« Podcast AKのインタビュー | トップページ | 伍家輝(ウー・ジャーフェイ)の台北ライブ »

2010/07/07

「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」で中国映画『透析(原題)』上映

0707tousekiデジタルシネマの新しい才能の発掘を目指し、2004年にスタートした「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」」が、今年で 7回目を迎え、過去最多となる85の国と地域から、長編・短編あわせて810本のエントリーがあり、長編13作品、短編10作品がノ ミネートされました。
このうち、長編部門に中国から『透析(原題)』がノミネートされ、映画祭期間中には2回上映があります。


『透析(原題)』2009年/98分/中国)
ある死刑判決が3人の男と家族に与えた心の葛藤を、実話をもとに描 いた社会派ドラマ。

車を盗んだ罪だけで死刑判決を受けた男。判決を下した裁判長の娘は 別の盗難車事故で死んでいた。腎臓を患う裕福な男は死刑囚に臓器提 供を持ちかける。だが死刑執行直前に法律が改正された。

監督:リウ・ジエ( Liu Jie)
1968年中国生まれ。1987年北京?影学院に入学し、北京電影学院にて撮影コー スに学んだ後、 ベルリン映画祭でプレミア上映され、カルロヴィヴァリ、ヘルシンキ、 トロントなどの数々の国際映画祭に招待された『北京の自転車』(01)(ワン・シャオ シュアイ(王小帥)監督)の撮影を担当。Courthouse On The Horseback』(06)で 長編監督デビュー。2作目にあたる本作と共に、ベネチア映画祭で上映され高い 評価を得る。

◆上映日:€7月26日(月)11:30〜(多目的ホール)、 7月31日(土)17:00〜(映像ホール)
◆前売り券:コンペ1回券 600円 ほか各種(6月21日(月)〜7月22日(木)まで発売)
◆映画祭公式サイト: http://www.skipcity-dcf.jp

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭のリリースより

|

« Podcast AKのインタビュー | トップページ | 伍家輝(ウー・ジャーフェイ)の台北ライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Podcast AKのインタビュー | トップページ | 伍家輝(ウー・ジャーフェイ)の台北ライブ »