« 「賽德克.巴萊」総統府で台湾プレミア! | トップページ | Podcast 五月天(メイデイ)「追夢3DNA」 合同インタビュー »

2011/09/09

「命運化妝師(Makeup)」東京国際映画祭“アジアの風”で上映決定!

0718makeup2台湾で4月に行われた「2011金馬奇幻影展(ファンタスティック映画祭)」のオープニングを飾り、「台北電影節」でも上映、6月に一般公開されたヒット作「命運化妝師(Makeup)」が、10月22日から開催される東京国際映画祭の“アジアの風”で上映されることになりました。
この情報は台湾の「命運化妝師」の映画会社からのリリースで、本来はまだ東京国際映画祭からの公式発表前ですが、東京国際映画祭事務局に許可をいただきましたので掲載します。

0909makeupこのニュースを聞いた主演の謝欣穎(シェ・シンイン)と隋棠(スイ・タン)はたいへん喜び、機会があったら監督と一緒に日本へ行き、観客の反応を直接感じたいと語りました。
謝欣穎(シェ・シンイン)は、2006年に同じく“アジアの風”で「アリスの鏡」が上映されましたが、この時はベルリンに行く直前で東京へは行かれなかったため、今回の機会を楽しみにしているそうです。
隋棠(スイ・タン)は、「もし機会があれば引き続き色々な役を演じたい。台湾映画のために力を注ぎたいです。」と心強いコメント。

0624makeup1「命運化妝師(Makeup)」は、死に化粧を仕事とする女性が、ある日自殺したという高校時代の教師の死体と対面するところから始まります。失意の夫は妻の過去を知る彼女に接近、一方でこの自殺に疑問を持った刑事が独自の捜査を……というストーリー。
台北電影節で初演女優賞を受賞した謝欣穎(シェ・シンイン)、台湾で社会現象を起こして大ヒット、いま日本でも放送中のドラマ「結婚て幸せですか」で主演している隋棠(スイ・タン)に加え、「花蓮の夏」の張睿家(レイ・チャン ※ブライアン改め)、演技派呉中天(ウー・ジョンティエン)の4人が演じるメインキャストの思いが交錯するサスペンスであり、とても深い愛憎劇です。

0718lian1監督は、これが初の長編第一作となる連奕琦(リエン・イーチー)、台湾映画史の記録を塗り替えた大ヒット作「海角七号 君想う国境の南」では助監督を務めました。
今回の吉報には大喜びで、お祝いのメールを送ったところ「とてもうれしい。東京へ行くのが楽しみだ」というお返事をいただきました。
「アジアンパラダイス」では台湾での公開時にインタビューをしていますので、ぜひPodcastでお聞きになって下さい。
また、以下の記事をご参照いただき、ぜひ東京国際映画祭“アジアの風”のスクリーンで「命運化妝師(Makeup)」をご覧下さい。

「命運化妝師」台北プレミア
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2011/06/post-3c02.html

「命運化妝師」台湾で公開中! 映画館でQ&A
http://china.alc.co.jp/culture/ouendan/2011/06/post_61.html

連奕琦(リエン・イーチー)監督インタビュー記事
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2011/07/podcast-07e5.html

連奕琦(リエン・イーチー)監督インタビュー音声
http://asianparadise.sblo.jp/article/46814018.html

東京国際映画祭は10月22日から30日まで開催、これから随時新情報が発表されますので、公式サイトで確認して下さい。
http://www.tiff-jp.net/ja/

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 「賽德克.巴萊」総統府で台湾プレミア! | トップページ | Podcast 五月天(メイデイ)「追夢3DNA」 合同インタビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「賽德克.巴萊」総統府で台湾プレミア! | トップページ | Podcast 五月天(メイデイ)「追夢3DNA」 合同インタビュー »