« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009/10/27

「母なる証明」の記者会見で、ウォンビン5年ぶりの来日!

1027mother1韓国の若き巨匠ポン・ジュノ監督の待望の最新作『母なる証明』は、今週末10月31日から公開されますが、それを前にポン・ジュノ監督と主演のキム・ヘジャ、ウォンビンが来日、都内のホテルで記者会見が行われました。
日本でもよく知られるポン・ジュノ監督の話題の作品であり、“韓国の母”キム・ヘジャの初来日、そして除隊後初、実に5年ぶりの来日となるウォンビンが登壇するということで、大勢のマスコミが詰めかけました。

続きを読む "「母なる証明」の記者会見で、ウォンビン5年ぶりの来日!"

| | コメント (0)

チャン・ドンゴン主演最新作『グッドモーニング・プレジデント』日本初上映!

1026kfschirashi11月21日(土)から30日(月)まで有楽町スバル座で10日間開催される「韓国映画ショーケース2009」では、韓国の観客から広く支持を受けたヒット作から国際映画祭で賞賛されたインディペンデント映画まで、様々な意味で2009年の韓国映画を代表する10本の素晴らしい作品が上映されます。
中でも注目されるのが、オープニングを飾る話題作『グッドモーニング・プレジデント』。
『ガン&トークス』のチャン・ジンが政界をユーモラスに描いた作品で、スクリーンには4年ぶりとなるチャン・ドンゴンが若き大統領を演じます。

続きを読む "チャン・ドンゴン主演最新作『グッドモーニング・プレジデント』日本初上映!"

| | コメント (0)

2009/10/25

第22回東京国際映画祭、東京サクラグランプリは「イースタン・プレイ」!

10月17日から9日間に渡って開催された第22回東京国際映画祭のクロージングセレモニーが、25日に行われ、各賞が発表されました。
東京サクラグランプリには、ブルガリア映画「イースタン・プレイ」が選ばれ、 監督賞、フリスト・フリストフが最優秀男優賞と、3部門を獲得しました。
カメン・カレフ監督は、「本当にありがとうございました。ブルガリアにとっても誇りです。
たくさんの賞をいただいて、帰りの飛行機が重量オーバーのチャージがかかってしまいそうです!」と大きな笑みを浮かべました。

続きを読む "第22回東京国際映画祭、東京サクラグランプリは「イースタン・プレイ」!"

| | コメント (0)

鄭有傑(チェン・ヨージエ)監督&黄健[王韋](ホアン・チェンウェイ)の舞台挨拶とインタビュー!

1024yanyan110月24日、東京国際映画祭のアジアの風で上映された台湾映画「ヤンヤン」のステージに鄭有傑(チェン・ヨージエ)監督とキャストの黄健[王韋](ホアン・チェンウェイ)が登場、観客とのQ&Aが行われました。
この映画「陽陽(ヤンヤン)」については、7月の台北電影節の時から何度もお伝えしてきましたが、大学の陸上部で活躍する台湾とフランスのハーフの女の子陽陽(ヤンヤン)の恋と成長の物語です。

続きを読む "鄭有傑(チェン・ヨージエ)監督&黄健[王韋](ホアン・チェンウェイ)の舞台挨拶とインタビュー!"

| | コメント (0)

2009/10/22

李康生(リー・カンション)インタビュー!

1022xiaokan1開催中の東京国際映画祭・アジアの風で上映された「台北24時」は、台湾の気鋭の監督8人がそれぞれに時間とテーマをもって描いたオムニバス映画です。
時間の順に、鄭芬芬(チェン・フェンフェン)、紐承澤(ニウ・チェンザー)、許榕容(シュー・ロンロン)程孝澤(チェン・ シャオツァ) 李啓源(リー・チーユエン)、陳映蓉(DJチェン)、安哲毅(アン・ジャーイー) 李康生(リー・カンション)が描く台北の街と人間模様は、コメディタッチのものあり、ファンタスティックなものあり、シリアスなものあり・・・と、色々なテイストを楽しむことができます。
今回来日したのは、ラストパートを担当した李康生(リー・カンション)監督。
東京国際映画祭には、俳優として参加した「西瓜」以来でしょうか。

続きを読む "李康生(リー・カンション)インタビュー!"

| | コメント (1)

2009/10/20

「一年之初−いちねんのはじめ−」舞台挨拶決定!

1020ichinen10月3日より日本公開になっている台湾映画「一年之初−いちねんのはじめ−」が、10月24日からシネマート新宿で上映されることになり、鄭有傑(チェン・ヨウジエ)監督と、キャストの黄健[王韋](ファン・チェンウェイ)の舞台挨拶が決定しました。
10月24日(土)14:10の回上映後に登壇ということですから、東京国際映画祭の「ヤンヤン」をご覧になる方は、新宿へ移動しての鄭有傑(チェン・ヨウジエ)監督祭りはいかがでしょう。(^○^)
映画の内容など、9月9日の記事を、
鄭有傑(チェン・ヨウジエ)監督については、8月8日の記事をご参照下さい。

一年之初−いちねんのはじめ−」舞台挨拶
10月24日(土)14:10の回上映後
シネマート新宿にて

| | コメント (0)

「台北に舞う雪」舞台挨拶と、陳柏霖(チェン・ボーリン)、莫子儀(モー・ズーイ)、楊祐寧(トニー・ヤン)単独インタビュー

1019snow東京国際映画祭のコンペティションに参加している、中国・日本・香港・台湾合作映画「台北に舞う雪」の舞台挨拶が10月19日に行われました。
登場したのは、前日の会見と同じメンバー、霍建起(フォ・ジェンチィ)監督と、キャストの陳柏霖(チェン・ボーリン)、童瑤 (トン・ヤオ)、楊祐寧(トニー・ヤン)、莫子儀(モー・ ズーイ)です。
イケメン3人が姿を現すと、満席の会場から黄色い歓声が上がります。
ひと言ずつのご挨拶でしたが、観客との直接の交流に、監督もキャストもとてもうれしそうでした。

そして、この日は、朝から監督・キャストの個別取材が赤坂で行われていて、「アジアンパラダイス」でも陳柏霖(チェン・ボーリン)、楊祐寧(トニー・ヤン)、莫子儀(モー・ ズーイ)にインタビューしました。

続きを読む "「台北に舞う雪」舞台挨拶と、陳柏霖(チェン・ボーリン)、莫子儀(モー・ズーイ)、楊祐寧(トニー・ヤン)単独インタビュー"

| | コメント (0)

2009/10/19

「台北に舞う雪」記者会見!

1018taipeisnow1東京国際映画祭のコンペティションに参加している、中国・日本・香港・台湾合作映画「台北に舞う雪」の記者会見が10月18日、六本木ヒルズで行われました。
登壇したのは、霍建起(フォ・ジェンチィ)監督と、キャストの陳柏霖(チェン・ボーリン)、童瑤 (トン・ヤオ)、楊祐寧(トニー・ヤン)、莫子儀(モー・ ズーイ) 。
この映画は、日本でもヒットした「山の郵便配達」「故郷の香り」の霍建起(フォ・ジェンチィ)監督の最新作で、違う世界で生きてきた若い男女が、偶然と必然に導かれて同じ時を過ごし、かけがえのない愛情に気づいていくラブストーリーです。

続きを読む "「台北に舞う雪」記者会見!"

| | コメント (0)

2009/10/17

台湾電視金鐘獎「痞子英雄」が大勝利!

0404blackwhite3台湾のエミー賞と言われる第44回電視金鐘獎の発表受賞式が10月16日に國父紀念館で行われ、「痞子英雄」が作品賞、監督賞、ヒットドラマ賞、そして周渝民(ヴィック・チョウ)とダブルノミネートされていた趙又廷(マーク・チャオ)が主演男優賞を獲得し、大勝利をおさめました。

主な受賞一覧は、Continue reading をクリック!

続きを読む "台湾電視金鐘獎「痞子英雄」が大勝利!"

| | コメント (0)

2009/10/15

何潤東(ピーター・ホー)とビビアン・スー、上海万博の親善大使としてイベントに!

1014peter110月13日、上海万博開催まで200日を祝うコンサート「迎世博倒数計時200天世博優秀歌曲演唱会(万博カウントダウン200日優秀ソングコンサート)」が開催され、親善大使である何潤東(ピーター・ホー)とビビアン・スーが参加、大勢の子ども達とテーマソングの一つ、「微笑説イ尓好」を歌いました。

続きを読む "何潤東(ピーター・ホー)とビビアン・スー、上海万博の親善大使としてイベントに!"

| | コメント (0)

2009/10/13

陶吉吉の台湾コンサートツアー、10月16日からスタート!

1013tao1_2陶吉吉(デビッド・タオ)の台湾コンサートツアー「2009陶吉吉上太空説演唱會」が、いよいよ10月16日から高雄文化中心から始まります。
10月12日、台北でのリハーサル時にマスコミの取材が行われ、「飛機場的10:30」、「流沙」、「找自己」、「小鎮姑娘」、そして「愛很簡單」などのヒット曲を披露しました。

続きを読む "陶吉吉の台湾コンサートツアー、10月16日からスタート!"

| | コメント (0)

2009/10/11

「一席之地」台湾で公開スタート!

1011placeof1今年の台北電影節で観客賞を獲得した映画「一席之地」が、10月9日に一般公開がスタートしました。
これは、2008年にアジアフォーカス・福岡国際映画祭で上映された「流浪神狗人(神も人も犬も)の脚本を手がけて金馬奨にもノミネートされた、樓一安(ロウ・イーアン)が監督した初の長編劇映画です。
台湾映画界の若手俳優を代表する莫子儀(モー・ズーイ)、ドラマや映画で活躍する女優の路嘉欣(ジョジー・ルー)、ダンスグループENERGYの小剛(唐振剛)、映画中心でしたが大ヒットドラマ「負犬女王」で人気急上昇の温昇豪(ウェン・シャンハオ)などに加えて、ベテランの高捷(ジャック・ガオ)と、台湾の名女優陸奕静(ルー・イーチン)という豪華な顔ぶれ。
陸奕静(ルー・イーチン)は、この作品で台北電影節でが助演女優賞を受賞、先日発表された金馬奨の助演女優賞にもノミネートされました。

続きを読む "「一席之地」台湾で公開スタート!"

| | コメント (0)

2009/10/07

第46回台湾金馬奨ノミネート発表!

1007goldenhorse10月7日、「第46回台湾金馬奨」のノミネート作品が発表になり、香港の羅卓瑤(クララ・ロー)監督の「如夢」が9部門、6月の台北電影節でグランプリを獲得した戴立忍(ダイ・リーレン)監督の「不能沒有イ尓」が8部門、中国映画「鬥牛」が7部門、釜山国際映画祭クロージング作品となる中国映画「風聲」と台湾の若手を代表する鄭有傑(チェン・ヨージエ)監督の「陽陽」が6部門、蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督の話題作「臉」が5部門、中国の寧浩(ニン・ハオ)監督の「瘋狂的賽車」と日本でも既に公開済みの陳凱歌(チェン・カイコー)監督の「梅蘭芳」が4部門でした。
「不能沒有イ尓(あなたなしに生きていけない)」はSKIPシティ国際Dシネマ映画祭でグランプリを獲得、アジアフォーカス福岡国際映画祭でも上映されました。
「陽陽(ヤンヤン)」は東京国際映画祭で、「臉」は東京フィルメックスで上映されますので、鑑賞のチャンスです。
この発表授賞式は、11月28日に台北のお隣、板橋市で行われます。
「アジアンパラダイス」では取材に行く予定ですので、レポートをお楽しみに!

ノミネート一覧はContinue reading をクリック!

続きを読む "第46回台湾金馬奨ノミネート発表!"

| | コメント (0)

2009/10/05

『関谷元子のPOPなASIAの過ごし方』10月10日開催!

関谷元子さんのトークイベントが、10月10日に行われます。

日時:2009年10月10日(土) 17時より
料金:3000円(料理付)
場所:美味一服 めぐり
〒110-0005 東京都台東区上野1-20-11
鈴乃屋本店 2階(上野松坂屋向かい)
URL:http://www.holoholo.co.jp

関谷さんからのメッセージです。

続きを読む "『関谷元子のPOPなASIAの過ごし方』10月10日開催!"

| | コメント (0)

2009/10/02

Podcast QRとBBQRの最終コンテンツ

10月2日(金)〜のPodcast QRBBQR

★アジアンパラダイス
「九月に降る風」のプロモーションで来日した、毛弟(マオディー)=邱翊橙(チウ・イーチェン)のインタビューをお送りします。

★アジアン!プラス
「Feature Plus」より、台湾映画「海角七号 君想う、国境の南」の記者会見の模様をお送りします。
登壇者は、魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督、主演の范逸臣(ファン・イーチェン)と田中千絵、中孝介。

| | コメント (0)

阮經天(イーサン・ルアン)初来日!

1001esan110月1 日、DATV開局記念 レッドカーペット・セレモニーに、ペ・ヨ ンジュンらとともに参加した台湾の阮經天(イーサン・ルアン)が、セレモニー終了後、マスコミ各社の取材を受けました。
今回は鈕承澤(ニュウ・チェンザー)監督の映画「MONGA」撮影中の為、超短期滞在、超過密スケジュール。それでもにこやかに現れたイーサン、オフホワイトの帽子がとっても良く似合っていました。

続きを読む "阮經天(イーサン・ルアン)初来日!"

| | コメント (0)

2009/10/01

阿甘(アーガン)監督のインタビュー

1001agan19月21日から25日まで開催された「第2回したまちコメディ映画祭in台東」で、中国映画「浮かれたゴミ屋さん」が上映され、当日、浅草公会堂での上映前に、阿甘(アーガン)監督にインタビューしました。
これは、中国で人気の実力派俳優、郭濤(グオ・タオ)主演で今年のお正月映画として公開された、抱腹絶倒のラップミュージカル・コメディです。

続きを読む "阿甘(アーガン)監督のインタビュー"

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »