« 伍家輝(ウー・ジャーフェイ)の台北ライブ | トップページ | 2010 台北電影節 100萬元大賞は「乘著光影旅行」! »

2010/07/10

ロウ・イエ監督の「スプリング・フィーバー」11月に公開決定

0710springfever中国で公式の映画製作を禁じられたロウ・イエ監督渾身の最新作「スプリング・フィーバー(原題:春風沈酔的夜)」は、昨年の東京フィルメックスで上映されましたが、今年11月6日より、渋谷シネマライズ ほか全国で順次公開されることになりました。
2000年に『ふたりの人魚』で国際デビューし世界の注目を集め、2006の『天安門、恋人たち』では、天安門事件を扱ったことと、その性描写により中国電影局の許可が降りなかったにもかかわらず、その年のカンヌ国際映画祭コンペティ ションで作品を上映。その結果、当局より5年間の映画製作・上映禁止処分を受けるということになりました。

ロウ・イエ監督は、は『天安門、恋人たち』を終えてすぐに『スプリング・フィーバー』の脚本に取りかかりましたが、一 部のプロデューサーからは「5年間の映画製作禁止となった以上、中国の映画館で上映することもでき ないのに、どうやって新しい映画の資金を得るのか。
「5年後に話し合おう!」と心配されたといいます。
しかし 幸いなことに、これまでの彼の作品を海外にセールスしてきたフランスのワイルドバンチと香港から、撮影に必要なだけの映画制作資金を確保することができました。

「この映画は、純粋なラブストーリーです。日常に生活する人と人の間に起きる心の衝動を描きました」
と語る、ロウ・イエ監督渾身の最新作『スプリング・フィーバー』では、その処分を無視し、家庭用デジタルカメラを使用しゲリラ的に撮影を敢行。検閲という束縛がない事により、かえって自由な映画製作を行う事ができたそうです。完成後、2009年度カンヌ国際映画祭コンペティションで上映され、脚本賞を受賞し世界から賞賛されました。

狂おしいほどの欲望と絶望。移ろい、漂う、心と身体。
寡黙ながらも激しい感情をデジタル映像が捕らえた静謐な画面からは、複雑に絡みあう想いと衝動が溢れ出し、南京の日常の中で紡がれる普遍的な愛の物語が浮かび上がります。

劇中で恋人たちが朗読するのは、高校の教科書にも載っているというほどポピュラーな中国の作家 郁達夫(ユイ・ダーフ)の『春風沈酔の夜』の中の一節。社会という体制の中で移ろう個人の感情を繊細 に描いたこの作品は、映画の原作ではないものの、本作に色濃く影響を与えています。

【ストーリー】
現代の南京を舞台に、“春の嵐”(スプリング・フィーバー)により掻き乱された一夜を彷徨うかのような、男女五人。
夫ワン・ピンの浮気を疑う女性教師リン・シュエは、その調査を探偵に依頼し、相手がジャン・チェンという “青年”であることを突き止める。夫婦関係は破綻し、男ふたりの関係も冷え込んでしまう。その一方、探 偵とジャンは惹かれあっていく。ジャンと探偵とその恋人リー・ジン。奇妙な三人の旅が始まった…。

「スプリング・フィーバー」
監督:婁燁(ロウ・イエ)
出演:秦昊(チン・ハオ)陳思成(チェン・スーチェン)譚卓(タン・ジュオ)呉偉(ウー・ウェイ)江佳奇(ジャン・ジャーチー)

11/6 渋谷シネマライズ ほか、 全国順次公開
配給・宣伝:アップリンク

以上、アップリンクのリリースより

昨年の東京フィルメックスでのロウ・イエ監督関連記事
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2009/11/post-7e1e.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 伍家輝(ウー・ジャーフェイ)の台北ライブ | トップページ | 2010 台北電影節 100萬元大賞は「乘著光影旅行」! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伍家輝(ウー・ジャーフェイ)の台北ライブ | トップページ | 2010 台北電影節 100萬元大賞は「乘著光影旅行」! »