« 周杰倫(ジェイ・チョウ)来日!「グリーン・ホーネット」ジャパンプレミア | トップページ | Podcast 飛輪海(フェイルンハイ)の合同インタビュー! »

2011/01/23

劉徳華(アンディ・ラウ)台湾で映画「新少林寺」のプロモーション!

0122shorinji1映画「新少林寺」のプロモーションの為、1月21日に劉徳華(アンディ・ラウ)が台湾を訪れました。宣伝活動の会場となった西門町の映画館前広場には、ファンが大勢詰めかけ、アンディの到着を待っていました。
予定時間を15分ほど過ぎて姿を現した劉徳華(アンディ・ラウ)と陳木勝(ベニー・チャン)監督は、全身を金色に塗った少林寺拳士たちに迎えられ、ステージに上がります。

0122shorinji4この映画の中で一番好きなシーンは?と聞かれ、アンディは監督の陳木勝(ベニー・チャン)監督から水道の蛇口のようだと形容された范冰冰(ファン・ビンビン)と別れる場面で泣くシーンだと答えました。どんなことを思うとそんなに泣けるのか、と司会者に聞かれたアンディは「妻と離れなくてはならないと思って泣きます。」と。
この「妻」とは劇中の范冰冰(ファン・ビンビン)のことを言っているのですが、「ある人に嫉妬されるのが怖くないですか?」と突っ込まれると、「わぁ、うまく誘導したけど、それは聞かないでね。」と、相変わらずプライベートに関しては口を閉ざしていました。

0122shorinji2今年はうさぎ年ということで、可愛い女の子がうさぎの着ぐるみを着て自分が書いた絵を持って現れると、子供好きのアンディはすぐさま抱き上げてポーズ。一斉にフラッシュが炊かれます。
また、共演に謝霆鋒(ニコラス・ツェ)については、激しい戦いのシーンがあるそうですが「彼のアクションは素晴らしいけど、僕に遠慮してか手加減しているようだったのが残念だ。」と語っていました。

0122shorinji3そして、少林寺拳法の師範が登場して型を見せた後、少年拳士たちと共に「七星拳」のポーズをとりましたが、緊張した師範がちょっとグラつく中、アンディは1ヶ月の特訓の甲斐あって揺るぎもせずに見事な姿勢を保ちました。

|

« 周杰倫(ジェイ・チョウ)来日!「グリーン・ホーネット」ジャパンプレミア | トップページ | Podcast 飛輪海(フェイルンハイ)の合同インタビュー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 周杰倫(ジェイ・チョウ)来日!「グリーン・ホーネット」ジャパンプレミア | トップページ | Podcast 飛輪海(フェイルンハイ)の合同インタビュー! »