« 2011年3月6日 - 2011年3月12日 | トップページ | 2011年3月20日 - 2011年3月26日 »

2011/03/19

大阪アジアン映画祭レポート「ドリームホーム」Q&A

0319pan13月10日大阪アジアン映画祭で「ドリームホーム」が上映された折り、彭浩翔(パン・ホーチョン)監督が来日して舞台挨拶とQ&Aが行われました。
東京国際映画祭では特集も組まれるほど人気の彭浩翔(パン・ホーチョン)監督、初の大阪でも大歓迎で、それを受けてこんなご挨拶でした。
「はじめまして。私はパン・ホーチョンです。(日本語)
今回初めて大阪に来ましたけど、とてもうれしく思います。この作品は9作めですが、初のスプラッタームービーです。この内容は、香港で実際に起こった非常に悲しい、とてもつらい話をもとに描いています。皆さん、真剣に見て下さい。」

続きを読む "大阪アジアン映画祭レポート「ドリームホーム」Q&A"

| | コメント (0)

2011/03/17

フォン・シャオガン監督からのお見舞いのメッセージ

松竹からのリリースです。

3月11日(金)に発生致しました「東北関東大震災」による被災者の方々へお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

今回の地震災害の被害状況を鑑み、被災者の方々、ご遺族の方々の心情を考慮し、全国映画館での公開を延期致しました映画『唐山大地震-想い続けた32年-』の監督フォン・シャオガン氏より、お見舞いのメッセージが届きましたのでご報告申し上げます。

◆フォン・シャオガン監督からのお見舞いのメッセージ
【日本語】
3月11日に日本で起こった地震と津波による壊滅的な災害の知らせに、私はとても驚きました。(その知らせからずっと)被災者の方々のことを考え、胸を痛めております。この災害の被災者、犠牲者の方々に、深い哀悼の意を表します。
しかし、同時に日本の方々が絶えず結束力の強さを見せ、冷静に勇敢にこの災害に立ち向かっている様子も目にしました。
私は日本の皆様がこの地震の辛い日々を乗り越える日がきっと来ると強く信じています。私はすべての被災者のために祈りを捧げます。

【原文:北京語】
冯小刚导演对于这次大地震的感想
"三月十一号发生在日本的大地震和海啸给日本人民带来的灾难令我触目惊心,心里非常的难过,也深深的同情。
同时也看到日本民众面对灾难表现出来的团结镇定和勇气。
我坚信日本人民一定能从天灾的阴影中走出来,为受灾的民众祈福。"

【英語】
Comment for 2011 Japan Earthquake Tsunami from Director Feng Xiaogang.
"I felt startled when I saw the devastating disaster in Japan caused by the earthquake and tsunami on the 11th March, it pains me to see people suffer from the disaster, I also feel sympathy for the victims.
But at the same time, I saw Japanese people continually showing their power of unity, calm and encourage in facing the disaster. I believe that Japanese people will come out the shadow of the earthquake one day. I pray for all the victims."

| | コメント (0)

大阪アジアン映画祭レポート「The Servant 春香秘伝(仮題)」Q&A

0317kim3月10日、ABCホールで「The Servant 春香秘伝(仮題)」の上映後に、キム・デウ監督と観客のQ&Aが行われました。
最初のご挨拶では、「韓国で公開したときよりも緊張しました。ちょっと長すぎたかな、と。」と言うキム・デウ監督に続いて、パクプロデューサーは「だいぶ前に公開された作品なので、私も皆さんにどう見てもらえるのか、ドキドキしました。」と語りました。

続きを読む "大阪アジアン映画祭レポート「The Servant 春香秘伝(仮題)」Q&A"

| | コメント (0)

2011/03/16

日本の為に台湾のスターたちが18日にチャリティライブを開催

東北地方太平洋沖地震には、海外から多くの支援をしていただいていますが、台湾でもスターたちが立ち上がり、18日に「相信希望fight & smile」というチャリティライブを開催することになったそうです。
これは、台湾のテレビ局中華電視と公共電視、そして台湾赤十字が手を組み、18日の午後8時から12時まで100人を越える芸能人が参加、現場で電話による募金活動するというものです。
そして、F.I.Rのリーダー陳建寧が作った支援の為の曲「Believe」を録音するそうです。
呼びかけに答えたのは、朱孝天(ケン・チュウ)、蕭敬騰(ジャム・シャオ)、李康宜(リー・カンイー)、Ella、炎亞綸(アーロン)、SIGMAほか、張恵妹(チャン・ホイメイ)、五月天(メイデイ)、蔡依林(ジョリーン・ツァイ)らにもオファーしているということです。

※現在報道されている台湾の新聞各紙から、概要をまとめました。
本当にうれしいですね。

| | コメント (0)

「東北地方太平洋沖地震」被災地支援Charity Campaign K-POPイベント

0316kpopすでにお伝えした『MBC創社50周年特別企画 Show!音楽中心・東京伝説2011』の出演者16チームが決定、この度発生した東北地方太平洋沖地震で被災されたところに、今回出演するアーティストたちの応援メッセージと共に支援物資を送り、被災された子供達に勇気と希望を届けるそうです。
以下、エイベックス・ライヴ・クリエイティヴからのリリースです。

GFSC(Good Friends Save the Children)
「東北地方太平洋沖地震」被災地支援Charity Campaign
『MBC創社50周年特別企画 Show!音楽中心・東京伝説2011』
〜Korean Music Wave in Tokyo〜

続きを読む "「東北地方太平洋沖地震」被災地支援Charity Campaign K-POPイベント"

| | コメント (0)

2011/03/14

Podcast 東京国際映画祭「4枚目の似顔絵」Q&A

0314monhon
「東京国際映画祭」で上映された台湾映画「4枚目の似顔絵」のQ&A模様です。
登場するのは、鍾孟宏(チョン・モンホン)監督。
※最初の部分の録音が欠けていますが、主役の少年を起用した理由についての質問からになっています。

記事はこちら

インタビューは、こちらからどうぞ!

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2011/03/13

大阪アジアン映画祭2011 グランプリは『恋人のディスクール』!

3月5日から開催された「大阪アジアン映画祭2011」が13日に閉幕、クロージング・セレモニーで各賞が発表され、第1回コンペティション部門のグランプリは、香港映画『恋人のディスクール』が獲得しました。
観客賞に、周渝民(ヴィック・チョウ)主演の台湾映画『一万年愛してる』が選ばれました。

写真は、事務局から届き次第掲載します。

続きを読む "大阪アジアン映画祭2011 グランプリは『恋人のディスクール』!"

| | コメント (0)

「大阪アジアン映画祭2011」イム・サンス監督記者会見

0313imu13月9日、「大阪アジアン映画祭2011」のメイン会場である大阪ABCホールで、オープニング作品「ハウスメイド」のイム・サンス監督の記者会見が行われました。
登壇したのは、イム・サンス監督と審査員の行定勲監督、キム・デウ監督、映画評論家のミルクマン斉藤さんです。

続きを読む "「大阪アジアン映画祭2011」イム・サンス監督記者会見"

| | コメント (0)

« 2011年3月6日 - 2011年3月12日 | トップページ | 2011年3月20日 - 2011年3月26日 »