« 王宥勝(ワン・ヨウション)11月に公式初来日! | トップページ | 『パフェちっく!~スイート・トライアングル~』ノーカット版 DVD発売! »

2011/10/19

「スターな彼」握手会イベントレポート

1018star110月16日(日)、真夏の暑さが戻ってきた東京六本木で台湾人気ドラマ『スターな彼』握手会が行われました。
今回も、フリーアナウンサー山本周子さんの愛あふれるレポートでお楽しみ下さい。

この日の主役は文字通りスターな賀軍翔(マイク・ハー)と今回が初公式来日の陳至愷(チェン・チーカイ)。マイクは去年イベントでご一緒した事があり、スターのオーラがビシビシ伝わってくるのは充分承知^^・・・一方チーカイは、お初です。自他共に認める(?)台湾の「速水もこみち」と聞いていましたので興味津々で登場を待ちました。

1018mike1マイクが演じた役名の「ボー・イエ緊急記者会見」という設定でイベントが開演。
まずは、「今回の会見を企画したウェイリー(チーカイの役名)さん!」という紹介があって、会場左手の扉から、チェン・チーカイ、颯爽と登場です!(「頭小さっ!細っ!背高っ!」・・・と思っているうちに、あっという間にステージへ到着^^歩くのも早っ!)
続いて、ボー・イエことマイク・ハーが、会場後ろの扉から光を連れて入ってきました!大歓声の中、客席の間をファンの皆さんとハイタッチをしながらステージへ。(プレス席が最後列だったので、この瞬間は目に焼きつきました。白いジャケットが映えて、まさにスターの貫禄^^益々精悍になりましたね~)
とは言え、日本の印象は「ラーメンまいう!」と相変わらずお茶目なマイク。対して「京都のお寺に行った事はあるけど東京は初めて」と初々しいチーカイ。日本の女性について、マイクは「やさしい」「うつくしい」と得意の日本語で答え、一方チーカイは「優しい話し方が好き」だそうです。(そうそう、大事な事を・・・通訳はおなじみのサミュエル周さんです。)

ここから「ボー・イエ日本へ短期留学」のお題のもと、二人は二つの課題に挑戦します。

1018star2最初は「スターなら日本語で演技を習得せよ!」。
二人が選んだ名シーンを日本語の台詞で再現するのですが、相手役のダーシンを会場から選びます!MCの安井まみこさんが「やりたい人~?」と立候補を募ったところ、手を挙げたのはなんと10名位。(皆さま、奥ゆかし過ぎです^^;・・・・)最終的には座席番号が表示されるルーレットで、マイク・チーカイそれぞれの相手役が決定。どちらもダーシンへの愛の告白シーンです♪
チーカイはタクシーを止めて運転していた彼女に「君が好きだ」・・・(演技の後、ふらふらになりそうなファンの方を優しくハグしてあげていて、それはもうカッコよかったです)。マイクは空港のシーン。「君さえいればそれでいいんだ」・・のあと、本当は「キス」なのですが、さすがにそこは「ハグ」になりました。(この時、「キスしてもいいですか?」というMCの問いかけに拍手で応えているファンの方が結構いて、驚きました!キスしたい唇NO.1のマイクですから、ファンの方もキスシーンには慣れっこ?別に動じることはないのかも?・・・等と想像をめぐらせ、勝手に納得&尊敬^^;)

続いて「スターなら感性を研ぎ澄ませ!」。
二人の手元に色紙が用意され、制限時間2分間で感性を表すという課題・・・美術専攻のチーカイは絵を、マイクは好きな日本語を書くことに。隣にいるマイクをチラチラ見ながら筆を進めるチーカイは、どうやらマイクを描いている様子。気づいたマイクが顎を手に乗せるポーズをとってみせたり、逆に今度はマイクがチーカイを描きはじめたり(・・イケメン二人が無邪気に戯れる姿にうっとり)。
完成したチーカイの絵は、繊細なタッチでデッサンしたマイクの横顔。「外見を描くというより、マイクの内面を絵にした」そうで、短いコメントでしたが美術への思い入れを感じました。絵を見たマイクの感想は「最高の出来でしょう。」「もみあげがポイント(笑)」とも言ってたような^^。
マイクが書いた日本語は「笑顔に笑顔の明日が来る」。(素敵な言葉ですね~マイクのあの輝く笑顔にはそんな思いも込められているんですね。)ひらがなもとても上手でした!

1018zhikai1
と、ここまでは、あくまでドラマの役柄の設定だったため、一旦退場した後、改めてマイク・ハー、チェン・チーカイとして登場。いよいよ握手会のスタートです!
購入したDVDの形態によっては、握手の他にマイク、チーカイと一緒の3ショット撮影も出来る特典つき。450名の参加者とのふれあいの時間が始まりました。

何しろ長身の二人。写真を撮る際、小柄な女性にあわせて少ししゃがんで姿勢を低くしてくれます。
最初こそ、「優しいな~」とほのぼの見ていましたが、だんだん、「彼らの腰は大丈夫?膝はがくがくしてこないのかな?」と心配になるくらい・・・とにかく、かがんで撮影して、立って握手!の連続です。でも、表情は至ってリラックスモードで、マイクは時々ふっと素の顔も覗かせながら、ファンとの近い距離での交流を楽しんでいました。(『スターな彼』ですが、気さくで飾らないマイクが魅力です。)チーカイも微笑みを絶やしません。思いの外、チーカイに話しかけるファンの方が沢山いて、その度にまっすぐな眼差しで耳を傾けていたのが印象的でした。

握手会の途中、ファンの方から事前にもらった質問に答えるQ&Aが行われました。幾つかピックアップしますと、
Q.今後行ってみたいところは?
A.マイク:アメリカに親友がいるので会いに行って勉強もしたい。
Q.背が高くて得した事と困った事は?
A.チーカイ:色んな物が見える。タンスの上に何があるかとか(笑)。困ったのは、昨日江戸東京博物館に行ったら、狭いところが多くて、くぐって入らなきゃいけなかった。(やっぱり博物館とか好きなんですね~真から芸術系の人だ!)
Q.撮影中、どちらが多くNGを出したか指差してください!
A.二人一斉にチーカイを指す(笑)  等々。

1018mike2握手会&撮影会は1時間半以上行われたのですが、このQ&Aのほか、周さんの中国語講座や参加者へのインタビューなどがあり、待っている間も楽しく過ごせました。
この日のイベントのために全国から来られたファンの方々・・遠くは香港、国内では沖縄からも。そして3ショット撮影ということもあり、真っ赤なサリー(インドの伝統衣装)やお着物姿の方などオシャレな装いの方が目立ちました。

忘れてはならないのが、マイクの最新写真集。トークの時にMCの安井さんからから「セクシーな写真集が発売されて・・・」という紹介が少しあったのですが、ワタシ的にはもっとマイクに突っ込んで聞いてくれてもOKでした^^と言うか、聞きたかっただけなんですけど^^;
この日は会場限定マイクのサイン入りで150冊の写真集が用意されていたのですが、握手会の合間、「限定サイン入り!」の告知と同時に売り場に列ができ、速攻完売!予約受付に切り替わっていました。私も中を拝見・・・絞られて均整の取れた美しいラインで、表情も無垢だったり憂いがあったり・・・見応え充分でした♪(ただ、後方でスタッフの方が、時々「マイク最新ヌード写真集~!」と声を掛けているのが妙に耳に残ってしまい・・・「ヌード写真集」って・・・照れますね^^;)

そういえば、中国語講座でファンの方から周さんに「『マイク、ヌード最高!』って中国語でなんて言うんですか?」という質問があり、周さんが「それは言えないので、僕からそっと伝えておきます」と恥ずかしそうでいらしたのが可愛くて(←失礼^^;)、最終的には、日本語で「写真集、最高!」と言えばマイクには通じるそうです(笑)。

1018zhikai2握手会終了後は、再び短いQ&Aタイム。
Q.オフの日は何してる?
A.チーカイ:家で映画観ているか、外ならバスケット。 マイク:バスケ・水泳・ゲーム(サッカーFIFA?)
Q.ドラマ撮影で印象に残ったシーンは?
A.マイク:空港で大勢の人の前で彼女に告白する場面は勇気がいるシーンだった。チーカイ:全力疾走するシーンが多くて大変だった。
Q.台湾のオススメスポットは?
A.マイク:宜蘭や陽明山。チーカイ:台湾東部の太魯閣渓谷や士林夜市も。

最後はそれぞれにご挨拶です。
マイク:いつも応援して下さって、ありがとうございます。「あいしてる」
チーカイ:お会いできて嬉しいです。今日一人一人の方に「好き」や「憧れてる」と言われて愛を実感しています。

投げキッスをしながら退場していくマイクに対して、軽い会釈をしてすーっと下がるチーカイ。
その対比がキャリアの差もしくは個性かなと、ギャップのある良いオトコ二人を堪能しました。
(今回は若干、初物チーカイにフューチャーしてしまいましたが、これからどんな風に成長していくのか注目です。)
そして何より、ファンの皆さんの今日の笑顔がきっと明日の笑顔を呼ぶと思うと、『スター』の仕事は意義深いですね。開場から閉演までとてもスムーズで、終演後は清清しさを感じたイベントでした。(山本周子)

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。


|

« 王宥勝(ワン・ヨウション)11月に公式初来日! | トップページ | 『パフェちっく!~スイート・トライアングル~』ノーカット版 DVD発売! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 王宥勝(ワン・ヨウション)11月に公式初来日! | トップページ | 『パフェちっく!~スイート・トライアングル~』ノーカット版 DVD発売! »