« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010/04/26

羅志祥(ショウ・ルオ)初の日本ライブ「SHOW ON STAGE TOKYO SPECIAL」大盛況!

0426show1歌手・俳優・司会として活躍中の、台湾のトップアイドル羅志祥(ショウ・ルオ)、1月に「ホッとショット」のイベントで発表された初の日本ライブ「SHOW ON STAGE TOKYO SPECIAL」が、4月24日(土)に、SHIBUYA-AXで行われました。
今回は「TOKYO SPECIAL」ということで、台湾などよりはコンパクトなコンサートでしたが、あっという間に完売したチケットをゲットしたファンの皆様の熱気で、当日の会場は大盛り上がり。
ライブの後には、マスコミ向けの合同インタビューが行われましたので、速攻、「アジアンパラダイスPodcast」にアップしました。

続きを読む "羅志祥(ショウ・ルオ)初の日本ライブ「SHOW ON STAGE TOKYO SPECIAL」大盛況!"

| | コメント (0)

2010/04/23

中国ドラマ「劉邦の大風歌」「北魏馮太后」DVDリリース!

0423dvd“歴女”などの流行語を生む歴史ブームの中、人気の中国歴史ドラマ2本がリリースされます。
ひとつは人気武将、項羽の宿命のライバル 劉邦の激烈な生涯を描く「劉邦の大風歌」。司馬遼太郎や横山光輝が描き、日本でも圧倒的な人気を誇る<項羽と劉邦の闘い>。
項羽を制し天下統一を成し遂げた 劉邦の<建国・政治>にスポットを当てた歴史大河ドラマで、400年続いた漢王朝を空前のスケールで描いています。総製作費6.1億円を投じたリアルな戦闘シーン、壮大なセット、豪華な衣装などが見どころで、中国本土に先がけ日本リリースが決定しました。

もうひとつは、中国史上初の女性権力者・馮太后の波乱に満ちた生涯を描く大スペクタクル歴史劇「北魏馮太后」です。両親を殺され、罪人の娘として宮廷入りし、下女から実権者にまで上りつめた女性のサクセスストーリーで、中国初の女帝といわれる則天武后が生まれる100年以上も前に存在した、中国史上初の女性権力者を描いています。

続きを読む "中国ドラマ「劉邦の大風歌」「北魏馮太后」DVDリリース!"

| | コメント (0)

2010/04/21

『桃花タイフーン!!』DVD-BOX、8月と9月に発売!

1208momoka飛輪海ジロー&ケルビン、“スウィート教祖”王心凌(シンディ・ワン)、「流星花園」F4 の朱孝天(ケン・チュウ)他大人気アイドルが勢揃いの台湾ドラマ『桃花タイフーン!!』は、現在ABC、メ〜テレほか地上波各局、BS ジャパンにて放映中ですが、ノーカット版のDVD-BOXⅠが8月4日、BOXⅡが9月2日に発売されることになりました。
また、DVD-BOXⅠ<初回限定版>購入特典として、2011 年1 月10 日(月・祝)東京都内某所にて開催される【主要キャスト来日イベント】へ応募者全員ご招待というお楽しみもあります。
来日キャスト(予定)は、ジロー<飛輪海>、王心凌(シンディ・ワン)、ケルビン<飛輪海>。
申込受付期間は、2010 年8 月4 日(水)〜11 月30 日(火)23:59 まで。詳しくは、公式サイトをご覧下さい。

続きを読む "『桃花タイフーン!!』DVD-BOX、8月と9月に発売!"

| | コメント (0)

2010/04/19

Podcast 曾少宗(フィガロ・ツェン)インタビュー

0410figaro1_3台北で行った、曾少宗(フィガロ・ツェン)のインタビューをアップしました。

こちらからどうぞ!

4月10日の記事はこちら

| | コメント (0)

第29回香港電影金像奨、「十月圍城」が大勝利!

4月18日(日)、第29回香港電影金像奨の発表受賞式が香港文化中心で行われ、最多15部門にノミネートされた「十月圍城」が作品賞、監督賞、助演男優賞、撮影賞、美術賞、アクション賞、音楽賞を獲得、大勝利をおさめました。
主演男優賞は、「天水圍的夜與霧」と「歳月神■」の2作品でノミネートされていた任達華(サイモン・ヤム)が、「歳月神■」で受賞、主演女優賞は、「心魔」の恵英紅(クララ・ワイ)が涙の受賞、助演男優賞は「十月圍城」の謝霆鋒(ニコラス・ツェ)、助演女優賞は「意外」の葉[王施](ミシェル・イェ)、新人賞は「歳月神■」の李治廷(アーリフ・リー)でした。
13部門にノミネートされた「赤壁 決戰天下(レッドクリフ Part II —未来への最終決戦—)」は、音響効果賞のみの受賞という結果に終わりました。
また、アジア映画賞は、日本の「おくりびと」が受賞しました。

続きを読む "第29回香港電影金像奨、「十月圍城」が大勝利!"

| | コメント (0)

2010/04/14

周杰倫(ジェイ・チョウ)台北コンサート、6月に決定!

0414jay1周杰倫(ジェイ・チョウ)のワールドツアー「周杰倫超時代演唱會」の台北公演が、6月11日と12日に台北アリーナからスタートすることが発表されました。
2000年にデビュー以来、今年で10年を迎えるジェイは、これまでに2002年、2004年、そして2007年に大型ワールドツアーを開催、今回が4回目のコンサートツアーになります。
タイトルは「周杰倫超時代演唱會」、内容は、これまでにリリースした9枚のアルバムに加えて、5月に発売される10枚目のアルバムからの新曲が披露されるそうです。

続きを読む "周杰倫(ジェイ・チョウ)台北コンサート、6月に決定!"

| | コメント (0)

2010/04/12

Podcast 賀軍翔(マイク・ハー)の来日インタビューと会見

0323mike2NTTコミュニケーションズのイベントで来日した、賀軍翔(マイク・ハー)の合同インタビューと記者会見をアップしました。

こちらからどうぞ!

| | コメント (0)

2010/04/10

曾少宗(フィガロ・ツェン)インタビュー!

0410figaro1_3曾少宗(フィガロ・ツェン)の5年ぶりの写真集「曼鏡頭」が、2月に出版されました。カメラが好きで、2005年にも「半成年愉快([ロ馬]?)」という写真集を出していたり、自身のブログでも色々な写真を披露してくれていますが、今回はタイのバンコクで撮った写真と文章で構成されています。
フィガロくんには2年前に東京で行われた「カンポウ6」の会見の後にインタビューしましたが、今回は、この写真集のことを中心に、台北でお話を伺いました。(写真撮影:福岡諒祠)

続きを読む "曾少宗(フィガロ・ツェン)インタビュー!"

| | コメント (0)

2010/04/08

映画「トロッコ」5月22日より公開!

0408torokko1張睿家(ブライアン・チャン)が出演している日本映画「トロッコ」が、5月22日よりシネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショーとなります。
この作品は、川口浩史監督が芥川龍之介の名作短編小説にインスピレーションを受け、その時代・舞台設定(原作は大正時代の伊豆が舞台)を現代の台湾に置き換えて、「少年の成長」と「家族の絆」をテーマに描く物語です。主演は尾野真千子、共演に洪流(ホン・リュウ)梅芳(メイ・ファン)張翰(チャン・ハン)萬芳(ワン・ファン)など台湾の名優達が顔を揃えています。
李屏賓(リー・ピンビン)による映像も素晴らしいこの作品の中で、ブライアンは台湾の森で植林に従事する心優しい純朴な青年を演じています。

続きを読む "映画「トロッコ」5月22日より公開!"

| | コメント (0)

2010/04/05

「とべないとり(原題:不能飛的鳥)」の小出正雪監督インタビュー

0405koide1日本人の小出正雪監督が、台湾を舞台に、キャストもスタッフも台湾人で撮った25分の短編「とべないとり」と、2005年に製作した日本映画「ふるり」は、「夢・二部作」として昨年12月4日から台湾で一般公開されました。
「とべない鳥」は、絵本をモチーフにした母と娘の物語、日本映画「ふるり」の方は、OLと少年が織りなすファンタジーで、台湾と日本、それぞれ別に作られた作品ですが、「夢」と「絵本」というキーワードが繋ぐ、どちらも素晴らしい作品です。

続きを読む "「とべないとり(原題:不能飛的鳥)」の小出正雪監督インタビュー"

| | コメント (0)

2010/04/02

賀軍翔(マイク・ハー)と鄭元暢(ジョセフ・チェン)インド帰朝報告会見

0331josephmike3_23月31日、台北で賀軍翔(マイク・ハー)と鄭元暢(ジョセフ・チェン)による、インド帰朝報告会見がありました。
これは、台湾のチャリティー団体「ワールドビジョン」が主宰するインドの子供達の健康を支援する活動「兒童健康・立刻行動」のキャラクターをつとめる張艾嘉(シルビア・チャン)賀軍翔(マイク・ハー)と鄭元暢(ジョセフ・チェン)の3人が、3月22日から27日まで、五歳以下の子供の死亡率が世界で一番高いインドの中でも最も貧しい、そして遠いバハールとジャムイを訪れ、子度たちの現状を視察・交流してきた報告会です。

続きを読む "賀軍翔(マイク・ハー)と鄭元暢(ジョセフ・チェン)インド帰朝報告会見"

| | コメント (0)

2010/04/01

劉徳華(アンディ・ラウ)、台北で「未来警察」のPR!

0330future5_2台湾で4月2日から始まる映画「未来警察」の記者会見とプレミアが、3月29日と30日に台北で行われました。
記者会見は、3月29日、台北西華飯店(シャーウッド・タイペイ)で行われ、主演の劉徳華(アンディ・ラウ)のほか、大S(徐煕媛=バービー・スー)、賀軍翔(マイク・ハー)、黒人(ヘイレン=陳建州)、樊少皇(ルイス・ファン)が出席しました。
本来は、「ミラクル七号」で日本でも話題になった徐嬌(シュー・チャオ)も予定されていたのですが、飛行機の遅れで間に合わず、残念。
台湾で大人気の子役小小彬(シャオシャオピン)も参加したプレミアの模様は、4月5日更新の「華流エンタメ応援団」に書きますので、ここでは記者会見の模様をお伝えします。

続きを読む "劉徳華(アンディ・ラウ)、台北で「未来警察」のPR!"

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »