« 台湾映画「台北24時」BS日テレで放送! | トップページ | ウーズン来日ファンミーティング7月2日開催! »

2011/06/01

台湾映画「帶一片風景走」イベント

0601leaving110日ほど前、6月17日から台湾で公開になる映画「帶一片風景走」の、前売り券発売イベントを取材して来ました。
この作品は、難病になった妻を車椅子に乗せて台湾一周するという実話に基づき、夫婦の愛を描いたロードムービーです。主役のこの夫を演じるのが黃品源(ホア・ピンユエン)ということで、いそいそと会場へ向かいました。

0601leaving会場に着いて、まず前売り券を購入。予想はしていましたが、地味な台湾映画ですから、メディアの数はあまり多くありません。なので、取材はと〜っても楽です。
この日は、監督の澎恰恰(ポン・チャアチャア)、主演の黃品源(ホア・ピンユエン)と妻役の侯怡君(ホウ・イージュン)、その娘を演じる高靖榕(カオ・ジンロン)が登壇しました。
集まった観衆は、この映画のターゲットである中年以上の方が多かったですね。

0601leaving2監督の澎恰恰(ポン・チャアチャア)は「私は、台湾で一番年上の新人監督です。」と場内を笑わせました。そう、この方は台湾の有名な司会者であり、歌手、音楽クリエイター、俳優、さらに芸能界の野球選手としても活躍しているという、多才な人なのです。
「今回、この話をもらい原作『百萬步的愛』を読んでたいへん感動しました。日本では『1リットルの涙』という映画がヒットしましたので、これは台湾でもきっと多くの人に感動してもらえる作品になると思いました。あらためて、身近な家族の大切さを感じてもらえたらと思います。そして、この病気の治療の進歩を祈っています。」と語りました。

0601leaving3黃品源(ホア・ピンユエン)にとっては、「ヒート・ガイズ 傷だらけの男たち(重案黐孖GUN)」以来7年ぶりの映画です。2001年の「冷戦(九龍冰室)」が好評だったので、2作続いて香港映画でクールな悪役を演じましたが、スクリーンデビューは1992年、名匠王童(ワン・トン)監督の「無言的山丘」という、シリアスな台湾映画でした。この映画で澎恰恰(ポン・チャアチャア)と兄弟役でしたから、今回もそのご縁かも知れませんね。

0601leaving4妻役の侯怡君(ホウ・イージュン)は、主にテレビドラマに出ている女優さん、司会者としても活躍していて、昨年の台湾のテレビアワード金鐘獎でバラエティ部門の司会者賞を獲得しています。
今回は、実年齢よりも20くらい上の役で、役作りにはかなり苦労したそうです。

0601leaving5この二人の娘を演じる高靖榕(カオ・ジンロン)はテレビでドラマや司会の仕事がメインですが、これが映画初出演となります。
歌手活動はしていませんが、このイベントできれいな歌声を聞かせてくれました。さすが、原住民歌手の高勝美の姪だけあります。

0601leaving6澎恰恰(ポン・チャアチャア)と侯怡君(ホウ・イージュン)は司会者だけに、二人のマシンガントークは止まることを知らず、たぶん色々なエピソードを語っていたのだと思いますが、私の語学力では聞き取れませんでした。(^_^;)
トークタイムの後は、観客とともにフォトセッション、そしてサイン会という流れです。
私も前売り券を買ったので、サイン会にならんでポスターにサインをしてもらい、黃品源(ホア・ピンユエン)には握手もしてもらいました。インタビューをしたのは3年前なので、覚えてはいないだろうけど・・・。(^o^)

|

« 台湾映画「台北24時」BS日テレで放送! | トップページ | ウーズン来日ファンミーティング7月2日開催! »

コメント

はじめまして。黄品源大好き~♪のまっちゃんと申します。
『帶一片風景走』のレポートありがとうございました。
品源兄さんの久々の映画出演、それも主役!ということで、
とても楽しみにしているのですが、地味な映画なので、
あまり話題にならないだろうな~と心配しておりました。
なので、日本で話題になるはずもなく・・・とあきらめモードだったところに、この記事が!
日本公開は厳しいと思いますが、この映画を紹介していただきありがとうございました。
ちなみに、私もブログに記事を書きました。中文力がないので、情けない内容ですけど。
まっちゃん通信<帶一片風景走・Leaving Gracefully>
http://zhu-ni-xing-fu.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/leaving-gracefu.html
これからも品源兄さんネタに期待しております。よろしくお願いいたします。

投稿: まっちゃん | 2011/06/04 10:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾映画「台北24時」BS日テレで放送! | トップページ | ウーズン来日ファンミーティング7月2日開催! »