« 第45回電視金鐘獎ノミネート発表! | トップページ | Podcast 彭于晏(エディ・ポン)と明道(ミンダオ)合同インタビュー »

2010/09/25

「THE☆ナッツコレ2010」で鄭元暢(ジョセフ・チェン)と唐禹哲(タン・ユージャ)が来日!

0925natsu1台湾版「イタズラなKiss」シリーズのジョセフ・チェン主演日本コミックス原作胸キュン学園ラブコメディ『ぴー夏がいっぱい』DVD-BOXⅠの発売を記念して、9月20日に<初回限定版>のご購入者を対象にしたイベント「THE☆ナッツコレ2010」が開催されました。
主演の鄭元暢(ジョセフ・チェン)と唐禹哲(タン・ユージャ)が来日して、ファッションショーという企画のこのイベント、主催者発表では昼夜2回公演で計1500人が参加したということです。
今回も、フリーアナウンサーの山本周子さんによるレポートをお届けします。

まさか!まさか!のサプライズがいっぱい!!! 
「THE☆ナッツコレ2010」イベントレポートです。

参加されたファンの方は、ファッションショーを取材する記者という設定で、それぞれのブログでレポをあげるそうですから、それはもう、思い思いの目線で熱いレポがあがっていると思います。
私からは、特にインパクトのあったシーンを中心にお届けします。

0925natsu2■イベント(昼の部)
高低差のないフラットな会場。中央には、これぞファッションショー!というクロス(十字)のキャットウォーク
(花道・ランウェイとも言いますが、そこは、あえてキャットウォークで^^)が配置されています。
開演前は、写真撮影に備えてカメラチェックに余念のない皆様。
私も今までにないステージレイアウトに期待が高まりました 。

最初に登場したのは、タン・ユージャ。
大ぶりのサングラスに上下黒で決めたスタイルで堂々のモデルウォークを見せてくれました。
私の第1印象、タン君のヒップはとにかく小さい。(←こんなことを書いていいのでしょうか?)
長めにたらした前髪の奥に見える瞳の輝きが素敵。
足は細いのに、肩幅や腕はしっかり・・かなり鍛えているように見えました。

そして、さぁ続いては、ジョセフの登場ね!・・・と思いきや、ステージに立った人のフォルムが、意外にガッチリ。
ジョセフ、案外背が低いのね・・・いやいや、違う、ジョセフじゃない!でも、どこかで見たことが・・・・・通訳のサミュエル周さんだーーーー!
(短い時間で、これだけのことを考えました。)
いつものJK姿に白いショールを首からはらりとかけて、周さんがモデルウォークをしているではないですか!センターでは、「ゲッツ」的なポーズまで!
まさかのサプライズ①です。

0925natsu3思わぬ遊び心で、会場も大盛り上がり。自然に手拍子が起こって、いよいよ、ジョセフ・チェンが登場。
この日は、おでこ全開 短めのヘアスタイル。富士額(ふじびたい)では?と思うほど、額まで美しい、すっきりした顔立ち。
会場からの「キャー!」「カッコイイ!」という歓声にもクールな表情で貫禄のウォーキング&ポージングです。
後半は客席からの声援に笑顔で応えてましたが、前半のモデル・ジョセフの凛々しい立ち姿、このファッションショーだからこそ見られた瞬間なのかも。
ショーのラスト、ジョセフとタン君二人が一緒にステージに並んだ画は、ため息ものでした。

トークタイムでは、初デートのプランや行きたい場所、更に、その日彼女に着てほしい洋服がマネキンで紹介されました。
タン:淡水で町並みや屋台、川辺を散歩。彼女の服はナチュラルテイストのミニのロンパース。可愛いのにセクシー♪がお好きらしいです。
ジョセフ:墾丁の海で日光浴。サンオイルを塗りあったり、海で泳いだり。服は、ボディラインにピッタリくるミニワンピース。超セクシー路線です。
そして水着は、二人とも ピンクのビキニがお好みだそうで。

会場からの質問コーナーは記者会見風に、メモをとりながら。
皆さん、事前に質問を考えに考えて来られた様子。「質問のある方は〜?」との声に、会場の半数以上の方が手を挙げられていました。
そして、さすがはファンの方。プレスからは決して聞けない質問が飛び出します!
Q「今日のパンツの色を教えて下さい。」・・・・(会場歓声!&驚!)・・それをお聞きになるのですね。。私の中でのサプライズ②です^^

下が白の衣装を着ていたジョセフは、動じることなく、「僕の衣装から想像すれば、何色かすぐわかるよね〜」と笑顔で答えてましたが、
タン君は恥ずかしそうに、「ファンからもらったアニメキャラで・・・(照)」。
と、ここから、ファンにとってはありがた〜い^^ ジョセフからのツッコミ攻撃スタート。
ジョセフ「何のキャラ?」
タン「スティッチ・・・(照)」
ジョセフ「スティッチはパンツの前?後ろ?どこに付いてるの?〜Hello! スティッチ!」
タン「前にも後ろにも付いてて、前のスティッチは頭が小さくて、後ろのは頭が大きい。」
恥ずかしそうなのに、ジョセフに聞かれると詳しく丁寧に説明するタン君。可愛かったですね〜。

(※ちなみに、イベント中「プレスの方からも質問をどうぞ〜」と言って下さったので、私もひとつ質問をしたのですが、
プレスの自制心からか、内心抱いていた「タン君のようなヒップになるにはどうすれば??」というチャレンジャーな質問はできず^^;・・・小心者。)

イベントの模様は、リアルタイムでtwitter配信されていたそうで、会場に来れなかった人からの質問も紹介されました。
Q今年の夏の思い出は?
ジョセフ:.昨日、一人でラーメン屋に行って食べた帰り、歩いてたら、偶然彼(タン君)に会って、タン君もラーメンが食べたいって言うから、
もう一度引き返してお店に連れて行ってあげた。
タン:人がいっぱいいる中で、僕を見つけたジョセフはすごい。
・・・仲良しなんですね。それにしても、一人でラーメンに食べに行ってたジョセフにビックリ!
そして、この夏アルバムのプロモーションで忙しかったタン君は、15日に来日して、久しぶりのお休みを日本で過ごしていたらしいです。

最後は、ファンの方による写真撮影!
二人がキャットウォークのポイントでポーズをとる度に、歓声とフラッシュの嵐です。
ジョセフは、次々に表情を変えて、手を振ったり、Vサインをしたり、かがんでファンの方を覗き込んだり、日本語で「ダイジョウブ?」と話しかけたり、ワンショット毎に動いてました。
一方、タン君はゆっくりポーズを変えて、しばらく静止 そしてまたポーズを変えてSTOP。
二人の個性が違っていて、それもまた楽しい撮影タイムでした。

そして、二人が退場してしまい、会場が名残惜し〜い雰囲気に包まれている中、まさかのサプライズ③が発表されました。
「この後、二人が皆さんを握手でお送りします!」
「えぇーーーーーきゃーーーーーー!!うれしい〜〜〜〜〜!」この回一番の歓声が響き渡りました。
そして、後方の出口扉が開くと、二人が手を振ってます!
会場の熱が一気に上がったのは言うまでもありません。
ファンの方にとって、嬉しい嬉しいビッグサプライズで幕を閉じた「THE☆ナッツコレ2010」イベントでした。

0925natsu4■囲み取材
一部終了後ほどなくして、会場のバックヤードで囲み取材が行われました。
Q:イベントの感想
タン:久しぶりの来日ですが、今までと違ってファッションショーがあったので、緊張していました。
僕はモデル出身ではないので、失敗したらどうしよう・・恥ずかしいなと思いながらも、1回目は上手くこなせました。
質疑応答の中には、プライベートな質問もあって、良い雰囲気だったので、2回目もこの感じでいければ・・・。
ジョセフ:僕の大好きな時間です。日本に来て、ファンの皆さんと至近距離の交流ができること。どんな質問でも良いのですが、
その場であがったファンからの質問に答える・・なかなかこういう機会はないので、交流できて嬉しい。
今日のサプライズでの握手は、僕にとってもサプライズでした。昨日わかっていたら・・・手のお手入れをしておけば良かった(笑)

Q:.ドラマタイトルの「ぴー夏」にちなんで、台湾のお勧めピーナッツ料理・スウィーツは?
ジョセフ:ピーナッツアイス。マンゴーアイスに負けないくらい美味しいので、探してみて下さい。
タン:小さい頃はあまり好きではなかったけど、大人になってピーナッツ入りのおぼろ豆腐を食べたら美味しくて大好きになりました。
ぜひ食べてみて下さい。

Q:撮影から時間が経っていますが、お互いの変わったところなどは?
ジョセフ:実はよく会ってます。同じレコード会社で、同じ学校出身で、今月もダンス教室で会いました。10月のコンサートのリハーサル・練習で。
彼はあまり変わってないかな〜少し変わったかな〜?僕と一緒の作品で彼がデビューしたのが19歳のときで、青いな〜と(笑)。
タン:ジョセフは親友であり、良い先輩。(ここで、ジョセフが「先輩じゃなくて、親友で良いよ。」と言ってました^^)
初めての現場で一緒でしたが、ジョセフは新人に対して親切で温かくて、いつも声をかけてくれたので、緊張がとけてやれるようになった。
今でも感謝してる。本当に良い先輩です。

で、・・・・・あまり先輩、先輩と言うと、年取ってるみたいに聞こえるから、親友・友達で という結論に落ち着きました^^

Q:昼の部のイベントで特に印象に残っている事は?
タン:初めてファッションショーの舞台の最先端まで歩いてみて、これまでは後ろのファンがなかなか見えない、遠かったのですが、
今回は気が利いてるアレンジでファンとの距離が縮まったのが印象的。また、初めてのプライベートな質問で、パンツの色の質問は恥ずかしかった。
ジョセフ:ファッションショーの設定なので、思い切りファンの方に写真を撮ってもらって、ファンの方の満足している表情が見られて嬉しかった。
下着の質問については、ここにいる記者の皆さんは聞きたくても聞けない質問でしょう(笑)。でも、ファンなら聞ける・・それが印象に残ってます。 

ここで、囲みは終了。
最後は二人とも、日本語で「お疲れ様でした〜」と言いながら、爽やかに控え室へ入って行きました。

【この日のMCは、イラン出身のタレント サヘル・ローズさんでした。
綺麗で明るくて元気いっぱいなサヘルさんに、二人の印象を伺ってみると、
ジョセフさんは、ドラマの印象のままクールな方かなと思っていたら、とても気さくで、自分の事だけでなく周り全体に気を配れる方なんです、とのこと。
タン君は、シャイな方なのですが、目が合えば、その度に頭をペコっペコっと下げて挨拶してくれるんですよ。と話してくれました。】

追加情報
ピーナッツの生産で有名な千葉県八街市から、キャラクターのピーちゃんとなっちゃん(着ぐるみ)が来ていて、帰りにお客さんへのお土産もありました。

ファッションショーの衣装協力は、A|X ARMANI EXCHANGE/ hiyoriです。

『ぴー夏がいっぱい』DVD-BOXⅠ&Ⅱ
発売中 各¥13,440(税込)
発売元:リッツプロダクション 販売元:東宝

|

« 第45回電視金鐘獎ノミネート発表! | トップページ | Podcast 彭于晏(エディ・ポン)と明道(ミンダオ)合同インタビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第45回電視金鐘獎ノミネート発表! | トップページ | Podcast 彭于晏(エディ・ポン)と明道(ミンダオ)合同インタビュー »