« 莫子儀(モー・ズーイ)、楊祐寧(トニー・ヤン)、戴立忍(ダイ・リーレン)監督のムービーメッセージ | トップページ | Podcast「ホット・ショット」イベント合同インタビュー »

2010/01/15

「練習曲」「遠い道のり」ほか台湾映画の秀作が一挙DVD化!

0115twposter2008年に、東京・名古屋・大阪で開催された「台湾シネマ・コレクション2008」で上映された秀作群が、「珠玉のアジアン・ライブラリー」シリーズとして、一挙DVD化されます。
若い才能が次々と登場している台湾映画界、これまでのアート色の濃い作品から良質のエンターテインメント作品が生まれています。
この「台湾シネマ・コレクション2008」で上映されたのは、2007年に製作された「練習曲」「遠い道のり」「Tattoo ー 刺青」「ビバ!監督人生!!」「ウエスト・ゲートNo.6」「DNAがアイ・ラブ・ユー」「午後3時の初恋」、そして特別上映の「シルク」(2006年製作)はその代表的な作品です。
「台湾シネマ・コレクション2008」が開催された年、台湾ではあの名作「九月に降る風」が生まれ、いま日本でもヒット中!台湾映画史上の記録を塗り替えた「海角七号 君想う国境の南」が誕生しました。

今回DVD化されるのは、「シルク」を除く7作品。「Tattoo ー 刺青」以外は、2作品セットで税込み3990円、たいへんお得なシリーズですね。

0115twcinema2珠玉のアジアン・ライブラリーvol.4『Tattoo ー 刺青』2月3日発売
監督:周美玲(ゼロ・チョウ)
主演:楊丞琳(レイニー・ヤン)梁洛施(イザベラ・リョン)
2007年ベルリン国際映画祭テディベア賞受賞
解説
痛みに耐えて皮膚に刺青という装飾をほどこすことで、人は本来の自分に一種の仮面をつけ、この生きにくい世界を生き抜こうとするのだろうか。かつて強い憧れを抱いた年上の女性、竹子との再会を果たした、女子高校生の小緑。幼いころの心の痛みを共有する2人は、磁石のように互いに惹きつけられていくが……。レズビアンであることを公言しているゼロ・チョウ監督の長編劇映画第2作は、1999年に起きた台湾大地震を重要なモチーフに、表面上は正反対の彼女たちが愛を希求する姿を繊細な筆致で描き出す。ネットの中で自由に変身し、夢の中を浮遊するように生きるジェイドを演じるのは、台湾のアイドル、レイニー・ヤン。刺青師としてクールに振舞いながら、弟が心を閉ざした原因は自分にあると苦悩しつづける竹子役に、大女優へのステップを確実に踏んでいる香港のイザベラ・リョン。2人の魅力が火花を散らしながら、さまざまな形の愛が綴られていく。

0115twcinema1珠玉のアジアン・ライブラリーvol.5『練習曲』×『ビバ!監督人生!!』2月3日発売
「練習曲」
監督:陳懷恩(チェン・ホァイエン)
主演:東明相(イーストン・ドン)、Saya 、達倫(K-One)
2007年「アジア海洋映画祭イン幕張」審査員特別賞   2007年台湾映画興収 第1位
解説
ギターを背負い、自転車で台湾1周を目指す青年が見た、リアルな台湾。
『悲情城市』の名カメラマン、渾身の初監督作品にして07年No.1ヒット作。
青年が自転車で巡る台湾一周旅行。美しい風景の連なりの中、道中で出会う素朴でおおらかな人々の人生の断片に触れ、生きていることの美しさや辛さを垣間見る。この作品に触発されて自転車で台湾一周する人々が続出したという大ヒット作品だ。映画は旅の2日目から始まり、最後に1日目が登場する。初日に意気軒昂に自転車を走らせる彼が出会った、木彫り像に込めたおじいさんの思いが、胸に沁みる。人生はこの旅のように起伏の繰り返しだが、出会った人たちを大切に、ふるさとの美しさを心にとどめようと、素直に思わせてくれる。聴覚障害のある主人公を演じるのは、これが映画初出演で実際に聴覚障害をもつイーストン・ドン。優しい笑顔が実に魅力的で、本作以降は俳優としても活躍中。監督は、『悲情城市』などのホウ・シャオシェン作品の撮影監督として名高いチェン・ホァイエン。この初長編監督作品で、彼は台湾への、そして人生への賛歌を、静かに奏でたのだ。

「ビバ!監督人生!!」
監督:鈕承澤(ニウ・チェンザー)
主演:張釣■(チャン・チュンニン)
2008年ロッテルダム国際映画祭NETPACK賞 受賞/2007年台湾金馬賞FIPRESCI賞 受賞
2008年上半期台湾映画興収 第1位
解説
大人気ドラマの演出家として、また俳優としても大活躍中のニウ・チェンザー。待望の初長編映画作品は、自ら主演しての半自伝的作品だ。軽薄なドラマ作りに嫌気がさし、腐敗した社会をえぐる骨太の映画を撮ろうと思い立った40男の奮闘と挫折が、おかしく悲しく赤裸々に描かれる。映画監督の苦悩を描いた点ではフェリーニの『81/2』や北野武の『監督・ばんざい!』に、女好きのダメ男を描いた点では韓国の鬼才ホン・サンス監督作品にも連なる、人間ドラマの傑作。恋人役には映画にドラマに大人気の才媛チャン・チュンニン(『闘茶 tea fight』)を起用し、また、子供時代に母親に愛されなかったと思い込んでいる主人公の母親役として、監督の実母が登場。少年時代にホウ・シャオシェン監督作品の主役を務めた経験もあり、台湾映画&ドラマ史を体現する存在のニウ監督。苦悩多き映画監督人生なれど、これからも活躍をおおいに期待!

0115twcinema3珠玉のアジアン・ライブラリーvol.6『』×『遠い道のり』3月3日発売
「午後3時の初恋」
監督:鄭芬芬(ジョン・フェンフェン )
主演:張孝全(ジョセフ・チャン) グォ・ビーティ
解説
午後3時に“現れる”ハンは、夕暮れ間際に毎日チンチンの店を訪れる。メガネをかけた無口な青年ハンと、視力がよく絵が得意な青年ユー。古びた時計店の娘チンチンが惹かれたのはハンだったが、ハンは10年前に亡くなったと彼女は知らされる……。友情と自責の念から人格が分裂した青年と、“彼”に恋をした女の子。ともにかつての心の痛手から立ち直れず、時計が止まったかのように同じ日課を繰り返し、次の一歩を踏み出せずにきた2人。愛の力は、2人を深い眠りのような日々から解放してくれるのだろうか。『花蓮の夏』のジョセフ・チャンとモデル出身でお人形のように愛らしいクォ・ビーティンが奏でる、ういういしくキュートな恋愛物語の背後にある、心の傷。時の重みが刻まれた、懐かしくて洒落た建物や小物と、みずみずしい緑にあふれた風景の世界の中で、女性監督チェン・フェンフェンは傷ついた者たちを優しく慰撫するように長編映画第1作をつくりあげた。

「遠い道のり」
監督:林靖傑(リン・チンチェ)
主演:桂綸[金美](グイ・ルンメイ)莫子儀(モー・ズーイー)
2007年 ベネチア国際映画祭 批評家週間最優秀作品賞 受賞
解説
それぞれに孤独を抱える3人が東海岸に向かう。ひょんなことから出会った男2人は旅をともにして互いの過去を打ち明けあい、若い女性は“音”を頼りに見知らぬ青年を探す。遠い回り道をして、人は自分でも知らないうちに求めていたものに、ようやく辿り着く。幸せにはなれない愛を振り切って旅に出るヒロインを演じるのは、台湾映画界のホープ、グイ・ルンメイ(『言えない秘密』)。失恋の痛みのせいで仕事まで失った録音技師助手の青年役は、舞台で培った若手演技派のモー・ズーイ。そして変態ぎりぎりの中年男性を演じて強烈な印象を残すのは、舞台中心に活躍しているジア・シャオグオ。監督は、これまでにドキュメンタリーや短編作品などで高い評価を得て、作家でもある多才の人リン・チンチェで、本作が初の長編劇映画になる。

0115twcinema4珠玉のアジアン・ライブラリーvol.7『ウエスト・ゲートNo.6』×『DNAがアイ・ラブ・ユー』3月3日発売
「ウエスト・ゲートNo.6」
監督:林育賢(リン・ユーシェン)
主演:彭于晏(エディ・ポン)阮經天(イーサン・ルアン)
解説
台北の渋谷とも呼ばれる若者の町、西門町。この町で気ままに生きる男の子2人と、どこか翳りを持つ女の子2人。楽しく戯れる4人は、やがて女子高校生連続失踪事件に巻き込まれていく。ドラマで大人気の男優エディ・ポンとイーサン・ルァンが、普段とは大きく違うヘアスタイルで登場、溌剌とした魅力を見せる。親友を裏切った後ろめたさを抱えるフィオナ役の韓国人女優、ユ・ハナ(劉荷娜)にも注目! リン・ユゥシェン監督は、全国体操大会を目指す少年たちの健気な姿を追ったドキュメンタリー『ジャンプ!ボーイズ』が2005年の台湾映画興行成績でドキュメンタリー部門1位に輝き、また金馬奨最優秀ドキュメンタリー作品賞を受賞、一躍注目の人となった。初の長編劇映画である本作では、スタイリッシュな映像とスピーディーな展開の中に、友情、恋、孤独、反抗といった若者心理を巧みに織り込み、極上のエンターテイメント映画に仕上げた。

「DNAがアイ・ラブ・ユー」
監督:李芸嬋(ロビン・リー)
主演:何潤東(ピーター・ホー)彭于晏(エディ・ポン)關穎(テリー・クワン)余男(ユー・ナン)
解説
ビビアン・スー主演の長編デビュー作『靴に恋する人魚』で、ロマンチックでファンタジック、乙女度満載の世界を創り上げたロビン・リー監督の、待望の第2作。今回は、リッチな無国籍空間の中、本物の愛を求める女性たちの涙ぐましい奮闘を、せつなくもコミカルに描き出す。肥満のDNAを持つ研究者メラニーを演じるのは、『トゥヤーの結婚』で大注目のユー・ナン、過激なまでに潔癖症のジジ役に、映画『ターンレフト・ターンライト』やドラマ「君につづく道」でスター街道まっしぐらのテリー・クワン。そして、愛するジジのために努力を惜しまない誠実な男性を、歌手としても俳優としても大人気のピーター・ホーが演じる。また、年上の女性メラニーにぞっこんになる青年に大ブレイク中のエディ・ポンが扮して、母性愛をおおいにくすぐる。大人の女性の中の乙女心を抽出して、今回もまたロビン・リー・ワールドがロマンチックに炸裂する!

※各作品の画像と解説は、エスピーオーのリリースより
発売元(株)エスピーオー

|

« 莫子儀(モー・ズーイ)、楊祐寧(トニー・ヤン)、戴立忍(ダイ・リーレン)監督のムービーメッセージ | トップページ | Podcast「ホット・ショット」イベント合同インタビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 莫子儀(モー・ズーイ)、楊祐寧(トニー・ヤン)、戴立忍(ダイ・リーレン)監督のムービーメッセージ | トップページ | Podcast「ホット・ショット」イベント合同インタビュー »