« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011/12/29

〈超能力者〉公開記念カン・ドンウォン祭 ~カン・ドンウォンの、全部 Part2~1月開催

1228watashiカン・ドンウォンとコ・スの美しすぎる競演が話題となった、『超能力者』が3月に公開されますが、これに先立ち、カン・ドンウォンの映画出演作で、現在上映可能な作品を全部上映しよう! という企画上映の第2弾を実施。カン・ドンウォンのバースデー(1/18)にかけて、シネマート六本木にて 1 月14 日(土) ~ 1 月27 日(金)に開催されます。

当日料金:一般・学生 1,300円/シニア 1,000円
サービスーデー:月曜男性・水曜女性・木曜会員1000円
※「超能力者」の第二弾前売券提示で 1300円→1000円(前売券1枚につき1回割引)

続きを読む "〈超能力者〉公開記念カン・ドンウォン祭 ~カン・ドンウォンの、全部 Part2~1月開催"

| | コメント (0)

2011/12/27

第7回大阪アジアン映画祭オープニング作品は『道〜白磁の人〜』!

1227michi毎年春3月、「大阪の街を元気に!」を合言葉に開催されてきた大阪アジアン映画祭。第7回となる今回は、2012年3月9日(金)〜18日(日)の10日間にわたって開催されます(プレイベントも、3月3日から先行開催)。
そのオープニング作品に、日韓の映画人が結集して作り上げた『道〜白磁の人〜』が決定、これがワールドプレミアとなります。

続きを読む "第7回大阪アジアン映画祭オープニング作品は『道〜白磁の人〜』!"

| | コメント (0)

2011/12/26

台湾映画「星空」のロケ地セットも一般公開開始!

1226xingong1以前、映画「賽德克、巴萊(セデックバレ)」のロケ地の一般公開についてお伝えしましたが、これに続いて林書宇(トム・リン)監督の「星空」のロケ地セットも一般公開がスタートになりました。
これは、劇中主人公2人が尋ねていくお爺さんの丸太小屋です。500万元かけて作られたこの丸太小屋は、嘉義縣政府の努力により阿里山に残すことを決定、来年5月頃まで一般客に開放することになりました。

続きを読む "台湾映画「星空」のロケ地セットも一般公開開始!"

| | コメント (0)

Podcast 東京国際映画祭「運命の死化粧師」Q&A

1226makeup東京国際映画祭のアジアの風で上映された、台湾映画「運命の死化粧師」Q&Aをアップしました。
登壇したのは、連奕琦(リエン・イーチー)監督、脚本の于尚民(ユィ・シャンミン)、主演の謝欣穎(ニッキー・シエ)と隋棠(ソニア・スイ)です。

インタビューはこちら。

記事はこちら。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2011/12/23

台湾発・大暴走ラブコメ『僕のSweet Devil』が沈黙を破り日本上陸!

1223sweetdevil1台湾ドラマ『僕のSweet Devil』(原題:海派甜心)が、2012年2月よりCS ホームドラマチャンネルにて国内初放送されることが決定されました。
以下、コミックリズのリリースより。

【心の友はいつだってピンクパンサー】
「きのこ頭オトコ」シュエ・ハイ/ダランと「攻撃型オンナ」バオジュの絆を強めたピンクパンサーとは!?
1964 年のブレイク・エドワード監督の映画「ピンクの豹」のオープニングや劇中にピンクダイヤモンドの化身として少し登場するだけのキャラクターとして誕生。同時公開された7分間の短編アニメーション『The Pink Phink』でキャラクターとしては初のアカデミー最優秀短編アニメーション賞を受賞。その後、ピンクパンサーは映画の枠を飛び越えて、ユーモアや流行、楽しさの象徴としてあらゆる世代の人々に愛され続けている。1999 年には、ピンクパンサーの足跡がハリウッドのグラマンズ・チャイニーズ・シアターとカンヌで刻まれ、一流スターの仲間入り。また、テーマ曲を作曲したヘンリー・マンシーニはピンクパンサーのテーマ曲でグラミー賞を受賞し、オスカーにもノミネートされる。

続きを読む "台湾発・大暴走ラブコメ『僕のSweet Devil』が沈黙を破り日本上陸!"

| | コメント (0)

飛輪海/ケルビン、来日ファンミーティング開催!

1223calvin台湾の人気ユニット・飛輪海(フェイルンハイ)のケルビンk来日ソロ・ファンミーティングが、2012年2月19日に開催されることになりました。

日程:2/19(日)  [昼公演]14:00開場/15:00開演
         [夜公演]17:30開場/18:30開演
会場:ラフォーレミュージアム六本木
料金:全席指定¥7,400 ※3才以上チケット必要
チケット一般発売:1/14(土) ※各プレイガイドにて発売
お問合わせ:サンライズプロモーション東京 [0570-00-3337 (全日10:00~19:00)]
主催:AZIO
企画:CALVIN SMILE CLUB
協力:COMIC INTERNATIONAL PRODUCTIONS / HIM International Music
招聘・制作: PROMAX
運営:サンライズプロモーション東京

日本公式ファンクラブ http://www.aziosc.com/calvin/

| | コメント (0)

2011/12/22

五月天(メイデイ)のニューアルバム発表記者会見

1222mayday1五月天(メイデイ)の3年ぶりのニューアルバムの発表記者会見が、12月12日に台北市内のホテルで行われました。
12月23日からスタートするワールドツアーの台北公演のチケットは発売と同時に売り切れ、7公演で10万枚という記録を打ち立てましたが、さらにその後11月29日に予約を開始したニューアルバムはわずか10日で129958枚!しかもこの時点でアルバムタイトルも公表されず、2種類のバージョン「明日版」と「末日版」は曲順が異なるという仕様になっています。

続きを読む "五月天(メイデイ)のニューアルバム発表記者会見"

| | コメント (0)

2011/12/20

ドラマ「華麗的挑戦」の台北プレミア

1220skip1ここのところオリジナルの秀作が続いた台湾ドラマですが、そもそものブームの火付け役となった日本のコミックスを原作にしたドラマがまたまた登場!
仲村佳樹原作の「スキップビート」をSuperJuniorのドンヘとシウォンという韓国スター2人に、陳意涵(アイビー・チェン)というキャスティングでドラマ化したのが、「華麗的挑戦」です。この放送開始を記念して、11月14日に西門の映画館でプレミアが行われました。

続きを読む "ドラマ「華麗的挑戦」の台北プレミア"

| | コメント (0)

2011/12/19

林依晨(アリエル・リン)主演映画「戀愛恐慌症」の台北プレミア

1219lovesick1台湾で大ヒットしたドラマ「我可能不會愛你」の主演コンビ、陳柏霖(チェン・ボーリン)と林依晨(アリエル・リン)の映画が公開になり、その2日前に台北駅前でプレミアが行われました。
この作品は、失恋の痛手で恋愛に対して臆病になった女の子が、新しい恋を見つけて心の傷を克服していくというラブコメです。大ヒットドラマの主演コンビの映画ということで、期待度が高く、プレミア当日は雨模様でしたが、会場の屋外廣場には多くのファが詰めかけました。

続きを読む "林依晨(アリエル・リン)主演映画「戀愛恐慌症」の台北プレミア"

| | コメント (0)

Podcast 東京国際映画祭「夢遊スリープウォーカー」記者会見

1026sleep1東京国際映画祭のアジアの風で上映された、香港映画「夢遊スリープウォーカー」の記者会見をアップしました。
登壇したのは、彭順(オキサイド・パン)監督、李心傑(リー・シンジェ)のほか、楊采妮(チャーリー・ヤン)、霍思燕(フオ・スーイエン)李宗翰(リー・ゾンハン)です。

インタビューはこちら。

記事はこちら。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。


| | コメント (0)

2011/12/16

ジョセフ・チェン主演『国民英雄-X』ノーカット版 DVD-BOX発売決定、5月に来日イベント!

1216kokumin010年12月の台湾放送開始前から、アジア各国で多くの関心が寄せられた 社会派サスペンスドラマ。鄭元暢(ジョセフ・チェン)主演ドラマ『国民英雄-X』ノーカット版 DVD-BOXが3月より順次発売が決まり、DVD-BOXI<初回限定版>応募者全員が主演鄭元暢(ジョセフ・チェン)ほかゲストに会えるイベント参加申込券が封入されます。


続きを読む "ジョセフ・チェン主演『国民英雄-X』ノーカット版 DVD-BOX発売決定、5月に来日イベント!"

| | コメント (0)

台湾ドラマ「王子様の条件 ~Queen Loves Diamonds~」2月にDVDリリース

1215queen12010年ヒット作「秋のコンチェルト」のスタッフと呉建豪(ヴァネス・ウー)が再びタッグを組み、台湾ドラマ史上最高額で制作された最新主演ラブストーリー!「王子様の条件 ~Queen Loves Diamonds~」DVDのが、2月にリリースされることになりました。

台湾ブームのきっかけとなった、「流星花園~花より男子~」のF4出身で、2010年に最大の話題作となった「秋のコンチェルト」の主役を務め、日本でも根強い人気を誇るヴァネス・ウー。ヴァネスと「秋のコンチェルト」の製作スタッフが再びタッグを組んだ注目のこの作品、息の合ったコンビネーションだからこそ、ヴァネスの魅力も余すところなく詰まった作品に仕上がっています。

続きを読む "台湾ドラマ「王子様の条件 ~Queen Loves Diamonds~」2月にDVDリリース"

| | コメント (0)

2011/12/14

呉建豪(ヴァネス・ウー)主演映画「樂之路」プレミア

1213smash1呉建豪(ヴァネス・ウー)主演の台湾映画「樂之路」のプレミアが、12月1日に西門町で行われました。
この映画は、洪天祥(ジミー・ハン)が監督・脚本を手がけ、プライベートでも仲の良い呉建豪(ヴァネス・ウー)、藤岡靛(DEAN FUJIOKA)、涂百鋒(エリック・チュウ)、隆宸翰(クリス・ルン)が集まって製作された音楽映画で、劇中でSMASHというバンドを組み、夢に向かって突き進む姿を描いています。
そして、プロデューサーをジミーの父親である洪金寶(サモ・ハン)がをつとめていることでも話題です。

続きを読む "呉建豪(ヴァネス・ウー)主演映画「樂之路」プレミア"

| | コメント (0)

2011/12/12

Podcast 東京国際映画祭「転山」張書豪(チャン・シューハオ)インタビュー

1212shuhao1東京国際映画祭のアジアの風で上映された、「転山」に主演した張書豪(チャン・シューハオ)のインタビューをアップしました。

中国から参加のコンペティション作品「転山」は、台湾の大学生が書いた雲南からチベットまでの自転車旅行記を原作としたロードムービーで、主人公の心の成長物語です。この主役を演じた張書豪(チャン・シューハオ)には、前々から注目していて、今回東京でインタビューできる機会があり、とても楽しみにしていました。
張書豪(チャン・シューハオ)は、昨年「有一天」という映画で初主役、台北映画祭で上映された短編映画「Rehearsal」「Action」「無名馬」の3作に主演するなど、期待の俳優です。

続きを読む "Podcast 東京国際映画祭「転山」張書豪(チャン・シューハオ)インタビュー"

| | コメント (1)

2012年旧正月映画「寶島大爆走」記者会見

1212baodao1台湾では来年の旧正月に「ブラック&ホワイト Black & White」の映画版「痞子英雄:首部曲」や周渝民(ヴィック・チョウ)とS.H.EのElla共演の「新天生一對」など話題作が公開されますが、もう一本気になる作品が「寶島大爆走」というコメディです。
この「寶島大爆走」の予告編披露記者会見が、台湾での配給会社ブエナビスタの試写室で行われ、メインキャストの澎恰恰(ポン・チャアチャア)、九孔、陳怡蓉(タミー・チェン)、路思明(ルー・スーミン)、Circusが登壇しました。

続きを読む "2012年旧正月映画「寶島大爆走」記者会見"

| | コメント (0)

2011/12/10

陳柏霖(チェン・ボーリン)インタビュー2011@台北

1210bolin1いま台湾で大ヒット中のドラマ「我可能不會愛你」に主演している陳柏霖(チェン・ボーリン)に、台北でインタビューしました。このドラマ、台湾では明日12月11日に最終回を迎えるのですが、どんな展開でどのような結末を迎えるのか、楽しみです。
林依晨(アリエル・リン)演じるヒロインを15年間思い続ける李大仁というキャラクターは、いつでもヒロインを優しく見守り、困った時は助け、落ち込んだ時には励まし、自分の思いを秘めたまま“良い友達”関係を維持しているのです。
今やこの李大仁は“理想の彼氏”としてすでに一人歩きし、普段アイドルドラマを見ない人たちまで、このキャラクターについては知っているという現象が起きています。

続きを読む "陳柏霖(チェン・ボーリン)インタビュー2011@台北"

| | コメント (0)

2011/12/07

『痛み』公開記念 クォン・サンウ祭 2012 1月に開催!

1207sanu『友へ チング』『タイフーン』『愛 サラン』などで男の友情と闘いを描いてきたクァク・キョンテク監督の新作『痛み』は、これまで監督が常に映画の舞台としてきたホームグラウンドの釡山から出て、ソウルの街を背景に悲しくも美しい純粋なラブストーリー。
主演は監督が以前から高く評価していたというクォン・サンウ。シナリオを読んで「これは自分の役だ!」と強く感じたという彼は、監督の要求に120%応えリアルなアクションに挑み、本物のアザか特殊メイクのアザかの区別がつかないほど演技にのめり込んだという。
この『痛み』が2月11日よりシネマート六本木、シネマート心斎橋での公開が決定、これを記念して、クォン・サンウ出演映画の一挙上映「クォン・サンウ祭 2012」がシネマート六本木、シネマート心斎橋で開催されることになりました。

続きを読む "『痛み』公開記念 クォン・サンウ祭 2012 1月に開催!"

| | コメント (0)

2011/12/05

Podcast 東京国際映画祭「運命の死化粧師」連奕琦(リエン・イーチー)謝欣穎(シエ・シンイン)インタビュー

1205makeup1東京国際映画祭のアジアの風で上映された、「運命の死化粧師」の連奕琦(リエン・イーチー)監督と主演の謝欣穎(シエ・シンイン)のインタビューをアップしました。

この映画は、東京国際映画祭の前売り発売日にあっという間に売り切れた、人気の作品です。「アジアンパラダイス」では、台北での公開時にすでに連奕琦(リエン・イーチー)監督にインタビューしていますが、今回の来日で再びお話を伺えることになり、さらに、主演の謝欣穎(シエ・シンイン)には初インタビューですから、とても楽しみにしていました。

続きを読む "Podcast 東京国際映画祭「運命の死化粧師」連奕琦(リエン・イーチー)謝欣穎(シエ・シンイン)インタビュー"

| | コメント (0)

「賽德克、巴萊 電影交響詩音樂會」記者会見

1204sedequ1今年台湾で最大の話題映画「賽德克、巴萊(セデック・バレ)」のサントラCDは、発売と同時にチャートの1位となり、すでに10週になりますがいまだトップ10内にいます。魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督の音楽センスの素晴らしいことは、前作「海角七号 君想う国境の南」で証明済みですが、今回の作品も先日の金馬奨でオリジナル音楽賞を受賞しました。
この「賽德克、巴萊」の音楽を高雄市交響楽団とオリジナルの歌手が演奏、歌唱するコンサートが来年3月から5月にかけて高雄、台北、台中で開催されることになり、先日その記者発表が行われました。

続きを読む "「賽德克、巴萊 電影交響詩音樂會」記者会見"

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »