« ロウ・イエ監督の「スプリング・フィーバー」11月に公開決定 | トップページ | Podcast 五月天(メイデイ)の合同インタビュー »

2010/07/11

2010 台北電影節 100萬元大賞は「乘著光影旅行」!

0711wind7月10日に、台北の中山堂で行われた 「2010 台北電影節 台北電影奨」授賞式で、台湾出身の名カメラマン李屏賓(リー・ピンビン)と彼の仕事を追ったドキュメンタリー映画「乘著光影旅行-(Let the Wind Carry Me)」が、100萬元大賞と、最優秀ドキュメンタリー賞、編集賞を獲得しました。
最優秀長編劇映画に鍾孟宏(チョン・モンホン)監督の「第四張畫」、最優秀短編映画は陳博彦(チェン・ボーヤン)監督の「爸爸不在家」、最優秀監督賞は「眼涙」の鄭文堂(チェン・ウェンタン)が受賞しました。

0711act主演男優賞は「第四張畫」で畢曉海(ビー・シャオハイ)が歴代最年少の受賞、主演女優賞は昨年の大ヒット作「聴説」の陳意涵(アイビー・チェン)、新人賞は、「一頁台北」の郭采潔(アンバー・クォ)、脚本賞は「父後七日」、音楽賞が「第36個故事」の雷光夏(レイ・グァンシャー)と侯志堅(ホー・ジージャン)、撮影賞は「臉(フェイス)」、映画産業賞が長編「台北星期天」と短編は「狙撃手」、メディア推薦賞が最優秀動画賞を獲った「簡単作業」、観客賞は「第36個故事」と、どれも納得のいく結果でした。
今年初めのヒット作「艋舺」が、美術賞のみに終わったのは残念ですが、それほどクオリティの高い作品ばかりだったということだと思います。

台北電影獎受賞一覧

100萬元大賞 「乘著光影旅行」
最優秀長編劇映画「第四張畫」
最優秀ドキュメンタリー映画「乘著光影旅行」
最優秀短編映画 「爸爸不在家」
最優秀動画   「簡単作業」
監督賞     鄭文堂(チェン・ウェンタン)「眼涙」
脚本賞     劉梓潔(エッセイ・リウ)「父後七日」
主演男優賞   畢曉海(ビー・シャオハイ)「第四張畫」
主演女優賞   陳意涵(アイビー・チェン)「聴説」
助演男優賞   蔡振南(ツァイ・チェンナン)「老徐的完結篇」
助演女優賞   張詩盈(チェン・シーイン)「父後七日」
新人賞     郭采潔(アンバー・クォ)「一頁台北」
編集賞     關本良(グァン・ベンリャン)許紘源(シュー・ハンユアン)「乘著光影旅行」
撮影賞     廖本榕(リャオ・ベンジュン)「臉」
音楽賞     雷光夏(レイ・グァンシャー)侯志堅(ホー・ジージャン)「第36個故事」
美術賞     黄美清(ホアン・メイチン)陳柏任(チェン・ボーレン)「艋舺」
映画産業賞・長編「台北星期天」
映画産業賞・短編「狙撃手」
メディア推薦賞 「簡単作業」
功労賞     葛香亭(クー・シャンティン)文英(ウェン・イン)
観客賞     「第36個故事」

「第四張畫」については、あらためて書きますが、「乘著光影旅行」の記事はこちらをご覧下さい。
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2010/05/post-dc52.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« ロウ・イエ監督の「スプリング・フィーバー」11月に公開決定 | トップページ | Podcast 五月天(メイデイ)の合同インタビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロウ・イエ監督の「スプリング・フィーバー」11月に公開決定 | トップページ | Podcast 五月天(メイデイ)の合同インタビュー »