ | 何潤東(ピーター・ホー)への質問募集! »

2009/01/15

王宗堯(グレゴリー・ウォン)がゲストに!

Gregoly1「アジアン!プラス」ではお馴染みの台湾で活躍する俳優、王宗堯(グレゴリー・ウォン)がスタジオに遊びに来てくれました。
一昨年の「カンポウ6」以来のグレゴリー、4月から始まるNHKの土曜ドラマ「遥かなる絆」の撮影で、昨年から何度も来日していたそうです。
もともと日本語が上手でしたが、このドラマのために特訓して、日常会話には困らないほどの語学力になっていました。

Gregoly2ドラマ「遥かなる絆」は、松山市生まれのノンフィクション作家・城戸久枝のルポルタージュで、第三十九回大宅壮一ノンフィクション賞などに輝いた「あの戦争から遠く離れて—私につながる歴史をたどる旅」が原作です。
主人公の城戸幹役は加藤健一、その青年時代をグレゴリーが演じていて、原作者の城戸久枝さん役が鈴木杏という配役。
番組では、このドラマの役作りについて、撮影中のエピソードやオフの過ごし方など色々お話をうかがいました。

このゲストトークは、1月20日(火)の「アジアン!プラス」で放送します。
お楽しみに!

こぼれ話
収録が終わって、駐車場までお見送りしたのですが、マネージャーさんが車を出している間、グレゴリーと台湾映画について日本語で話していました。
「停車」が面白かったと言うと、『まだ見ていないんだ。見なきゃ。「海角7号」は見た?』とか、「九降風」が日本で夏に公開されることを言うと、『ほんと!?良かったぁ。監督とは親友なんだ。良かったなぁ。』としみじみ。そして「九降風」を見てボロ泣きしたとも言っていました。
そうそう、一昨年はフェロモンたっぷりでしたが、今回はとっても爽やか。・・・考えてみると、一昨年は「上海ベイビー」の撮影直後。そして今回は「遥かなる絆」の撮影中。つまり、それだけ役に入り込むという、まさに“役者”なのだ、とグレゴリーふぁんのスタッフと二人で納得。

|

« 「アジアン!プラス」1月19日からの放送予定 | トップページ | 何潤東(ピーター・ホー)への質問募集! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「アジアン!プラス」1月19日からの放送予定 | トップページ | 何潤東(ピーター・ホー)への質問募集! »