« 第四十八屆金馬獎「賽德克、巴萊」が作品賞! | トップページ | 周杰倫(ジェイ・チョウ)「驚嘆號」サイン会 in 台北 »

2011/11/28

Podcast 東京国際映画祭「あの頃、君を追いかけた」合同インタビュー

1128anokoro1東京国際映画祭のアジアの風で上映された「あの頃、君を追いかけた」の九把刀(ギデンズ)監督と主演の柯震東(クー・チェンドン)、陳妍希(ミシェル・チェン)の合同インタビューをアップしました。

この映画、台湾だけでなく香港でも大ヒット、ついに「インファナルアフェア」を抜いて歴代興行成績第二位に浮上、とてつもないヒットです。
そして、11月26日に行われた台湾金馬奨では、「賽德克、巴萊(セデック・バレ)」の3人の候補を押さえて、柯震東(クー・チェンドン)が新人賞を獲得しました。

1128anokoro2東京国際映画祭では柯震東(クー・チェンドン)、陳妍希(ミシェル・チェン)の個別インタビューを申し込んでいたのですが、希望媒体が多いとのことで、合同インタビューになってしまいました。
私は音声を録音する為、収録環境を整えるべく事務局の方や一緒に取材するほかの5媒体の方のご協力をいただき、ミニ会見のような感じになりました。
日本の観客の反応、次回作の予定、主演の二人は役柄と実生活とはどのように違うのか、大ヒットの要因、何故そこまで男の子をお馬鹿に描いたのか、監督の好きな日本のアニメの影響力などを順番に聞いていきました。

1128anokoro3そして、これまた順番に各媒体が写真撮影をして、短い取材時間は終わり。映画のテイストにあわせて“幼稚な感じでお願いします”と言うと、即座にこんな楽しいポーズをしてくれました。

監督には「中国語ジャーナル」のインタビューでじっくりお話を伺っているのですが、柯震東(クー・チェンドン)と陳妍希(ミシェル・チェン)にもう少し色々聞きたかったなぁと思いますが、台北での機会を待つことにします。

インタビューはこちら。

※関連記事 東京国際映画祭「あの頃、君を追いかけた」舞台挨拶とQ&A
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2011/10/qa-77de.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

1128anokoro41128anokoro51128anokoro6

|

« 第四十八屆金馬獎「賽德克、巴萊」が作品賞! | トップページ | 周杰倫(ジェイ・チョウ)「驚嘆號」サイン会 in 台北 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第四十八屆金馬獎「賽德克、巴萊」が作品賞! | トップページ | 周杰倫(ジェイ・チョウ)「驚嘆號」サイン会 in 台北 »