« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2011年7月24日 - 2011年7月30日 »

2011/07/23

阮經天(イーサン・ルアン)今年の台湾金馬奨のキャラクターになり、CF撮影

0722easan1今年の台湾金馬奨は11月26日に新竹で開催されることになり、昨年主演男優賞に輝いた阮經天(イーサン・ルアン)が映画大使(キャラクター)に任命されました。
台湾金馬奨の総責任者である侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督自らの演出によるCFが22日に陽明山の步道で撮影され、阮經天(イーサン・ルアン)は古いキャメラ(Bolex)を持って100年の歴史を映画的視点でとらえ、虚と実、過去と現在、自然との融合を表現するそうです。

侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督は、美術担当に清朝末期から中華民国初頭の伝統的な服、日本統治時代の軍服、日本からの解放期のクラシックなスーツ、そして現代のカメラマンという4パターンのデザインをオーダー、阮經天(イーサン・ルアン)は一日で4通りの衣装を着て演じることになりました。

続きを読む "阮經天(イーサン・ルアン)今年の台湾金馬奨のキャラクターになり、CF撮影"

| | コメント (0)

「MTV ZUSHI FES 11 supported by RIVIERA」にAFTERSCHOOLの出演が決定!

0722af8月12日(金)~14日(日)の3日間にわたり、神奈川・リビエラ逗子マリーナ特設会場にて開催する「MTV ZUSHI FES 11 supported by RIVIERA」の最終追加出演アーティストが発表されました。
本日新たに発表されたのは、メンバー全員が167cm以上の身長を誇り、セクシーかつモデル並の抜群なスタイルと、本格的でハイレベルなダンスやパフォーマンスが熱狂的な支持を得ている今話題のガールズグループ、AFTERSCHOOLです。

続きを読む "「MTV ZUSHI FES 11 supported by RIVIERA」にAFTERSCHOOLの出演が決定!"

| | コメント (0)

“韓流の天使”ハン・ヒョジュ、LIVE SHOW日本初開催!

0722han韓国の注目度№1女優“ハン・ヒョジュ”の日本初イベント開催が決定した。
彼女は現在24歳。日韓で記録的高視聴率を叩き出した韓流ドラマ「華麗なる遺産」、「冬ソナ」のユン・ソクホ監督の四季シリーズ完結編「春のワルツ」、「宮廷女官 チャングムの誓い」のイ・ビョンフン監督最新作「トンイ」(4月よりNHK BSプレミアムにて放送中)、JYJジェジュンと共演し日本公開も果たした「天国への郵便配達人」など、常に話題のドラマ・映画に主演し、日本でも人気急上昇中である。

続きを読む "“韓流の天使”ハン・ヒョジュ、LIVE SHOW日本初開催!"

| | コメント (0)

2011/07/19

鈕承澤(ニウ・チェンザー)監督の新作「LOVE」発表会見に阮經天(イーサン・ルアン)、趙又廷(マーク・チャオ)、彭于晏(エディ・ポン)が勢揃い!

0719love1「モンガに散る(艋舺)」以来の鈕承澤(ニウ・チェンザー)監督の新作「LOVE」の発表記者会見が、18日に台北101で行われました。
これは、今年の初めに大陸の大手映画会社「華誼兄弟」が発表した、大陸・香港・台湾の監督達とコラボレートする10作の中のひとつで、鈕承澤(ニウ・チェンザー)監督の制作会社「紅豆製作」との共同出資になります。
今回はクランクイン前の初めて男性メインキャスト4人による顔見せで、阮經天(イーサン・ルアン)、趙又廷(マーク・チャオ)、彭于晏(エディ・ポン)、そしていつものように自ら出演する鈕承澤(ニウ・チェンザー)が正装で登場しました。

続きを読む "鈕承澤(ニウ・チェンザー)監督の新作「LOVE」発表会見に阮經天(イーサン・ルアン)、趙又廷(マーク・チャオ)、彭于晏(エディ・ポン)が勢揃い!"

| | コメント (0)

2011/07/18

Podcast 連奕琦(リエン・イーチー)監督インタビュー

0718lian1ただいま台湾でヒット中の映画「命運化妝師」の連奕琦(リエン・イーチー)監督インタビューをアップしました。
この映画、公開初日からほとんど毎日劇場で監督やキャストが上映後にQ&Aをやっていて、俳優は週末を中心にローテーションされていますが、監督は全回出席というハードスケジュールです。加えて台北電影節での上映後も同様のQ&Aを行っていました。
従って、今回のインタビューも劇場でのQ&Aの合間に時間を作っていただきました。

続きを読む "Podcast 連奕琦(リエン・イーチー)監督インタビュー"

| | コメント (0)

2011/07/17

2011台北電影奨授賞式の取材うら

0716taff12011台北電影奨の受賞結果はすでにお知らせしましたが、この取材がどんな風だったかをお伝えしようと思います。
そもそも台北電影節は、テーマを決めて海外の作品を上映しますが、いわゆる“国際映画祭”ではなく、台湾映画だけに対象を絞ってコンペティションを行う映画祭です。
なので、台湾映画好きにはたまらない特色があり、ちょっと地味ですが、言い換えればとてもアットホームでした。
でした・・・と過去形にしたのは、今年はちょっと様相が変わり、豪華になりました。まず、メイン会場がこれまでの西門にある古い映画館の新光戲院から、アクセスも設備も良い台湾最大のシネコン信義威秀に移りました。
そして、台北電影奨授賞式が、西門の中山堂から高級ホテルメリディアンになり、初のテレビ生中継が行われたことが一番の違いです。

続きを読む "2011台北電影奨授賞式の取材うら"

| | コメント (0)

« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2011年7月24日 - 2011年7月30日 »