« 飛輪海/ケルビン、来日ファンミーティング開催! | トップページ | Podcast 東京国際映画祭「運命の死化粧師」Q&A »

2011/12/23

台湾発・大暴走ラブコメ『僕のSweet Devil』が沈黙を破り日本上陸!

1223sweetdevil1台湾ドラマ『僕のSweet Devil』(原題:海派甜心)が、2012年2月よりCS ホームドラマチャンネルにて国内初放送されることが決定されました。
以下、コミックリズのリリースより。

【心の友はいつだってピンクパンサー】
「きのこ頭オトコ」シュエ・ハイ/ダランと「攻撃型オンナ」バオジュの絆を強めたピンクパンサーとは!?
1964 年のブレイク・エドワード監督の映画「ピンクの豹」のオープニングや劇中にピンクダイヤモンドの化身として少し登場するだけのキャラクターとして誕生。同時公開された7分間の短編アニメーション『The Pink Phink』でキャラクターとしては初のアカデミー最優秀短編アニメーション賞を受賞。その後、ピンクパンサーは映画の枠を飛び越えて、ユーモアや流行、楽しさの象徴としてあらゆる世代の人々に愛され続けている。1999 年には、ピンクパンサーの足跡がハリウッドのグラマンズ・チャイニーズ・シアターとカンヌで刻まれ、一流スターの仲間入り。また、テーマ曲を作曲したヘンリー・マンシーニはピンクパンサーのテーマ曲でグラミー賞を受賞し、オスカーにもノミネートされる。

1223sweetdevil2【ストーリー】
「きのこ頭オトコ」=過保護に育てられたシュエ・ハイは外の世界を知らなかった。
「攻撃型オンナ」 =孤独なバオジュは誰にも心を開かなかった。
「きのこ頭」で“ピンクパンサーが唯一の友達”のシュエ・ハイ(ショウ・ルオ)は生まれてはじめて家族の手を離れ台湾から中国の大学に留学する。大金持ちであることを隠すために、名前を変えたため「貧乏人のリン・ダラン」として大学生活を送るのだった。やがて、リン・ダラン(ショウ・ルオ)は誰もが避ける不良少女のような同級生の「攻撃型オンナ」チェン・バオジュ(レイニー・ヤン)に特別な感情持つようになる。全く違う性格の二人だが、共通するのはピンクパンサー好きなことだった。やがて、お互いの孤独を埋めるように親密になるのだが・・・

1223sweetdevil3【キャスト】
薛海(シュエ・ハイ)・林達浪(リン・ダラン)役:ショウ・ルオ 羅志祥
陳宝茱(チェン・バオジュ) 役:レイニー・ヤン 楊丞琳
 *第45 回台湾電視金鐘奨主演女優賞(本作)
何言風(ホー・イェンフォン) 役:リー・ウェイ 李威

【スタッフ】
プロデューサー:柴智屏(アンジー・チャイ)
監督 :林合陸(リン・ハーロン)
©2009 Comic Field Productions Co., Ltd. All RightsReserved.

【ドラマ公式サイト】 http://F4.TV/devil

1223sweetdevil4【ホームドラマチャンネル】
問い合わせ先:㈱衛星劇場 電話 03-5250-2346
HP: http://www.homedrama-ch.com
視聴可能:【スカパー!e2】Ch.294
     【スカパー!HD】Ch.661
     【スカパー!】Ch.362
     【スカパー!光】Ch.362
     【ひかりTV】Ch.420/Ch.460(HD)
     【CATV】全国189局


|

« 飛輪海/ケルビン、来日ファンミーティング開催! | トップページ | Podcast 東京国際映画祭「運命の死化粧師」Q&A »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飛輪海/ケルビン、来日ファンミーティング開催! | トップページ | Podcast 東京国際映画祭「運命の死化粧師」Q&A »