« 「第四張畫(4枚目の似顔絵)」ナント三大陸映画祭で観客賞! | トップページ | 第54回アジアパシフィック映画祭速報 »

2010/12/01

鄭元暢(ジョセフ・チェン)新ドラマ「國民英雄」記者会見

1201horo1鄭元暢(ジョセフ・チェン)と郭采潔(アンバー・クォ)主演のドラマ「國民英雄」が台湾で12月5日から放送開始になります。
それにさきがけ、11月13日に台北市内のホテルで記者会見が行われました。
今回はファンとの交流イベントでもある為、50名のファンが参加、いつもの記者会見とは違う雰囲気の中、会場の後ろ扉からファンの歓声に包まれて登場した二人。ジョセフは、テレビのスターキャスターという役柄に合わせたスーツ姿がとてもよく似合い、素敵です。

1201horo2ステージに上がった二人は、司会者からの質問に答え、フォトセッション。
このドラマは、ジョセフ演じるキャスターが婚約者の殺害事件の容疑者として警察に追われながら、自力で真犯人を見つけようとするサスペンス。アンバーは、それを追う腕の立つカメラマン=パパラッチだそうです。
殺される婚約者を演じるのは、陳妍希(ミシェル・チェン)。環境破壊を無視して開発を進める大企業の反対運動をしていているという設定、これがストーリーのキーになるのかも知れませんね。

1201horo3劇中で郭采潔(アンバー・クォ)陳妍希(ミシェル・チェン)周采詩(チョウ・ツァイシー)3人の美女とベッドシーンがあるというジョセフ。「ベッドシーンは好きだよ。だってアクションシーンと比べてみて。ベッドに横になっているから樂でしょ。」と、笑わせてくれます。

1201horo4ファンの皆さんをバックにしてのフォトセッションの後は、恒例の囲み取材。電波媒体の時は立って沢山のマイクに囲まれますが、紙媒体の囲みでは円卓でリラックスした質疑応答です。出されたケーキには手を付けなかったジョセフですが、フルーツは美味しそうに食べていましたね。多くの女優さんがそうであるように、アンバーは飲み物に口を付けただけでした。

これまでのアイドルドラマとはひと味違う「國民英雄」、楽しみです。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 「第四張畫(4枚目の似顔絵)」ナント三大陸映画祭で観客賞! | トップページ | 第54回アジアパシフィック映画祭速報 »

コメント

早く日本でも、放送してほしいです、お願いします

投稿: 大橋克江 | 2010/12/09 17:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「第四張畫(4枚目の似顔絵)」ナント三大陸映画祭で観客賞! | トップページ | 第54回アジアパシフィック映画祭速報 »