« 「4枚目の似顔絵」鍾孟宏(チョン・モンホン)監督Q&A | トップページ | Podcast 鍾孟宏(チョン・モンホン)監督ロングインタビューPart3 »

2010/10/31

第23回東京国際映画祭、東京 サクラ グランプリはイスラエルの 『僕の心の奥の文法』!

1031tiff第23回東京国際映画祭最終日の10月31日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで受賞式が行われ、東京 サクラ グランプリはイスラエルの 『僕の心の奥の文法』に、最優秀アジア映画賞は韓国の『虹』 が選ばれました。

以下、東京国際映画祭のリリースより。

受賞一覧

コンペティション
東京 サクラ グランプリ 『僕の心の奥の文法』 (監督: ニル・ベルグマン)
審査員特別賞 『一枚のハガキ』 (監督: 新藤兼人)
最優秀監督賞 ジル・パケ=ブレネール (『サラの鍵』)
最優秀女優賞 ファン・ビンビン (『ブッダ・マウンテン』)
最優秀男優賞 ワン・チエンユエン (『鋼のピアノ』)
優秀芸術貢献賞 『ブッダ・マウンテン』 (監督: リー・ユー)
観客賞 『サラの鍵』 (監督: ジル・パケ=ブレネール)

TOYOTA Earth Grand Prix
TOYOTA Earth Grand Prix 『水の惑星 ウォーターライフ』 (監督: ケヴィン・マクマホン)
TOYOTA Earth Grand Prix 審査員特別賞 『断崖のふたり』 (監督: ヨゼフ・フィルスマイアー)

アジアの風
最優秀アジア映画賞 『虹』 (監督: シン・スウォン)
スペシャル・メンション 『タイガー・ファクトリー』 (監督: ウー・ミンジン)

日本映画・ある視点
作品賞 『歓待』 (監督: 深田晃司)

コンペティション審査委員長のニール・ジョーダンさんは、「審査委員は、小さな劇場でコンペティション部門の作品を見ました。素晴らしい体験でしたが、映画を次から次へと見ていると、人間がつくっているものであることを忘れてしまいます。しかし、多くの人たちが関わって映画はつくられているわけで、今日皆さんの顔を見ることができて嬉しいです。選ぶのに大変苦労しましたが、皆さんにも納得していただける結果であったと思います」とコメント。また、審査員特別賞を受賞された新藤兼人監督に向けて、「私は16歳の頃ダブリンで新藤さんの映画を2本見て非常に感銘を受けました。その他にも日本の素晴らしい作品を見ましたが、新藤さんの作品は今でも心に残っています。当時は、まさか自分が映画をつくる仕事をするとは思っていませんでした。この度は、監督の作品が含まれているコンペティション部門で審査委員長を務めさせていただき、また、新藤さんに賞をお贈りできたことは幸せな体験でした」と述べました。
東京サクラグランプリに輝いた『僕の心の奥の文法』のニル・ベルグマン監督は、「8年前、『ブロークン・ウィング』でこの賞をいただきました。映画づくりはプロセスが重要で、賞をとることじゃないと言ってきました。ただ、受賞作品はイスラエルでも成功しましたし、賞を受賞することの重要性にも気付きました。自分のつくる映画がどのように受け止められているかを実感できるからです。本当にありがとうございました。」

|

« 「4枚目の似顔絵」鍾孟宏(チョン・モンホン)監督Q&A | トップページ | Podcast 鍾孟宏(チョン・モンホン)監督ロングインタビューPart3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「4枚目の似顔絵」鍾孟宏(チョン・モンホン)監督Q&A | トップページ | Podcast 鍾孟宏(チョン・モンホン)監督ロングインタビューPart3 »