« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011/11/30

第四十八屆金馬獎レポート〜プレスルーム編

1130jinma1第四十八屆金馬獎、今年は台湾映画「賽德克、巴萊(セデックバレ)」が最多受賞、香港映画「桃姐」がメインの賞を獲得するという結果でしたが、授賞式はとてもシンプルな構成で、時間も短縮されていました。というのも、パフォーマンスの時間が減ったためです。そのため翌日の台湾の新聞ではテレビやネット中継で見ていた観客たちから不満が多かったと書かれていましたが、不景気なので仕方ないでしょう。個人的には、充分楽しめましたし、スッキリしていて良いと思いましたけど・・・。

続きを読む "第四十八屆金馬獎レポート〜プレスルーム編"

| | コメント (0)

2011/11/29

第四十八屆金馬獎レポート〜レッドカーペット編

1129jinma111月26日に行われた第四十八屆金馬獎は、先にお伝えしたように13部門ノミネートの「賽德克、巴萊(セデックバレ)」が、作品賞、助演男優賞、音響効果、オリジナル音楽、年度台灣傑出映画人、観客賞を獲得して最多受賞となりました。
今年は台北から車で1時間半ほど南へ降りた新竹が会場となり、レッドカーペットは納豆と楊千霈(ピンク・ヤン)の進行で、司会の曾志偉(エリック・ツァン)と曾宝儀(ツァン・パォイー)父娘に続き、主席の侯孝賢(ホウ・シャオシェン)と新聞局長、そして今年のキャラクターとなった阮經天(イーサン・ルアン)の3人が登場。そして、メディアにも事前には知らされていなかった香港の任達華(サイモン・ヤム)が大きく手を振って歩いてきました。

続きを読む "第四十八屆金馬獎レポート〜レッドカーペット編"

| | コメント (0)

2011/11/28

周杰倫(ジェイ・チョウ)「驚嘆號」サイン会 in 台北

1128jay1周杰倫の11枚目のニューアルバム《驚嘆號》が11月11日に台湾で発売になり、このサイン会が11月27日に台北の西門町で行われました。今回のプロモーション活動の中で、この日しか行わないイベントなので、西門町の通称"映画街"にはたいへんな数のファンが集まり、取材エリアにたどり着くまでがたいへん。人混みをかき分け『不好意思,我是媒體(すみません、メディアです!)』と断りながらようやくステージの所へたどり着きました。ロープをくぐって行くと、なんともう周杰倫が私の前を通り過ぎてステージに上がって行くではないですか!

続きを読む "周杰倫(ジェイ・チョウ)「驚嘆號」サイン会 in 台北"

| | コメント (0)

Podcast 東京国際映画祭「あの頃、君を追いかけた」合同インタビュー

1128anokoro1東京国際映画祭のアジアの風で上映された「あの頃、君を追いかけた」の九把刀(ギデンズ)監督と主演の柯震東(クー・チェンドン)、陳妍希(ミシェル・チェン)の合同インタビューをアップしました。

この映画、台湾だけでなく香港でも大ヒット、ついに「インファナルアフェア」を抜いて歴代興行成績第二位に浮上、とてつもないヒットです。
そして、11月26日に行われた台湾金馬奨では、「賽德克、巴萊(セデック・バレ)」の3人の候補を押さえて、柯震東(クー・チェンドン)が新人賞を獲得しました。

続きを読む "Podcast 東京国際映画祭「あの頃、君を追いかけた」合同インタビュー"

| | コメント (0)

2011/11/27

第四十八屆金馬獎「賽德克、巴萊」が作品賞!

11月26日、台北の近郊、新竹で「第四十八屆金馬獎」の授賞式が行われ、「賽德克、巴萊」が作品賞ほか5部門で最多受賞、香港映画の「桃姐」は許鞍華(アン・ホイ)が監督賞、劉徳華(アンディ・ラウ)が主演男優賞、葉德嫻(デニー・イップ)が初演女優賞に輝き、新人賞は「那些年,我們一起追的 女孩(あの頃、君を追いかけた)」の柯震東(クー・チェンドン)が獲得しました。

続きを読む "第四十八屆金馬獎「賽德克、巴萊」が作品賞!"

| | コメント (0)

2011/11/25

言承旭(ジェリー・イェン)と鄭元暢(ジョセフ・チェン)共演の新作映画「花漾」発表!

1125huayang1「TATTOO 刺青」「彷徨う花たち / Drifting Flowers(原題:漂浪青春)」などの台湾の周美玲(ゼロ・チョウ)監督の新作、「花漾」の製作発表会見が11月24日に台北のWホテルで行われました。
メインキャストは、言承旭(ジェリー・イェン)、鄭元暢(ジョセフ・チェン)、陳妍希(ミシェル・チェン)、陳意涵(アイビー・チェン)という豪華顔合わせ。とりわけメディアの前に登場するのは久々の言承旭(ジェリー・イェン)と映画初出演の鄭元暢(ジョセフ・チェン)が初めて共演するということで、地元台湾のほかに香港、日本、大陸などから大勢の取材陣が集まりました。

続きを読む "言承旭(ジェリー・イェン)と鄭元暢(ジョセフ・チェン)共演の新作映画「花漾」発表!"

| | コメント (0)

2011/11/21

根強い同志電影人気

1121tonzhi中国語を勉強しているとき、とにかく失敗を恐れず使ってみるということが大事だと言われています。もちろん、これは中国語に限らず語学学習においての基本なのですが、時には本当に失敗して大恥をかくこともありますよね。
実は、先日私も大失敗をやらかしました。
「中国語ジャーナル」のインタビューのコーディネートで、先方のマネージャーさんとメールでやりとりをすることが多いのですが、この間あるマネージャーさんから別の担当者を紹介され、名前と電話番号がメールに書かれていました。この方は同僚の方なのかどうか知りたくて、「他是你的同志嗎?」と書いてしまったのです。正しくは「同僚」は「同事」なのですが、ピンイン入力で「shi」とするところを「zhi」と誤入力してしまったのです。つまり「彼はあなたの同性愛相手ですか?」という意味になってしまいました。これに気づいた私の友人(台湾在住10年で、いつも通訳をしてもらっています)から指摘され、大慌てでお詫びと訂正メールをしたのです(^_^;)

続きを読む "根強い同志電影人気"

| | コメント (0)

Podcast 映画「星空」林書宇(トム・リン)監督インタビュー後編

1114lin2この秋台湾で一番の話題作、絵本作家幾米(ジミー)の原作を映画化した「星空」の林書宇(トム・リン)監督の単独インタビュー後編をアップしました。

インタビューはこちら

記事はこちら

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。


| | コメント (0)

2011/11/17

「星空」サイン入り特製ポストカードプレゼント

1117starpresent勢いのある台湾映画界でこの秋一番の話題作は、「九月に降る風」以来3年ぶりの林書宇(トム・リン)監督が絵本作家幾米(ジミー)の原作を映画化した「星空」です。
主題歌を五月天(メイデイ)が担当していることでも注目され、今年で釜山国際映画祭ワールドプレミアとして上映されました。
「星空」は、両親の離婚で傷ついた少女が、同じように心の傷をもつ少年と出会い、ふたりで旅に出る、というファンタジー。

この「星空」の林書宇(トム・リン)監督サイン入り特製ポストカード(6枚セット)を抽選で1名の方にプレゼント。ご希望の方は文化放送の携帯サイトからお申し込み下さい。
お持ちの携帯のメニューから「ラジオ」→「AM」→「文化放送」とアクセスして下さい。(お申し込みには会員登録が必要になります。)

続きを読む "「星空」サイン入り特製ポストカードプレゼント"

| | コメント (0)

2011/11/16

「一万年愛してる」劇場公開&DVD発売決定!

1116aini2010年台湾で大ヒットしたラブコメディ映画「一万年愛してる」は、今年3月に大阪アジアン映画祭で上映され大盛況でしたが、いよいよ劇場公開とDVD発売が決定しました。

「一万年愛してる」特別上映会
日 時:2012年1月4日(水)10:30-12:20<上映>/12:30-13:00<舞台挨拶>
場 所:シネマート新宿 http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/
チケット:2,100円均一(チケットぴあ独占先行 Pコード:558-744 ※詳細は後日発表)
ゲ スト:ヴィック・チョウ、加藤侑紀(予定)

映画「一万年愛してる」一般劇場公開
期 間:2012年1月5日(木)〜1月9日(祝)10:30-
場 所:オーディトリウム渋谷 http://a-shibuya.jp/
チケット:一般1,700円/学生1,400円
前売り:1,400円均一(チケットぴあ独占先行予約 Pコード:463-304)

続きを読む "「一万年愛してる」劇場公開&DVD発売決定!"

| | コメント (1)

2011/11/15

金馬影展に日本映画「東京公園」の青山真治監督と三浦春馬が参加

1115tkpark1開催中の金馬影展では、日本映画も沢山上映されていますが、一般公開も決定している「東京公園」の青山真治監督と三浦春馬が台湾を訪れ、記者会見や舞台挨拶、上映後のQ&A、台湾各メディアの取材、監督の講演会など短い日程の中、精力的にプロモーション活動を行いました。

金馬影展でのチケットは秒殺で完売、三浦春馬の空港出迎えのファンも多数、登壇した第二回の上映時はまるで“ファンミーティング”のような様子だったそうです。

続きを読む "金馬影展に日本映画「東京公園」の青山真治監督と三浦春馬が参加"

| | コメント (0)

2011/11/14

Podcast この秋台湾で話題の映画「星空」林書宇(トム・リン)監督インタビュー

1114lin1今年の台湾映画界は昨年にも増して勢いがありますが、中でもこの秋一番の話題作「星空」は、「九月に降る風」以来3年ぶりの林書宇(トム・リン)監督が絵本作家幾米(ジミー)の原作を映画化した映画です。昨年釜山国際映画祭の企画マーケットでCJエンターテインメント賞を獲得し、今年ワールドプレミアとして上映されました。
すでに記者会見やプレミアの模様をお伝えしていますが、公開間もない11月7日に台湾の製作会社「原子映像」のオフィスで林書宇(トム・リン)監督に単独インタビューをしました。

続きを読む "Podcast この秋台湾で話題の映画「星空」林書宇(トム・リン)監督インタビュー"

| | コメント (0)

ヴィック・チョウ × 加藤侑紀 主演映画 「一万年愛してる」劇場公開記念スペシャルファンミーティング決定!

0825aini2周渝民(ヴィック・チョウ)主演の台湾映画「一万年愛してる」は、2010年に台湾で公開され大ヒット、今年3月大阪アジアン映画祭の上映では発売と同時に売りきれとなり、追加に追加を重ねる人気ぶりを示しました。
この「一万年愛してる」の劇場公開が決まり、これを記念して、およそ1年ぶりとなるヴィックの来日ファンミーティング 『WILL YOU STILL LOVE ME IN 2012?』が開催されます。
このイベントには、同映画でヒロイン“みかん役”を演じた新進気鋭の注目女優、加藤侑紀の参加も決定し同映画にちなんだ恋愛に関するプログ ラムも満載の一日限定の”恋愛パワースポット”が渋谷に登場します。お正月にふさわしい、恋愛成就の初詣になること間違いなしのイベントです。

続きを読む "ヴィック・チョウ × 加藤侑紀 主演映画 「一万年愛してる」劇場公開記念スペシャルファンミーティング決定!"

| | コメント (0)

2011/11/13

金馬影展「昨日的記憶」プレミアin 台北

1113kinou2台湾で開催中の映画祭「金馬影展」では、世界各国の新作・話題作がたくさん上映されており、人気作品はチケット売り出しと同時にソールドアウトとなる盛況ぶりです。
前回はオープニング作品《10+10》のプレミアの模様をお伝えしましたが、11月12日には気鋭の4人の監督が認知症をテーマにしたオムニバス映画「昨日的記憶」のプレミアが行われました。
この4人の監督は、昨年台北電影節で100万元対象を獲得し、東京国際映画祭でも上映された「風に吹かれて−キャメラマン李屏賓の肖像(乘著光影旅行)」の姜秀瓊(チャン・ショーチョン)監督、同じく東京国際映画祭で上映された「ジュリエット(茱麗葉)」の沈可尚(シェン・カーシャン)監督、台湾でも数々の賞を受賞して、2009年にNHKアジア・フィルム・フェスティバルで上映された「ピノイ・サンデー(台北星期天)」の何蔚庭(ホー・ウェイティン)監督、そして2008年のアジアフォーカス福岡国際映画祭で上映された「流浪神狗人(神も人も犬も)」の陳芯宜(チェン・シンイー)監督です。

続きを読む "金馬影展「昨日的記憶」プレミアin 台北"

| | コメント (0)

2011/11/12

周杰倫(ジェイ・チョウ)ニューアルバム《驚嘆號》記者会見 in 台北

1112jay111月11日、周杰倫(ジェイ・チョウ)のニューアルバム《驚嘆號》リリースの当日、台北市内のWホテルで記者会見が行われました。さすがに“天王”と呼ばれるジェイだけに、記者やカメラマンの数も半端ではありません。いつもならギリギリに来る台湾メディアも30分前にはほとんど揃っていて、私もなんとか端っこですが最前列を確保できました。


続きを読む "周杰倫(ジェイ・チョウ)ニューアルバム《驚嘆號》記者会見 in 台北"

| | コメント (0)

2011/11/10

2011金馬影展《10+10》開幕記者会見

11101010111月4日に開幕した「2011金馬影展」、そのオープニング作品《10+10》の記者会見が台北市内のホテルグランドハイアットのボールルームで行われました。
《10+10》は、台湾を代表する20人の監督がそれぞれ5分の短編を製作し綴られた記念すべき作品です。
この20人とは、金馬影展の主席である侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督を筆頭に、王小棣(ワン・シャォディー)王童(ワン・トン)朱延平(チュー・ユエンピン)何蔚庭(ホー・ウェイティン)吳念真(ウー・ニエンチェン)沈可尚(シェン・カーシャン)侯季然(ホウ・チーラン)張艾嘉(シルビア・チャン)張作驥(チャン・ツォーチ)陳玉勳(チェン・ユーシュン)陳國富(チェン・グオフー)陳駿霖(アイビー・チェン)楊雅喆(ヤン・ヤージー)鄭文堂(チェン・ウェンタン)鄭有傑(チェン・ヨージエ)蕭雅全(シャォ・ヤーチェン)戴立忍(ダイ・リーレン)鍾孟宏(チョン・モンホン)魏德聖(ウェイ・ダーシェン)です。

続きを読む "2011金馬影展《10+10》開幕記者会見"

| | コメント (0)

2011/11/08

台湾の人気ユニット、飛輪海のケルビン 日本公式ファンクラブ発足!

1108calvin台湾観光イメージキャラクターとしてもおなじみの飛輪海(フェイルンハイ)のメンバー、ケルビンの日本公式ファンクラブ「CALVIN SMILE CLUB」が発足し、11月10日(木)にプレオープンされます。
10月1日(土)に東京で行われ た来日ファンミーティングも大いに盛り上がりを見せた飛輪海、メンバーの中でもとりわけ、番組司会者として活躍を見せているケルビン今後の活動に注目!

続きを読む "台湾の人気ユニット、飛輪海のケルビン 日本公式ファンクラブ発足!"

| | コメント (0)

2011/11/07

Podcast LOLLIPOP F インタビュー in 台北

1107lollipopf1LOLLIPOP Fのセカンドアルバム「DANCE」が10月20日にリリースされ、いま4人はアジア中を駆け巡ってのプロモーション中です。そんな中、日本のメディアの為に時間を取ってくれて、11月1日に3媒体がそれぞれ個別インタビューを行いました。
去年、雑誌のインタビューで録音を担当したり、先月バースデーファンミでの合同インタビューはしたものの、アジアンパラダイスでの単独は初となります。

続きを読む "Podcast LOLLIPOP F インタビュー in 台北"

| | コメント (0)

映画「星空」台湾プレミア、豪華ゲストで開催!

1107xinkong1勢いのある台湾映画界でこの秋一番の話題作は、「九月に降る風」以来3年ぶりの林書宇(トム・リン)監督が絵本作家幾米(ジミー)の原作を映画化した「星空」です。この映画は、大陸の大手映画会社華誼兄弟の「H計畫」の10本に選ばれて製作されたもので、昨年釜山国際映画祭の企画マーケットでCJエンターテインメント賞を獲得し、今年ワールドプレミアとして上映されました。
主題歌を五月天(メイデイ)が担当していることでも注目され、プレミア会場の微風廣場には大勢のファンが集まりました。

続きを読む "映画「星空」台湾プレミア、豪華ゲストで開催!"

| | コメント (0)

2011/11/06

ブルース・リー生誕祭 2011☯ETERNAL LEGEND シネマート六本木にて11月26日より開催

昨年、生誕70周年を迎えたブルース・リー。70年代に世界中を熱狂させた大ブームから早くも30年以上の時が流れようとしています。映像技術の進化により、高度なアクションは誰もが手にできるものになったといえます。それでも、今観てもなお、ブルース・リーの生身のアクションと、一分の隙もない肉体は、デジタルが作り出す 映像への驚きや驚嘆を、遥かに、易々と、凌駕するのです。
また、初期の作品でみせる笑顔やユーモラスな演技からは、人間味も感じ取ることができます。ブルース・リー伝説は、永遠に風化することなく続いてゆくでしょう。ブルース・リー未体験という方にこそ、是非ご覧いただきたい特集上映です!

続きを読む "ブルース・リー生誕祭 2011☯ETERNAL LEGEND シネマート六本木にて11月26日より開催"

| | コメント (0)

2011/11/04

台湾映画「星空」記者会見

1104star111月4日から開幕する「金馬影展」のオープニングにして、同日に一般公開となる映画「星空」の記者会見が、台北近郊の観光地淡水で行われました。
リリースが届いた時、“うわっ、淡水!”とちょっとひるみましたが、当日はとても良い天気なのでそんな気持もどこかへ飛び、現地に向かいました。淡水は、台北から電車で40分くらいで行かれる日帰りコースの観光地です。今回は、映画会社が淡水の駅から会場までシャトルバスを用意しており、その大型バスで「漁人埠頭」へ。「漁人埠頭」は、淡水の河口近くにある観光ポイントで、「情人橋(恋人橋)」のたもとにフォトセッション用のパネルが設置されていました。

続きを読む "台湾映画「星空」記者会見"

| | コメント (0)

2011/11/03

Podcast 東京国際映画祭「あの頃、君を追いかけた」Q&A

1025apple1東京国際映画祭のアジアの風で上映された「あの頃、君を追いかけた」のQ&Aをアップしました。
登壇したのは、監督の九把刀(ジウバーダオ Giddens)と主演の柯震東(クー・チェンドン)と陳妍希(ミシェル・チェン)。

記事はこちら。

インタビューはこちら。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »